自分が美味しいと思えるものが美味しいと思えるまで

日本酒をメインとしたインスタ投稿を今年の1月1日 から本格的に初めてまもなく1年が経過しようとしております。 日本酒の魅力に魅了されて、 最初は、美味しいと言われる日本酒をかたっぱしから飲みました。 そして、北から南まで47都道府県の日本酒を飲んで、 その土地ならではの旨味、その地域の食文化に寄り添ったお酒造りがなされてると 実感する。 そこから、イベントに行って蔵の人と話、 思いを聞くことで、更に美味しくなる実感を持て、 今わかることは、最近になってようやく、自分自身が美味しいと思える日本酒が どういうものなのかと言うのが、価値観として定まって来ました。 人気だから美味しい。 高いから美味しい。 精米歩合が50%超えてるから美味しい。 雄町は美味しい。 などなど 邪念が取り払われました笑 結局のところ、自分で飲まないと美味しいか美味しくないかはわからない。 周りからしたら、日本酒が好きな人、日本酒に詳しい人になってますが、 勧めるときには、やはり絶対に美味しいと言わせる自信があるお酒を 勧めます。 入り口を美味しいと思って貰えれば、あとは興味を