第4回 観光と香り: 伝えたい魅力を発見する

2018年4月14日〜15日

第4回TOMODACHIふくしま香LINKプログラムが、4月14日から15日に福島県福島市で開催されました。

第2期 TOMODACHIふくしま香LINKプログラムは「ここにしかない魅力」を発見し「香りを活用した福島県の観光」に繋げることを目的として、参加者の学生が福島県の観光におけるブランディングを学んでいます。

今回は福島市内の花見山公園で「花見山を体感して、そこにいない大切な人に伝えたい魅力を発見する」回です。

1日目は、動画チーム、写真チーム、録音チームに分かれて、花見山を実際に歩き、見て、触れて、感性を開いて花見山を体験、それぞれが感じる花見山の魅力のカケラを集めて歩きました。

山の途中にある花見山郵便局では、花見山で感じたことを5、7、5の俳句にして大切な人へ送るという、「限られた文字数で想いを伝える」アクティビティも行いました。普段、手紙や電話で簡単に伝えていることも、限られた文字数で俳句の形にして表現するとなると、慎重に言葉を選び、どうしたら今の自分の気持ちが伝わるのか真剣に考える学生の姿が見られました。

花見山で行なったもうひとつのアクティビティは、今回のプログラムを花見山で開催するきっかけとなったメンバーが主催する「 自然工房 花想ひ 」のワークショップ。花見山をイメージして Air Aroma Japan株式会社が調香した香りでモイスチャークリーム作りに全員で挑戦しました。

夜は、花見山を題材にした絵本「きんばぁちゃんの花見山」の作者 あきばたまみさんをお迎えしてのワークショップ。私有地である花見山が公園として解放されることになった背景や歴史などを学びました。

2日目は、花見山で集めた動画や写真、録音音源を使って、それぞれが感じた花見山の魅力を再現していきます。

自分が感じた花見山の魅力をどんな言葉で伝えるのか、感動という体験をどう伝えるのか、どう伝えたら相手が一番喜ぶのか、自分が伝えたいことがどうしたらうまく伝わるのか、たくさん考え、悩み、アイディアを出し合ってバーチャル花見山空間ができあがりました。

最後は、豪華アーティストたちが圧倒的ライブパフォーマンスを披露!

シンガソングライターの 熊谷 育美さん、アーティストの Saki Tanakaさんがライブ&ライブペインティングを、バリアージ舞踊団の 則枝 千絵さんが踊りを披露。

学生たちが作ったバーチャル花見山空間からインスパイアされたプロの表現を直近で体験することができました。

普段コミュニケーションツールとして使用している「文字」や「言葉」だけではなく写真や映像、音、そして香りといった「非言語のコミュニケーションツール」を使って表現すること、そして伝えることの力強さを体感した2日間になりました。

次回はいよいよ、観光をPRするパート。自分たちが伝える番です。