検索

5S活動(飲食店お皿)

先日とある取引先の生産性及び業績を回復させるために5S活動 (整理・整頓・清潔・清掃・躾)の実演支援を行いました。 大量のお皿達・・・使えるため残してしまう。 でもデザインや色柄の関係でもう使う見込みも無し!! 過去の想い出や投資金額があるため、処分できないもどかしさ・・・ しかも廃棄処分には重量ベースとなるためお金がかかる・・・ だから放置されて大量に片隅に追いやれるのが、不振飲食店の特徴です ようは捨てる決断ができない!! まずは必要不要の判断をその場で決断させる。必要と即断できないものは全て処分対象 とさせてもらいました。実際この決断が一番難しい・・・。問答無用です。 〇×印をつけて付箋を使って一目でわかるよう経営幹部の人たちにしてもらいました。 次に買取してもえそうな業者をかたっぱしから電話してみる。 実際査定され、大量に引き取ってもらえることができたー どうやら中古和食器は国内リサイクル需要はなく、海外の和食店で取引されるもよう。 そのためここから2トントラックに乗せ即東南アジアにて転売されるそうです。 探せばなんとかなるものだ。処分代

日本一の最高学府に学ぶマーケティング

先日東京出張した時に時間をみつけ東大本郷キャンパスにいってきました。 生まれて初めての東大… 有名な赤門です 大学時代の知人とともに広大なキャンパスを歩きました。単純にやや仕事で 落ちこむ自分のモチベーションをあげるために行ったのですが…。 敷地内は広い!!見ごたえあります。建物もレトロでなんか伝統を感じます…。 キャンパスには誰でも入れます。ランニングや散歩する人もちらほら。 やはり日本一の最高学府…。 ある意味観光スポットになっており多くの社会人や が外国の方が施設見学をしていました。日本一のブランド効果はすごいな!! ちなみにトリップアドバイザーにも記載がありました。 学食へ移動。これが名物の赤門ラーメン。おいしかった…。 ●●といえばと●●と連想されなければ、選ばれない。マーケティングの基本ですね。 ちなみに商品開発もしています。東大生が研究しているので効果がありそうな 知覚品質です(失礼ながら他大学では購入意欲はでなそうな)。 聞きそうなアミノ酸です(笑) 小さな分野でも日本一やコンクールに入賞するなどわかりやすい結果が 人を呼び寄せる