障害者の在宅雇用を成功させるための3つの心がけとは

■執筆者:NEXT HERO在宅ワーカー 聞く機会が増えてきた障害者の「在宅雇用」。 障害者を雇うとなると企業側は不安もあるのではないでしょうか。しかしながら在宅雇用を希望する障害者は年々増えています。これから説明する3つの心がけを意識することで、障害者の在宅雇用の失敗を減らすだけでなく、業務を円滑に進められますので、ぜひご参考ください! 業務の開始・終了の連絡をすると決めておきましょう 在宅雇用では、ワーカー側も勤務の開始と終了があいまいになってしまいがちです。企業側が開始・終了の連絡方法を明確化することで、働く側もメリハリをつけやすくなります。勤務開始時に会社に電話連絡してもらう方法もありますが、ウェブタイムカードを使う、チャットツールで開始と終了を連絡するという方法もあります。時給契約でない場合も、作業計画書や報告書をFAXやメールで送信してもらって作業状況を把握しましょう。業務の開始・終了や進み具合の連絡をしっかりと取っておくことで、互いに働きやすくなります。 コミュニケーションできる環境を作りましょう 在宅雇用で障害者は職場から孤立して

短期間でスキルアップ!初心者からプロのライターになる3つの方法

「ライティングの仕事をもっと受注したい」「勤めている会社で、ライティングの仕事を担当したい!」けれど、「上手に文章を書くことができない!」という悩みを抱えた人は意外と多いです。人気ブロガーさんや、大手メディアで活躍しているライターも最初から上手に文章が書けたわけではありません。質の高い記事を量産するにはスキルアップの方法が大事です。そこで今回は初心者から脱出するライティングのスキルアップ方法を紹介します。 スキルアップ方法その1!人気ライターさんの記事を写経する 般若心経を書き写す写経ではありません。ライティングのスキルアップには人気のライターさんが書いた記事を毎日書き写すのが最良の近道になります。最初は人気ライターさんの記事を丸写し、慣れてきたら、自分なりの表現を織り交ぜて文章を書いてみてください。さらに慣れてきたら、文意(読者に伝えたい内容)を変えずに自分なりの要約文を書くとよいです。リライトをする際は、文章の型と句読点の使い方などを意識することをオススメします。文章を書き終えたら音読してみて、息継ぎのタイミングで句読点を入れると、さらに読み