検索

台風も過ぎ去り季節は秋、薪ストーブが恋しい季節が近づいてきました。

あと一カ月もすれば今シーズンの火入れ

自宅から少し離れたところのある薪小屋から、

軽トラに一車ほど運び込みました。

皆さまも、早く薪ストーブに火入れしたくて、うずうずしてませんか?

準備はお早めに!

薪の写真撮り忘れたので、第二弾の薪搬入したらアップします。

文字や写真では分かり難いので、動画で紹介します。

GARABO一握りで、あっという間に焚付完了。

着火材剤バーナーも使用しなくても、出来ちゃうんです。

是非、お試しください。

美濃楮GARABOでの、焚付のご紹介。

石原商店には、ドブレ640CBがあります。

毎日焚付に使用しております。

使い方は、まず細めの薪を平行に並べます。

次にGARABOを1本だけ並べた薪に

直角に橋渡しになるように置きます。

その橋渡しにしたGARABOに交互に立てかけるように

数本(5~10本)組みます

小指くらいの太さのGARABO1本に火を付け

大きなマッチのイメージで組み上げたGARABOの

下の方に着火させます。

組みあがったGARABOから炎が上がり出したら扉を閉め

焚付完了です。