円形脱毛症・多発性脱毛症・全頭型脱毛症へのCapillus(カピラス)低出力レーザ―の育毛効果

ステロイド軟膏やステロイド局注、紫外線 セファラチン、グリチロン配合薬は日本で良く用いられる円形脱毛の治療法です。 ですが円形脱毛症が重症化し多発性脱毛や全頭脱毛症まで悪化し、一通りの治療を行っても改善が見られない場合、日本ではまるで諦めるしかないような説明がされます。 脱毛専門外来などが一部大学病院などで開設されていますが日本の円形脱毛症への対処方法は海外に比べると圧倒的に遅れています。ご存じだと思いますが日本で行われている治療(ステロえんイド療法、ドライアイス療法、局所免疫療法(SADBE、PUVA療法)を用いても回復しない場合には仕方がないと説明する医師が多いようですがこれはあくまでも日本で行っている対処方法で海外では別の方法が用いられております。 特に小さなお子さんの場合にはリスクがありすぎて受けることができない治療法もあります。 入院をしてステロイドを投与するステロイドパルスを推奨する医師もいますが大変リスクの高い治療法にもかかわらず劇的な改善がみられません。 海外の医療機関ではステロイドパルスは効果に対して治療後のトラブルなどから推

教えてもらう前と後 薄毛の原因のゴースト血管への低出力レーザ―育毛器 Capillusの有効性

📷 2018年11月14日 TBSの教えてもらう前と後で「白髪&抜け毛」を大改善SPという番組が放送されていました。 毛根の皮脂の詰まりなどについての説明と共にゴースト血管が抜け毛の原因であると紹介されていました。 ただその説明内容が十分ではないと思い、過去にNHKで特集されていた番組について取り上げた記事を再度アップしました。 教えてもらう前と後ではふくらはぎを鍛える体操について紹介をされていました。 確かに心臓よりも低く、体の下部の末端部分である足に流れた血液を押し出すにはふくらはぎを鍛えることは日々行う体操の一つです。 ただ、その体操をしたからといって心臓よりも高い位置にある頭部。それも主な血管が毛細血管である頭皮の場合、ふくらはぎを鍛える体操程度ではゴースト血管が改善するほどの血流の回復は見られません。 さらに、番組では指先の毛細血管を特殊顕微鏡で撮影し、ゴースト血管度合いを確認していました。 心臓よりも低い位置にあり、尚且つ動かすことの多い、手の指先の毛細血管がゴースト化していれば、確かに重症だと思います。 ただ番組内で第二の心臓であ

CapillusのAGA(男性型・女性型脱毛症)の有効性はメタアナリス(最強の科学的根拠)で証明

📷 2018年7月12日のテレビ朝日「モーニングショー」の人気企画の中で、「本当にからだに良い食品は?」というテーマが放送されていました。 世の中に多数流されている「食品に関する情報」。 半年前には体に良いとされていた食べ物が、情報が逆転するケースも珍しくありません。 「そんな中、「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」という本がベストセラーになりました。「世界中の研究から導き出された『本当に体に良い食品』とは何か?」というテーマの一冊なのですが、玉川徹さんは今回、その著者である「UCLA(カルフォルニア大学ロサンゼルス校)内科学」の津川友介(つがわ・ゆうすけ)助教授(38)にお話を伺いました」 複数の研究結果をまとめる「メタアナリシス」という手法で導き出されたものなんだとか。単独の研究データだと後に否定されることも珍しくありませんが、メタアナリシスならばそう簡単にひっくり返されることはないのだそうです。 新説を世に出す際には必ず「エビデンス(科学的根拠)」というものが問われますが、津川助教授によれば「エビデンスには強いものと弱いものが