あなたのお家の屋根は大丈夫ですか?劣化した屋根塗装について!

こんにちは!ユウスケタカダペイントワークスです😊 今回は外壁塗装とセットメニューで人気の屋根塗装についてです! 今回のお相手は数十年放置したコロニアルスレート!お隣が田んぼや畑のためかなり砂が舞い上がり苔が生えたり劣化しています🏠 まずは洗浄します! 汚れをしっかり落としましょう! これが洗浄後。全体的に表面がなくなっています。 次は下塗りをします。通常時はコロニアルの場合シーラーなのですが今回は屋根用フィラーをセレクトしました! 劣化が著しい場合浸透造膜系の高級シーラーでも吸い込みが止まらず何度も塗布しないと効果を発揮しずらくなります。 シーラーは水っぽいためどおしてもこれは防ぎ用がありません。 同業者さん!このケースだと中塗りで無理くり吸い込みを止めて結局下塗り中塗り代がかさんでしまった苦い思い出ありませんか😬? そんなときはこれ! カエルちゃんもおススメのベスコロフィラーHG!🐸 セメントフィラーのような塗料で吸い込みはほとんどなく表面に強固な塗膜を作るので楽に中塗りが行われます! 値段も通常シーラーと高級シーラーの間くらいです!

カリフォルニアスタイル

こんにには!本日は建築塗装のお話をします。 昨年施工した物件の点検にいって来ました。とあるオリンピックサーフィン会場に なるであろう海辺の街の物件です。 海辺のライフスタイルにぴったりなカリフォルニアスタイルでの新築塗装案件でした。 外壁内装すべてペイントです! お気に入りのお家でのバーベキューのお写真!楽しそうですね!あれ!?メディアで見たことのある方々も! ご依頼者様参加型で皆で楽しくペイントしました。 日本の住宅では内装は壁紙仕上げが多く珍しいドライウォールペイント仕上げ! 壁紙の経年劣化による繋ぎ目、剥がれ等が発生しないので簡単な塗装補修で いつまでも美しい内装を保つことが出来ます。 逆に店舗内装はペイントを選択する事の方が多くなります。 塗装する前はどんなふうになっているかというとこのようにボード材の繋ぎ目があり そこをパテ(少し柔らかいセメントのような物です)で繋げてフラットにしていきます。 これがなかなか大変!塗って削っての作業を何度も繰り返します。見た目がフラットになるように、施工後のひび割れが出にくいように気を付けて作業していき