お便り25 生活の乱れをどう乗り越えるか

昨日の満月ヒーリング(遠隔)にて、ある方に「気=エネルギーの乱れ」を指摘しました。 指摘、と言っても、叱る、みたいなことではないですよ。 乱れているようなので調整をしていきましょうね、というような趣旨です。 気が乱れるとどのようなことが起きるのでしょうか。 ・健康レベルが落ちる ・イライラ、くよくよする ・落ち着きがなくなる ・人との関係が不穏になる ・怪我、事故、うっかりミスが増える ・自分のことが嫌いになる ご覧の通り一つも良いことはありません。 調整については二つの方法があります。 1)自分で調整する 2)ヒーリングで調整する でも1)については、ある程度を超えると自分で調整するのは困難になります。 例えば半年ほどぶりにお会いしたりすると、かなりの方がガチャガチャな、またはドロドロの波動になっていることが多いのですが、それは自分で調整するタイミングを逸してしまったからです。 でも「私、最近乱れているなあ」と気付けているくらいならまだセーフ! 度を更に超えると「私、結構好調です」と錯覚し始める魔性の働きが心には備わっているので、注意して下さい

ヒーリング実録3 薬とどう付き合うか②

先日の『ヒーリング実録2』では、顎の痛みからの遠隔ヒーリング、その解消の過程を書きました。 今回はまた別のケースです。 「突然ですが、3日前から違和感があった左下の親知らず辺りが腫れてきてしまい痛みを伴ってます。 以前も同じような経緯で対応が遅れて4日入院することになりました。 今回はそれを避けるためにこれから救急外来に言って抗生物質を処方してもらって腫れを止めないといけないと考えています。 自然治癒の観点からはどのような心持ちで考えたら良いのでしょうか。」 抗生物質を処方してもらいましょう。 自然治癒力は我々に与えられた素晴らしい力ですが、それに固執することはありません。 「お返事を頂きありがとうございます。 それを聞いて安心致しました。 抗生物質の助力を借りたいと思います。」 多分、このGOサインが欲しかったのではないかなあと。 過去の自分を振り返れば、そのお気持ちはよく分かります。 僕が自然治癒に関心を持ち始め、生活の中に真剣に取り入れ始めた頃(20代前半)、あらゆるそれまでの「悪習」を払拭しようと努めました。 化学合成物質を摂取しない、薬

お便り24 家族の問題4~病人の世話②

先日、『お便り23 家族の問題3~病人の世話』という記事を書きましたね。 家族に病人がいるとつい同情的になってしまうものです。 でも同情的になったら解決できるのか? いいえ、どうもそうではないんです。 解決できないだけでなく、他人の問題を解決してあげようと他人のことばかりを考え続ける内に、自分がお留守になっている・・・ こっちの方がはるかに問題だという話です。 なぜなら自分がお留守である内は、状況はどこにも進展しないからです。 状況を、進展させたいはずなんですよね。 冷たく思われるかもしれませんが、病人の大半は自主志願で病人をやっています。 病人でなくなる方法はいくらでもあるのに、それをわざわざやりたいとは思わない。 「だからそういう人は駄目なんだ」と僕は言っている訳ではないですよ。 僕はただ、病気を治すとか少しでもマシになるために自分から努力することを好む人もいれば、それを億劫がる人もいて、それは個性の問題なのだから立ち入れる訳がありません、と言っているのです。 「と言っても年寄り相手にそれは厳しくないか?」と思うかもしれません。 そこで僕がお

ヒーリング実録2 歯と顎の痛みの原因

遠隔ヒーリングのご依頼がありました。 「一昨日から右上の奥歯が痛み、現在も痛みが取れない状況です。最初は右上の奥歯だけでしたが、痛みが広がり、右下や右側の顎も少し痛いです。最近歯医者に行ったのですが、その際はどこにも異常はないと診断されました。 」 歯、骨、関節などの硬いものに関してはまず医者にいって下さいね。 それで問題が明らかにならない場合、ヒーリングを頼られることをお勧めします。 さて、この症状の原因はストレス性または蓄積疲労によるものと考えられます。 噛み締めがストレスから来ることは多分皆さんご存じですね。 でもそのストレスというのは短期的なものでないことが多いんです。 「ストレス癖」とでも呼ぶべきものが、噛み締めの原因になるのです。 そこに疲労が蓄積すると、症状が一時的に、というか、致し方ない形で発生してしまいます。 これは肉体的のみに留まる疲労ではなく、「精神がすり減っている」というような疲労を意味します。 さて僕は以下のようにお返事を書いております。 「顎関節の痛みは頸椎2番の緊張は同時に起きることが多く、たいていストレスに起因しま

お便り23 家族の問題3~病人の世話

「家族の問題」と「家族の問題2」を覚えていますか? どんな家族にも困った人の一人や二人、場合によっては大群がいることがあるかと思います。 そんな時、「この人をどうにかしないと」と思うのが普通ですが、実はそれは空回り。 いつまで取り組んでもその発想では絶対に解決は出来ないのです。 「そんなこと言ったって!」 「だってこの人、大変なんだもん!」 その気持ちも分かりますが、知り合いに訊いてみて下さい。 そういう考え方で解決できましたなんて例は、まずお目にかかれないことに気付くでしょう。 「解決できたと思ったら次の問題が勃発して」 だいたいこんな結果です。 要はそれは、自分の望むように状況を一時的に抑え込んだだけ。 でも続きはしないんですよ、そのやり方では。 ですから要は間違ったやり方ということなんですから、感情論はさっさと捨てて「じゃあ何をすれば結果が出るのか」ということにちゃんと集中した方が賢明です。 逆に、問題を解決できた人に訊いてみましょう。 すると彼は十中八九こういうことでしょう。 「私が変わったら、変わったよ」と。 その変わり方っていうのは、

男性目線のとつきとおかと自然分娩物語

このとつきとおか、多くの学び、多くの感動がありました。 ブログにしては超長文になりますが、まとめて書いてみたいと思います。 誰かの心の灯になることを願って、腕まくりせず、いつもの感じで・・・ 僕がずっと子供が欲しくなかったことは言いましたね。 理由は二つありました。 一つは、僕はこの世界を幸せな場所だと思っていないので、生まれてきても子供は幸せになれないと思っていたからです。 もう一つは、自分の生まれ育った家族に温かい家庭のイメージがなかったので、自分も親のように子供を持ち家庭を築きたいという発想がまったく湧かなかったからです。 それにもかかわらず深い所では自分が子供を持ちたいと望んでいることに気付いたのは、早くも高校生くらいの時でした。 初めて付き合った恋人に対して、「自分の子供のお母さんになる人ではないな」と無意識的に思ったのを覚えています。 子供との関わりは、実はその頃ひそやかに始まっていたのだろうと思います。 でもそれは水面下の流れで、表層意識では20代中盤には子供は全然欲しくないと心を決めていました。 理由は先ほど述べた通りですが、上述

ヒーリング実録1 言葉による思考の誘導

体調不良の時、遠隔ヒーリングのご依頼を受けることが多いです。 皆さん、薬でどうにかするというお考えの方では勿論ありませんので、まずは様子見、自分で出来ることをして、でも良くならない、遠隔ヒーリングをお願いしよう、という流れではないかと思います。 とても良い判断だと思います。 なぜならまず前提として、薬は症状を「無いことにする」ものに過ぎず、今日やり過ごした分は後日必ず更に重くなって帰ってくるからです。 (*薬についての僕の見解はこちらの記事を読んで下さい。) 短期的症状は基本的には静かにしていれば抜けるはずなのですが、それでも解消しない場合には、何らかの理由で停滞が発生しています。 このような時、遠隔ヒーリングという外部的な助けを頼られることはまことに理に適っていると思います。 ただこのような場合、半分くらいの確率で、エネルギーワークだけでは充分ではないことがあります。 例えば次のような場合です。 「昨日の夕方から体調急変し、今朝は喉の痛みで声が出なくなりました…。鎖骨のくぼみの辺りに激痛があります。 ここ数週間、眠りが浅くて疲れる夢ばかり見

遠隔ヒーリングの時、ビデオチャットをお勧めします

遠方にお住まいで滅多に僕に会えない方、遠隔ヒーリングの際、ビデオチャットを是非使ってみて下さい。 方法は gmail のメールアカウントを用意して頂くこと。 そうすればハングアウトというアプリでビデオチャットを使うことが出来ます。 登録も使用も無料です。 (やりたいけど意味が分からない!という方はご一報下さい。) ビデオチャットをすると、呼吸が整い、ヒーリングの浸透が深まると思います。 河邊さんに会うと思うと、ちょっと引き締まることでしょう。 それが良い効用になるんですね。 「ああ、こういう人だった、こういう声だった」というのも、記憶に焼き直してほしいんですね。 ヒーリングの波動が定着し易くなります。 (なので、頻繁にお会いできている方には必要がないでしょう。) 時間は必要に応じて5分から30分。 顔を見て、声を聞いて、自分がチューニングできたと思えば5分でも充分でしょうし、メールでは伝えづらい質問があるような場合には、ゆっくりしてもらっても構いません。 口頭だと言葉になり易いものもあり、自己発見も促進されることと思います。 ただ30分くらいを過

お便り20 変化はゆっくりと

「こしきの輪」の紹介動画を作りました。 ブログでご案内している通りの内容なので新しい情報などは一つもないですが、お友達ご家族へのご紹介などに使って頂けたら嬉しいです。 こちらです。 今日は天皇陛下御即位の儀が執り行われましたね。 虹が出たり、突然光が射したり、富士山が初冠雪したり、奇跡のような風景が見られたようです。 令和になってから不穏な状況が続いており日本の守りが弱くなっているのではないかとも感じられましたが、今日の天の計らいを伺うと、これでひとまず安心だろうかと思えてきます。 さて、本日も頂いたお便りをご紹介します。 今日はヒーリングによる心身の変化と生活改善についてです。 「9月より、毎日のもの(こしきの輪)と、毎月1回のヒーリングを受けさせて頂いておりますが、以前なら心穏やかにはいられなかったような出来事に対しても、随分落ち着いていられるようになりました。 物事や人を見る目のようなものがクリアになってきているのを感じます。 時にはがんばりすぎて、精神的に疲れきることもありますが、以前より回復力もついてきております。」 とても素晴らしい変