東京医科大学に対する声明文

声  明 平成30年(2018年)12月19日 東京医大等差別入試被害弁護団 団長 河  合  弘  之 先日,学校法人東京医科大学(以下「東京医科大学」といいます。)は,入学の意向を表明した計49名の受験生等のうち,44人を追加合格にする一方で,一度は,東京医科大学が追加合格の可能性があると通知した5人について,当該5人が入学の意向を示したにもかかわらず,東京医科大学は受け入れの上限を超えたとして改めて不合格(以下「再不合格」といいます)とすることを発表しました。 東京医科大学は,今回,「当時の受験を再現」したとして,新合格者選定名簿(得点調整を行わない本来の点数で順位付けした名簿)において,得点の高い順に,定員75名を充足(ただし,この75名には,新合格者選定名簿においても合格し,かつ,既に在学している学生も含む)するまで,入学意向を示した学生を,合格者であると認定し(以下「新合格者」といいます),新合格者が,他大に入学するなどの理由により,最終的に入学を辞退した場合でも,新合格者選定名簿から,繰り上げ合格者を認定しないと決定しました(以下,