米国MITメディアラボ Lifelong Kindergartenによるスクラッチを使ったクリエイティブ・プログラミング研修のお知らせ

概要: 2020年からはじまる、小学校でのプログラミング教育。新しい試みとして注目されていますが、なぜ、どうやってプログラミングを導入していくべきなのか、という議論はまだ十分にされていません。 MITメディアラボLifelong Kindergartenでは、長年にわたり、テクノロジーがどのように子どもたちの創造力を育てられるのか、研究してきました。そこから生まれたものの一つが、日本でもプログラミングのツールとして広く使われているスクラッチです。 このワークショップでは、私たちがクリエイティブラーニングと呼んでいる、子どもたちの創造力を育成することに主軸をおいたプログラミング教育へのアプローチを紹介しながら、スクラッチやスクラッチを画面の外の世界とつなげるツール(micro:bit、Makey Makey、LEGO WeDoなど)を使って授業で使えるアクティビティをデザインします。 実際に手を動かしながら、なぜ、今、プログラミングが必要なのか、どうすれば教室の中でプログラミングを使って子どもたちの創造力を伸ばしていくことができるのか、一緒に考えて