北八ヶ岳・縞枯山スノーシュートレッキング

見事に八ヶ岳ブルーの空が広がった日。 去年のリベンジ組2組みを含む6名様を縞枯山へご案内しました。 今年は雪が少なくてなかなか冬の北八ヶ岳らしい景色をご覧いただけなかったのですが、 今日はバッチリです! まずはロープウェイで一気に標高2,200mの亜高山帯へ。 みなさん、服装や装備はバッチリです。 集合時に装備や服装をチェックさせていただき、足りない物はレンタルしていただいていますが、お一人だけオーバーグローブをレンタルしていただいただけで今日の参加者の方はほぼ満点でした。 背景の雪化粧したシラビソの木々が美しく雪山らしい雰囲気を盛り上げてくれています。 写真の右奥に見えているのが北横岳。 過去1万年以内に噴火活動が確認されているため、八ヶ岳の中で唯一「活火山」に指定されている山です。 前日に降雪があったので雪原のシラビソの木がとてもきれいです。 この木を見ると高山に来たなあと思えます。 雲が出てきました。 青空バックの冬の木々はもちろんきれいですが、こんなモノクロームの世界も冬山の魅力です。 景色のいい縞枯山展望台への最後の登りです。 息があが

北八ヶ岳のオアシス・雨池へスノーシュートレッキング。

なかなか雪が増えてくれない今シーズン。 スノーシューツアーの開催も苦戦中ですが、リピーターさんが北八ヶ岳の雨池へのスノーシューハイキングを希望してくれたので貸切ツアーを開催。 降雪直後&当日は晴天という、またしてもラッキーなみなさん。 ふわふわの新雪スノーシューと八ヶ岳ブルーの青空を体験していただくことができました。 まずは北八ヶ岳ロープウェイで一気に標高2237mの亜高山帯の世界へ。 久々の降雪でみなさんの後ろに見える坪庭方面も真っ白な世界が広がっています。 昨日の降雪で30cmほど積もったようです。 木々を覆う雪を見るのは久しぶりの気がします。 本当はシーズン中はずっとこんな風景が見られるのですが、今年は今までにない異常気象かもしれません。 新雪の白さに八ヶ岳ブルーの青空が映えます。 後ろに見えているのが雨池山です。 シラビソ木の縞枯現象が雪をかぶっていてもわかりますよね。 雨池峠付近の雪原。 笹が出ていますが、それだけ雪が少ないということです。 でも、縞枯山北面の森の雪化粧は美しいですね。 樹々に積もった新雪が風で舞い上がります。 雪煙が太

スノーシュートレッキングの予約受付中!

もうすぐ12月。 今年は暖冬との予報ですが、しっかりと雪が降ってくれることを期待しています! スノーシューツアー、予約受付中ですのでツアーの様子をご紹介します。 まずは人気の北八ケ岳・縞枯山へ登るツアー! 条件が良ければ美しい樹氷の中を登って行くことができます。 こんな風景に包まれての登りなので、疲れている暇がありません(笑)。 もうすぐ縞枯山の展望台。 振り返ると、樹氷のモンスターの向こうに南八ケ岳の山々が見えています。 樹氷の向こうに見えているのは御嶽山や中央アルプス、そして北アルプス! 縞枯山展望台でポーズ! 樹氷の広がりが素晴らしいですね! 振り返ると急峻な南八ケ岳の山々が美しい! 山頂からの眺めを楽しんだらシェルターを張ってランチタイム。 これだけ太陽の光があたっていると中は汗が出るほど暖かくなります! おしゃれなスープジャーでトマトスープ&ホットサンドのランチ。 ランチの後はスノーハンモックでリラックスタイム。 これが楽しくて快適! 意外に寒くないのです。ぜひ体験してみて下さい! 次は同じく北八ケ岳の静かな原生林の中にある雨池へスノー

カヤック初心者も川下り体験!

8月最後のパックラフトツアーは清里で。 良い天気に恵まれ、森の中のハイキングと水の上の心地よさ、そして川下りの醍醐味を体験していただきました。 パックラフトはカヤックやカヌーよりも操作性が良いので、初心者でもこんな楽しみ方ができてしまうのです。 キャンプノースのパックラフトツアーは、軽量コンパクトというパックラフトの特徴を活かして、歩いてしか行けないフィールドで開催しています。 なので、プライベート感たっぷりに素敵な水辺を独占状態で楽しめます。 まずはザックを背負って森の中をハイキング。 道のない森の中なので、フカフカの落ち葉が足に優しく心地よい森歩きが楽しめます。 きこり経験もあるガイドが森のことや、そこに住む動物たちのことをお話しながらゆっくりと歩きます。 誰もいない、きれいな河原に着いたらベースキャンプを設営し、パックラフトの準備開始です。 風をつかまえてパックラフトに空気を入れるのですが、これもツアーの楽しみのひとつ。 コツをつかめば気持ちよくパックラフトが膨らんでくれます。 そしていよいよ水の上に! 緩やかな流れがパックラフトを運んでく