Search

歯科医療現場からの食指導

「歯科医師なのに忙しくないですか?臨床してるんですか?」とよく聞かれます。 1日は24時間しかありませんので、今の私は他の先生方のように終日診療をすることは不可能ですが、臨床はやめようとは思いませんし食のことを話そうとすると、また歯科治療を「もっと学ばなければ」と思うこともあります。何をお伝えするにしても、その時々の実際の現場にいることが、歯科治療に携わりながら、さらに健康医療を目指す食の指導をできることがベストだと思うからです。 それから、私は歯科医師だからと常に歯を削ったりかぶせたりしていなくていいと思っています。なぜなら、勿論より良い技術や環境で治療をすることは大切で、そのための日夜の研鑽も大事ですが、歯科医院の仕事はそれだけではないと考えているからです。 私が最も大切にしていることは、「心に寄り添う医療」。愛を持って接する。できることをお伝えして、患者様の痛みを取り、食べやすい健康な口腔や全身管理、精神を継続して頂くことが目標です。当たり前な事と思いますが、改めて考えてみると、世の中では多くのことがまだまだできると、より水準の高い予防医療

Mrs.Ms.Japan Earth2019コンテスト① ビューティキャンプ

来たる5月1日の【グランファイナル日本大会】に向けて、 4月13日に東日本大会が開催されました。その前日は終日、出場者の皆様の「ビューティキャンプ」。 賑やかな会場内~ 翌日からの出場者を裏方としてフォローなさっている方々、 某TV局のメイクさん、女優でもある海外のメイクさん、著名タレント・歌手等のCDジャケットも手がけてらっしゃるカメラマンさん、はるな愛さんや歴代のミスインターナショナルのウォーキングを担当のS氏、これまでのさまざまなミセスコンご受賞の方々など集まっていました。 当協会代表理事・清水百合先生は、 「口腔内の健康とお肌のこと」 「ビューティは、外からも中からも、心も」 「高品質なコラーゲン摂取の、お肌や疾患に対する研究データのご紹介」 「歯科医院で大人気のリップス」 これは普段の「歯科治癒食育学★コスメセミナー」で塗り方もお伝えしていますね。 そして清水百合先生自らプロデュースされた【HEALING MEAL(癒しの食事・治癒食)から生まれたDr.'Sコスメ】~「お口に入っても安心安全な化粧水とクリーム」のテクスチャーテイスティン

桜🌸シャンパーニュで乾杯の季節

桜の花は~ お花見で楽しむもの。 アンパンの上についているお飾り。 ピンクで可愛い色あい。 お吸い物のトッピング。 ・・・のように思えるけど、実は「とても強い味方」 の1つ。 あなたがもし若く、病気にならないで、楽しい生活をしたいなら、 きっと「アンチエイジング」が大好き? アンチエイジングの方法はさまざまありますが、 その一つに「抗糖化作用」というものがあります。 体内で余分な蛋白質と糖が、焦げて結合し、悪さするのが「糖化」。 それを妨げようとする働きが、抗糖化作用です。 抗糖化作用を持つものを、「抗糖化物質」といいます。 いつもの講座で清水百合先生がお話ししていますが、 桜の花びらをコラーゲンと一緒に摂取すると、この抗糖化作用を発揮してくれるという研究データがあるんです。だから、「単なる飾りでしょ?」と思わず、 有意義な活用方法をしてみてください。 お花見に行ったついでに、花びらを持ち帰ってドライフードにすれば、この春の季節でなくても いつでも用いることができますね! 勿論スーパーなどで購入もできますが、 たいていは塩漬けされていますので、先

3月17日症例発表研究会・セミナー・口腔癌

春めいてきましたね。今月は17日(日)に半年ぶりの「食育症例発表研究会・セミナー」が都内で開催されます。現在、オフィスに抄録誌が届くのを楽しみにしているところです。全国の歯科医院、病院勤務のこれまでに「歯科治癒食育学」をご受講の方々が報告発表や体験談も提出下さり、今回の抄録誌に掲載されています。。 ところで先日からタレントのHさんの口腔癌発見・手術のニュースが大きく取り上げられ、一般の方にも恐怖を、そして医療関係者の中でも早期発見・早期治療や術式・術後のケアについて話題になっています。 数年前から当協会代表理事の清水百合先生も知人に誘われて、「日本では早期発見ができていない口腔癌について考える」会合に参加。従来の経験を積んで不良組織を見つける先生や、今すぐからでも器機検査の力を借りて「おかしいかも?」を発見する等の方法を目にしていました。 どう「変かも?」なのか、それ以前に生活習慣や食事で考えること、発見後も行える栄養療法、食材や食レシピなど、3月17日の「清水百合のミニセミナー」の時間に少しお話しさせて頂きます。 日本人の口腔癌の早期発見・治療