解決士は、メジャーではありません。

聞き慣れない名称だと思いますが、読んで字のごとく

問題・トラブル・お悩み等、人々のお困りごとを

法令の認める範囲内で最短・スムーズに解決しています。

何でも屋さんのようですが、そうではありません。

カテゴリ、内容、個人、企業、ペット、、、

あらゆる分野、あらゆる人のご相談をお受けしています。

これまで、ニュースになったことも幾つか解決、協力しています。

一番多いのは詐欺事件です。

その他 事故、企業、労働、転職、仕事、家庭、家族、離婚、お金のこと、

行方不明者関連、ペット、、、それらに関わること、ここには書けないことetc 

本当にいろいろいろいろ、これでもか!まだあるぞ!っていうほど。

白目むいて ひっくり返るようなご相談もたくさんあります。

私のチームには、エキスパートが揃ってますが、

私一人で行うことも たくさんあります。

とは言え、主人公はご相談者様ですから、丸投げでお受けしているわけではありません。

一緒に考え、動き、解決していきます。それが最も大事なこと。

ご相談者様には、人生で「やるべきこと」「経験すべきこと」があります。

そのために問題やトラブル、お悩み等が起きています。

それを私が横取りして解決してしまうと、ご相談者様に また同じことが起きてしまいます。

ですから、ご相談者様が主人公で動くことが大事なのです。

人は、生きていれば、きれいごとを言ってられないことがあるものです。

私も、皆さんと同じように、同じような経験をしているから、気持ちもわかります。

どうしたいか、どうすれば良いか、八方ふさがりのときもあります。

当事者になるとパニックにもなりますし、視野が狭くなってしまいます。

孤独に苛まれ、疑心暗鬼になることもあると思います。

どうにもならないことって、誰にでも実はあるんです。

でも、どの人も歩むべき道を歩んでほしい。

そう願いながら、今日も解決士は頑張っています!

Updated: 4月13日

島田秀平さんのラジオ番組のゲスト出演させていただきました。

「開運ラジオ」・・・開運・・・

毎月、占いサイトで開運記事も書いている私ですが、

「開運のためにやっていること」が実はありません。

掃除・片付けは快適に暮らすための当たり前の大前提。

忙しいときや気分が優れないときは、「ついでに掃除」や「ここだけ片付け」の繰り返し。

そんな「ちょっとついでに」を毎日やっていると、家ってそんなに酷くならないどころか、ピカピカになるものです。

誰のための部屋か、場所か、家か、をちゃんと持っていれば、自ずと動けるものです。

そこに住む人のためで、来客のためではない。

そこを間違えてしまうと、掃除や片付けが面倒になったり億劫なことになってしまいます。

話が逸れましたので、元に戻して・・・

開運のためにやっていることは実はない、と書きましたが、

「整える」ということには気をつけています。

空間、部屋、場所、人間関係、モノ、心、身体・・・整えることはたくさんあります。

整えの方向が間違っていると、現象となって現れます。

気をつけていても、整わないこともあります。それは、自分が思い描いた結果ではないというだけで、ちゃんと「整っている」のです。

イメージを膨らませることは良のですが、欲望や願望を強く思いすぎると

「そうではない今の自分」を自分自身に刷り込むことになってしまうこともあります。

どこからが刷り込みになるのか、その境界線はとても繊細ですし、こういったことは理屈ではありません。

ですから、私は「整える」。

神経質になるでもなく、「ついでに」でも、開運に繋がるのですから

・・・試してみても悪くない!

カーペットには不都合ですが

結果的に、箒(ほうき)が めちゃくちゃ便利です。

「占いに頼りたくなる気持ちも分かるが、一寸先は闇、これが人生の真実やおまへんか・・・」

そうなんですよ、銀ちゃん。