TCG「クロックワークメモリオン」のスターターデッキセットが2019年5月1日に発売。クラウドファンディングで資金調達

カードゲームなどを企画・販売する合同会社MAZIMAX ENTERTAINMENT(マジマックスエンターテインメント)は、2019年5月1日より自社の開発するカードゲーム「クロックワークメモリオン」のスターターデッキセットをamazon.co.jpにて発売開始しました。 本ゲームは2018年11月6日より開始されたクラウドファンディングにて達成率123%の246,000円の資金を調達し商品化されたカードゲームです。 《クロックワークメモリオンとは》 クロックワークメモリオンは「記憶×継承」を題材にした1対1、2対2の対戦型カードゲームです。 カードのベースとなる能力に複数のテキストを組み合わせることで、自分だけのオリジナル能力を持ったカードに強化することができます。 より強いカードを召喚し対戦相手のライフを先に0にすることがゲームの目的になります。 《商品概要》 クラウドファンディングにて商品化された数量限定のスターターデッキセットとなります。 ボックスは2種類あり、それぞれに2種類の構築済みデッキが入っているので開封後すぐに2人で遊ぶことができ

たった1人が7年以上かけて作り続けるカードゲーム「クロックワークメモリオン」の商品化を目指したクラウドファンディングが2018年11月6日より開始!

カードゲームなどを企画・販売する合同会社MAZIMAX ENTERTAINMENT(マジマックスエンターテインメント)は、2018年11月6日より自社の開発するカードゲーム「クロックワークメモリオン」の商品化に向け、クラウドファンディングを開始しました。 本ゲームは同社の代表であり制作者の真島(まじま)が1人で7年以上かけて作り続けてきたゲームで、ゲームデザイン、カードデザイン、イラストなどをすべて一人でこなしています。 クロックワークメモリオンは「記憶×継承」を題材にした1対1、2対2対の対戦型カードゲームです。 カードを組み合わせることでキャラクター間での記憶(能力)のやり取りが行え、より強いキャラクターにカスタマイズすることができます。 自分だけの能力を持ったキャラクターで戦い、相手のライフを先に0にすることがゲームの目的になります。 同ゲームは2014年に完成し、そして2016年に初めてゲームマーケット(日本最大のアナログゲーム即売会)に出展されました。 現在は公式サイトにて「切り取って遊べる冊子版」のみを販売しており、今回のクラウドファ

商用利用できるアプリ・ゲーム用のキャラクター素材サイト「impro(インプロ)」がサービス開始 ~デジタル、アナログ問わず自由な発想で使用可~

カードゲームなどを企画・販売する合同会社MAZIMAX ENTERTAINMENT(マジマックスエンターテインメント)は、2018年9月11日よりクリエイター向けのゲーム用キャラクター素材サイト「impro(インプロ)」をオープンしました。 本サイトで販売されている130を超えるキャラクターは今から作るゲームの登場人物や既にある作品とのコラボなど、アプリ、ブラウザ、アナログ問わず自由な発想で使用することができます。 予め用意されたキャラクターを使用することで、個人、サークル、企業の制作する小~中規模のアプリやゲームの開発費削減と全体のクオリティアップに期待できます。 キャラクターは数々のスマホゲームでイラストを担当してきたイラストレーターNINNY氏によって全てオリジナルで書き起こされたものです。 商品(イラストデータ)は一律199円(税抜)で、その他の登録料や月会費、手数料は一切かかりません。 また、全て300~350dpiの高解像度(約2800x4000px)で制作されているのでボードゲームやカードゲーム、ポスターやチラシ広告の印刷にも対応し