「表現の不自由展・その後」の中止に思うこと

8月1日からはじまった「あいちトリエンナーレ2019」の企画のひとつ、「表現の不自由展・その後」が中止となりました。 プラスリラックスをはじめたきっかけは、アート初心者だった私が「アート鑑賞は多様な意見の交換の場になりえる」と気づいたことでしたので、今回の事態には少なからずショックを受けています。私が進行役を務めていた鑑賞会では、政治的に正反対のお立場の方々も、作品を前にお互いを尊重しながらお話をされていました。アートには対話を促す力があると思っています。 「表現の自由は憲法で保障されているのだからアートは何をやってもいいのだ」とは思いません。特定の人やグループの尊厳を傷つけるような表現は人として許されないでしょう。 今回の大きな問題の一つは、行政の長が、表現や展示の是非の判断に立ち入ってきたことだと思います。これを鑑賞者(私たち自身)が簡単に許してしまうと、国や行政が認めた表現しか見ることができない事態を招きかねません。これはかなり恐ろしいことです。 「税金や補助金を使うのだから従うのは当然」というご意見があるかもしれません。しかし、税金を使う

朝ドラ「なつぞら」登場人物のモデルは?

昨日から朝ドラ「なつぞら」が始まりましたね。主人公のなつがアニメーターを目指す物語ですが、このドラマには山田天陽という一人の画家が登場します。 なつに絵を教える重要な役どころなのですが、この天陽にはモデルがいることをご存じでしょうか。十勝で農民画家として生きた神田日勝(かんだ・にっしょう)です。山田天陽と神田日勝、名前もちょっと似せているようですね。 みなさんは神田日勝の絵をご覧になったことはあるでしょうか。とても心に残るものがあります。私はこういう稼業をしているので、日本や世界の絵をいろいろ見てきていますが、「すごいな!」と感嘆したり、価値観を覆されたり、新しいものの見方に気づかされたりといったことはよくあるのですが、感動して「泣く」とまでなることはあまりありません。 そんな私が泣いた数少ない絵の一つが日勝の作品です。見ているうちに、ふいに日勝の気持ちが伝わってきたように感じられる瞬間が訪れ、それからは自分でもどうしようもなく涙があふれてとまらなくなりました。そうした経験はいまのところ後にも先にもほかにありません。ですから、私がもっとも感動した

『パレット』2号、校了しました!

『パレット』の2号をようやく校了しました。16ページの小冊子にすぎないのですが、少人数の手づくりでは、それなりに大変です。ゲラをチェックするたびに見落としがあったり、問題が生じたり。。。何度も見直して、やっと編集作業完了です。やれやれ。 出来上がったデータを印刷所へ入稿しようとして、またもや問題発生。なんと、印刷所がメンテナンスのため2日間臨時休業! うーん、せっかく頑張ったのに。思わぬ足止めです。そのため完成も予定より2日先延ばしということに。みなさまへのお届けもそれにつれて先送りとなり、まことに申し訳ないです。どうかお許しください。 で、肝心の中身ですが、創刊号よりグレードアップできたのではないかと思っております。体裁が体裁だけにボリュームたっぷりというわけにはいきませんが、コンパクトながらも濃い内容に仕上がったかと。 特集は「アートが10倍楽しくなる鑑賞術!」。基本編と応用編に分けて、アート鑑賞がレベルアップする方法をやさしくまとめました。誌面では小難しいことには触れませんでしたが、本特集で紹介した鑑賞術は、認知科学の知見をベースにしたもの

六本木クロッシング2019展:つないでみる

2/9から森美術館で「六本木クロッシング2019展:つないでみる」が始まりました。5/26までの長丁場です。 六本木クロッシングは、森美術館が3年に1度開くイベントで、そのときどきの日本の現代アートのエポックをとりまとめて見せようという、森美術館の活動のなかでも力の入った企画です。一般公開に先立って内覧会に行ってきました。 今回は25組のアーティストが紹介されていました。よくアートは世相を反映するといわれますが、それは本展にも現れていたかと。やはり「デジタル」や「AI」といった要素が多くの作品に採り入れられていました。他方、それらに対するアンチということでしょうか、あえてファニーなアナログにこだわったような作品もあり、二極化した傾向が見て取れるように思いました。いくつか作品をご紹介しましょう。 * トップに掲げた写真は、ジュスティーヌ・エマールの《ソウル・シフト》という映像作品です。主役は《機械人間オルタ》。オルタは人工生命研究者の池上高志とロボット工学者の石黒浩が中心となって「生命とは何か」をテーマにつくったもの。それを映像作家のジュスティーヌ

今年はビジネスセミナーを 企画しています!

年が改まって2週間、もうお正月気分も抜けたころでしょうか。さて、プラスリラックスでは2019年の新しい取り組みとして、ビジネスセミナーを予定しています。 近年、ビジネスシーンではアートが注目されています。ビジネスとアート? それがどう結びつくの?? と思われるかもしれませんが、かつてのように決められた仕事を指示された通りにこなすだけでは立ち行かなくなりつつあるいま、アートによって培われる力がビジネスの場でも役立つことがわかってきたのです。 また今日のビジネスは、かつてのように「儲ける」だけのものでもなくなっています。お金以外の要素が重きを占めるようになっています。ビジネスパーソンはただ売り上げを上げればそれでいいというのではなく、人としての魅力を有し、あらまほしい社会のかたちを語れる者でなければならなくなってきているのです。それには効率追求やコスト意識だけでは決定的に足りないものがあります。アートはその足りないところを埋め、育ててくれうるのです。 プラスリラックス・ビジネスセミナーは、こうした新しいニーズにお応えしようとするものです。当面は個別の