大人になってから学校へ通うということ

こんにちは。11月8日。今日は立冬ですね。 みなさん風邪などひかれていませんか? 札幌生まれ札幌育ちの私にとっても冬の始まりは少し緊張感があります。 それは「今年も冬を楽しみたい!」と思うからこそ、 寒さに対しての免疫を強くしたいから。 冬の始まりに気を抜くと、その冬は風邪を引きやすくなってしまうような気がするのです。 さて。私事ですが、 7月から6期目スタートし、第一四半期。 思っていたよりもスマートに、締まりました。 会計手法について、 今まで苦手だったところを克服し、 順調にクリアしている手応えです。 どんなことを習得するにも、要領が悪くて私は時間がかかってしまいます。 そんな、自分のことが嫌いだったのですが、 最近はダメな私を受け入れる余裕が出てきました。年のせいでしょうか?(笑) 春から大学院で20代の学生さんと一緒の教室で勉強をしたり、グループワークをしたり。 先日は、演習で2泊3日共同生活をしました。 これがまた楽しかった。 私が20代の頃、こんな風に堂々と意見を言えただろうか? こんな風に外国で、外国語での授業(日本語で聞いても難

やりたいこと、全部と私。

こんにちは。 7月も、気がつけば休暇を取らないまま過ごしてしまいました。 (昨日やっと大きな流れが1つ終わって、明日はお休みします♪) 7月は地方でのお仕事が多く、 紋別ー北見ー旭川ー網走ー厚真ー富良野。と駆け巡ってました。 昨日は富良野の農場でお仕事をさせていただきました。 青空に手が届きそうな農場地帯。大地いっぱい平等に降り注ぐ太陽。 自然の中にいると、自分の存在を客観的にみることができて、 この時間は自然からのプレゼントなのかも。と、 とても優しい気持ちになりました。 先日までの私は、 休日と言う休日やプライベートをほとんど過ごしていなくて、 いつも仕事をしているので、 「私って、なんのためにお仕事しているんだろう…」なんて考えてしまって。 弱みを見せちゃいけないと思って、強がったり。 同世代と比べる必要なんてないのに、比べちゃう自分も好きじゃない。 『何かが足りないようで、寂しい。。。』 そんな悪のスパイラルから解放してくれたのが、土の上で仕事をすることでした。 人と比べたら、足りないものだらけだけど、 私にしか持っていないものもあって、