冷却期間に少ないとはいえ連絡を取っては、あまり意味がない。

復縁のアプローチをする前には、冷却期間を置くのが基本ですが、単純な理由で別れた場合は、例外として別れた直後でも復縁は可能ですが、普通は冷却期間を置くのが一般的だと輝政は思います。 でも冷却期間については、注意点があるので確認していきましょう。 冷却期間に、「ときどき連絡を取るのはよくありません」 完全に関係が途切れるのを心配して、ときどき元恋人と連絡を取りたくなるかもしれません。 「1週間に1回くらいならいいかな」「10日に1回くらいならいいのではないか」と思ってしまう。 たしかに最低限のつながりを維持する意味では、ときどき連絡を取っておくほうがいいでしょう。 ここでの判断が復縁の結果を左右します。 ときどき連絡を取ってしまうと、冷却期間の意味がなくなります。 冷却期間は、お互いの関係を落ち着かせ、反省を促すのが目的です。 お互いの必要性を理解してお互いの立場を考えられるようになるには時間が必要だということ、なので、ときどき連絡を取り合うと、落ち着きも反省も中途半端になるため、冷却の意味も中途半端になります。 冷却期間は、完全に連絡を取らないのが

相手の気持ちや状況を想像することが大切

誰かを深く想うことは、とても大切ですよね。 恋愛に限らず、相手の気持ちや状況を想像することは、「思いやり」のある温かなものです。 そして、あなたの思いやりの心が、相手に伝わると、何だか幸せな気持ちになりますよね。 でも、どれほど想う気持ちがあっても、連絡がなかったり、相手から反応が薄かったりすると、「私が間違っているんじゃないのか…」とか、良くない結果ばかりを誰しも想像してしまうもの。 一度、相手から流れる気持ちが滞ってしまうと、不安の気持ちで先が見えなくなってしまいます。 例えば、流れの速い川の水を思い浮かべて下さい。 絶えず水が流れる川はとても透き通っていて水底までくっきり見えますが、反対に流れが滞ってしまうと、水底にあるものは見えなくなってしまいます。 同じように「相手との心の通わせ合い」が滞ってしまうと、本当は築かれるべき関係や未来の姿が見えなくなってしまいます。 でも、あなたがもし相手と心をうまく通わせ合えなかったとしても、あまり不安に思わないでくださいね。 一度滞ってしまった気持ちの流れを流れやすくすればいいだけのことです。 水の守り