iPhone修理業者向け|修理中のトラブル|iPhone7パネル交換後に本体が発熱 基板修理ケース①

本日は、iPhone7のパネル交換後に【本体の発熱がすごい】と、同業者様から修理依頼がありましたので、修理内容をまとめてみました。 ※あくまで今回の修理内容ですので、同じような症状になったら必ずこの記事のトラブルと一緒とは限りません。 【依頼機種】 iPhone7 【症状メモ】 画面割れ修理+バッテリー交換で、修理後に本体がすさまじく発熱するようになった。充電しても、充電の反応はあるが残量が増えていかない。 現在は電源が入らなくなってしまった、データ復旧希望。 【修理前予想】 メモから推測すると、おそらく修理中のトラブルで、発熱しているという事は、基板のショート/漏電している状態と仮定。 充電が増えないのは、溜まるより先に漏電で出てしまっていると思われるので、発熱の原因さえ解決すれば、復旧可能と判断。 【診断/修理】 修理時のトラブルは、比較的かんたんに原因を見つける事が可能な場合が多いです。 画面交換とバッテリー交換の際に、触れそうな箇所を集中的に顕微鏡で見ていきます。 マウスの先にあるC2448と番号がついてる部品(コンデンサ)に、破損がみら

iPhone6 基板修理 水没により電源が入らない&バックライトが点灯しない|基板修理も岐阜のリペアフォンにお任せください

本日は、先日修理させていただきました、iPhone6の基板修理をご紹介させていただきます。 水没してから1ヶ月ほど経過しており、少し前に他店様で一度修理をしたが復旧しなかったとの事です。 新しい端末をすでにご利用されており、データ復旧がご希望でした。 診断すると、とても大きな電流が流れており、電力供給ライン上でショートがありました。 いくつかのICチップなどを処理し、起動のテストをすると正常な電流にもどりました。 が。。。画面が真っ暗の状態です。 よく確認すると、表示はされておりますが、バックライトが点灯していないため、ほとんど見えない状態だとわかりました。 本日はこのバックライト不良の修理を少し見てみましょう。 まず表示をつかさどる基板側のコネクタを外すと、一番右下のパターン(土台)が焼けて無くなっていました。 パターンは、簡単にいうと電気を通す道ですから、それが無ければ電気が必要な場所に届かず、ライトが点灯しない訳です。 この場合はエナメル線で電力が届いてる別の箇所から、仮のパターンを作ってあげます。 硬化する液体(緑色の物)で絶縁と固定をし