4月13日から5月12日まで、

岩手県盛岡市の Cyg art gallery さんにて

ドローイングの小作品をまとめて展示していただいてました。

今回は、GWの期間をまるまる包み込んでの

単独開催とのことで、非常にありがたい機会をいただき、

すでにたくさんの方にお越しいただいてるようで、嬉しく思います。

今回の展示のコンセプトは、

『日記』と『想像する相手』です。

『日記』は、SNSからイメージを得ています。

Twitterやfacebook、instagram、TikTokなど、

短い文章や、画像や映像で、自分や日々を綴ることが一般的になりました。

それと同時に、

各種のニュースとか、電車の遅延の情報とか、

迷子のお知らせとか、今月の県内の事故件数とか、

営業の電話とか、道路脇の生花とか、

そういった、形式の先に生身の人が存在する情報もあふれています。

それら全ての中にいる「ひと」について、

友人知人のように親身に想像することはあまりないと思います。

あふれすぎた情報は受け止めきれなくなるし、

心はさらに柔い。

ただ、役割と重要度によってフィルタリングしたとしても、

自分にとっての「知らない人」が

「知るに値しない人」だとか、

「知るほどのきっかけが生まれない人」

「重要度の低い人」だとは誰も言えません。

まして「存在しない」とも。

それは『見る』ことの力が左右する世界です。

『見る』は、ただ視野に入ってくるだけのことではありません。

視野に入っていても、「それはなんだ」と意識しなければ、

存在を見逃している本人にとっては、いつまでも

「感じ取れないもの」「存在しているように見えないもの」です。

『見る』とは、

存在を意識し認め、考える、想像するという

積極的・能動的な行為だと考えたら、

「どう見ようとするか」がいかに重要かが、

なんとなくわかると思います。

目に入ってきた、接触があった、だから見た、知った、という、

受け身で世界を見るのではなく、

積極的に世界を見ることで、

積極的にその人を人として見ることで、

人はお互いを人として存在させることができるというのは、

あながち本当のことだと思うのです。

そう感じながら、同時に、

「見たいもの」だけを「見る」ことの危うさ、

自分の知る範囲の中だけで『見なす』ことの危うさも、

感じ取らなきゃなりません。

「不謹慎」「無愛想」「非常識」「不適切」「不親切」

そういった言葉を用いて『見なす』ことはとても簡単です。

ただそれらは、主観と形骸化した価値観から

切り離しきれないことを意識しなければなりません。

その認識は本当に「見る」ことを怠らずにして導き出されたことなのか、

それとも「見ない」ことで単純化・矮小化させて断定したことなのか。

どこまでもどこまでもせめぎ合いながら、

つかみどころのない世界まで、

その探求は続いているはずなのです。

だって自分は自分にしかなれないから。

自分の視野しか持てないから。

自分には掴めない、掴む権利のない領域まで、世界は広がっている。

そう考えると、

「知らない人」も、私と同じ世界にいることを

なんとなく前よりちょっとリアルに感じられませんか。

ませんか。

誰かにとっての私が、そんな「知らない人」であること。

私にとっての「知らない人」が、

「知らない人」にとっての「自分」であること。

『想像する他者』が、誰かにとっての自分であり、

世界であること。

そんな気持ちで制作しました。

この考えは、物語アニメーションを作るときの心構えそのもので、

私の作品はよく「自己表現」だと誤解されやすいのですが、

実はむしろ「他者」と向き合うことで世界を見つめていくやり方です。

世界の中にはもちろん私も存在しているので、

わざわざ世界から私を取り除いて考えることはしないものの、

あくまでも自分のことや気持ちを表現しているのではなく、

「そう感じる人がいる」という世界を描いています。

アニメーションでは、演技・動かしをするので、

自分がその他者になりきることで、時間表現を紡いでいきますが、

今回は、ドローイング。

あくまでも、たくさんの「知らない人」を、

影から読み取っていく、見ようとしていくという作業ができました。

誰かモデルがいるとか、

自分のエピソードが混じっているとか、そういうものはありません。

そのため、不思議なものですが、

私にとっても、あのドローイング群は、

親しみのある風景とか、思い入れのある言葉とか、

フェチズムが反映されているものとかではなく、

つまり「私の作品」「私の人たち」という気持ちよりも、

あくまでも「ちょっと知ってるくらいのたくさんの人たち」という感覚があります。

私自身が人見知りの傾向もあるので、

むしろなんかちょっと後ろめたいくらいの感覚で。

それくらい明確に「他人」という気持ちが芽生えたということは、

試みは成功しているのかなと感じるのです。

自分の実感としてです。

「見たい」とか「見たくない」に左右されないように、

描写技術的な趣向は出来るだけ凝らしませんでした。

特徴を無くしたかった。形容しがたい絵にしたかった。

時間をかけて拵えたものにしたくなかった。

「知らない人」を描くのに、

描く私が「このディティールが好き」とか「美しい」とか

そういうものを頼りにしてしまったら、全部淀んでしまう。

人格がフィルタリングされてしまう。

だから、あくまでも何でもない「かげ」と「ゆらぎ」で描きました。

「絶対に誰か」なので、私が「誰である」と特定しないように。

『日記』と『想像する他者』というコンセプトの中で、

特に約90点のフレーク作品の方は、

「1日を振り返って200文字くらいでまとめた日記」で、

12点のフレーム作品の方は、

「対話をしている30秒間」というイメージです。

なので、フレーク作品の方がちょっと

「語り」の雰囲気が出ていると思います。

フレーム作品の方が刹那的なはずです。

瞬時の対話の方が、振り返って認識するよりも

曖昧なまま流れていくと思うので、

抽象度は高くなりました。

私が今回達成したかったのは、特に後者、

フレーム作品の方でした。

先の秋に石神の丘美術館さんで、

抽象風景のドローイングとアニメーションの過去作の展示をさせて頂いた時に、

「私のドローイングはあくまでもアニメーションになる前提を持った

 未完成のイメージボードでしかない」

という感覚にぐわっと飲まれてしまい、

前後のコマに繋がる必要のない、

1枚で成立している、存在できるドローイング作品を作らねばならない

と、何故か焦ったのです。

多分、動かすということに依存したくなかったんだろうと思います。

表現したいことが技術を選ぶことはあっても、

技術のために表現の内容を変質させたくなかった。

だから、今回Cygさんでドローイング展をやらせていただけて、

このフレーム作品12展を描くことができて、

ひとつ達成感がありました。

あのフレーム作品の世界は、あのフレームの中からだけ見えるものです。

それがアニメーションを経由する必要なく、世界につながっている。

それが今回の理想でした。

この絵は、アニメーションにする必要がないなと感じています。

「人を見る」という行為そのものをドローイングとして昇華できた。現時点での。 「人を見る行為」は、

私にとっては作る行為、表現することそのものであり、

私の物語アニメーションを作る原点であって、

同時に、世界に存在しようとする意識です。

Cygさんでの個展、今週末12日で最終日となります。

グッズも並べて頂いています。

ぜひお越しください。

- - - - - -

小野ハナ個展

「ぼくと魚」

2019.4.13(土)‒5.12(日)

11:00–19:00/水曜定休

Cyg art gallery

入場無料

岩手県、石神の丘美術館でのグループ展、29日についに始まりました。

初日は、開場式で、私も現地でテープカットに参加し、 午後にはギャラリートークに立たせて頂きました。

たくさん見に来てくださって話に来てくださって、 私自身とても充実した日を過ごすことが出来ました。

画像中央のスーツの男性が鈴木さん画像中央のスーツの男性が鈴木さん

展示作家の鈴木研作さんは、学部時代のひとつ先輩にあたり、

その頃から陰ながら作品を観てきていた作家さんで、

以前旧石井県令邸でのグループ展で一緒させていただいたこともありました。

その制作スタイルの変容を見てきてた確かに、

思考回路の構築とそれとの付き合い方を

柔軟に変えていくことでであって、

知ったかぶりの許されない、いつも新しい、

とても新鮮な営みなんだなと改めて感じたり。

画面一番左のメガネの男性が石田さん画面一番左のメガネの男性が石田さん

石田貴裕さんは、私は完全に初対面で、

またお恥ずかしながら作品を拝見するのも今回が初めてでした。

ですが、今日作品の前で色々とお話を伺って、

作品の表層の変容はまさに思考回路とそのアプローチへの挑みであって、

時代や、存在や、創造への投げかけであることがよくわかり、

それは鈴木さんや私にも通じるものがあると感じました。

今回も会場でグッズを置かせていただいています。小石石鹸。今回も会場でグッズを置かせていただいています。小石石鹸。

私自身に関しては、

アニメーションの中だけでもナラティブとノンナラティブとが分かれたり、

ドローイングをしてみたり、グッズとして落とし込んだり、

といったその一連は、

思考回路の建て替えと実践だと改めて気付かされ、

それはつまり純度を高めようとする志であったり、

未知の領域への挑みであると、ひとつ証言を頂いたような気持ちです。

(自分で言ってても胡散臭いじゃないですか。

 思ってたところで疑念によって揺らいでよく手元から離れていくし。)

私はまだまだ作品の規模の小さい作家ですが、

こうしてこのお二人との機会を頂けてたくさん気付きを得ました。

この作家の組み合わせによって、

感動や美化や賑やかしとは切り離された、

エネルギーとしての「Metamorphose」を表した、

キュレーターの齋藤桃子さん。

(あああー緒に写真撮ればよかったーっ…!)

桃子さんは、作品への向き合い方から

その奥までをじっと見つめて理解してくださる方です。

このテーマの設定と昇華は、

参加させていただいてる身ですが、

秀逸だなと、開場して思いました。光栄なことです。

会期は11月4日まで続きます。 新幹線で東京から1本!駅から徒歩10分くらいです。

ぜひお越しください。

詳細こちら http://blog.ishigami-iwate.jp/?eid=940

更新しているこの日、9月24日からあと5日後の今日、

私は岩手県岩手郡岩手町の、石神の丘美術館にいます。

なぜかというと、

企画展に呼んでいただいて、岩手県在住の作家2人とともに、

3人で展示をすることになったのです。

5日後の29日には、開場式が開かれます。

初日勢揃いのその日に、アーティストトークも行われることになっています。

(是非いらしてください。)

同時に展示される作家さんは、

鈴木研作さん、石田貴裕さんです。

North Wind Project 北から吹く風、

岩手にゆかりある若い作家を、緩やかなテーマのもとに紹介するシリーズ企画。

今回のテーマは『Metamorphose』。

メタモルフォーゼです。

変化・変容。変身。

アニメーションの技法として、とても基本的な、

初歩の初歩と言っても差し支えないようなこの言葉ですが、

この企画展や、岩手県の美術芸術界隈におけるのファイン系の根強さをみても、

絵画や写真を主な表現として選んでいる作家さんが多い中での、この言葉。

アニメーション以外で語られるメタモルフォーゼについてを思うだけで、

すでに何か思考を飛ばしてくれる感じがしますが、

私だけはなんだか、昇華された視野や意識や思考としてのメタモルフォーゼではなく、技法としてのこってこてなメタモルフォーゼの例として鎮座してしまうような気がしてこなくもない。。

時代が変わって、手頃な労力でメタモルフォーゼを

単純にまさにその意味のみで創作し、存在させられるようになったわけですから、

おそらく個人短編アニメーション作家という自分の肩書き上では、まず、

「短絡的な結論を出してくるなよ」という

見えない仙人からの睨みを感じてしまうわけです。

他の作家さんと比較したら、

動きに対するアプローチが、もしかしたら真逆なのかなぁ、とか

(真逆って言葉、安易ですが。)

考えてみたりもするわけですが、

こればっかりは会期が始まらないと何とも。

私も他のお二方の展示されたものをじっくり見て、

なんか見つかるといいなぁと楽しみにしているところです。

うーん動いているものもすべて停止しているものの中に落とし込むのと、

実際に動かすのとでは、

何が違ってくるんだろう。

・・・と動かしている側としてそれっぽいことを言っていますが、

実は今回、私の展示作品の一番強いものは、

おそらくドローイング作品です。

60号サイズで3枚制作しました。連作的なものです。

私が普段制作しているアニメーション作品は、

シアター、映画館での鑑賞を前提にしているので、

どうしてもギャラリーやアートスペースでの展示では

簡易版と言いますか、上映環境としては劣化状態にならざるを得ません。

今まではそれでも、世界を知ってもらうきっかけになればという想いで、

(だってとにかく岩手でシアターを借りることは現実的にめちゃ難しそうだし、)

持ち札の中では最上等なスピーカーを持ち歩いて

展示・上映会を行ってきていたわけですが、

ちょっといろいろ考えて、

もう少し上映環境の許せる最低限のラインを上げていこうと思い、

今回は、簡易シアターエリア、のような展示にはしませんでした。

映像の展示はあります。

ですが、音のない展示になります。

そして、私の中でのこの展示のモチベーションは、

『イメージボードの力を考える』にちょっと重心を寄せようと考えました。

去年新宿で個展をした時にも、

『制作過程展』というコンセプトがありました。

でもその時は、「まだまだ辺鄙な個人アニメーションをわかってもらうために分解して伝える」みたいな意識があったと思います。どこかに。

でも、今回は、そういう配慮が根本にある「過程展」ではなくて、

あくまでも私が「アニメーションにできないほどのイメージの噴出を、体力と環境の最大限を使ってぶつけてみよう」みたいなニュアンスです。

こういう世界が見えているんだけど、

こんなに描き込んだら絶対に完成できない。とか。

この画材でアニメーションにするのは難しすぎる。とか。

そういう枷を一旦無視して、

とにかく湧き出た分を出しとこう(部屋の大きさが許す限り)!

という、やんちゃな意気込みです。

会場で見ていただければわかると思いますが、

再現性のないドローイング、あるいは

アニメーションしようと思ったら10年必要な描き込みになっています。

私がイメージの通りに動かすのは多分無理。やらないはずです。

10年掛けても制作するべきなのでは、という考えもわからなくないのですが、

きっと10年後には違う考えを持っているはず。

そこに固執したくないので、もっと短期で手放していきたいのです。

だからおそらく、その絵はアニメーションにはなりません。

でも、描けば描くほど、

動いている、変化している、展開するイメージばかりに結びついて、

この絵はきっとどこまで行っても絵画にはならず、

イメージボードでしかないのだろうなと思わせられもします。

そんななりゆきで、今回も私にとっては『制作過程展』です。

実際、今取り掛かっているシアター短編アニメーション作品と

思考は完全に繋がっているので、まぁまんまな意味でもあります。

展示詳細です。

- - - - - - -

会  期 : 2018(平成30)年 9月29日(土)~11月4日(日)   開館時間 :  午前9時から午後5時(入場は4時30分まで)            ●9月29日(土)は、午前11時から開場式を行い、正午より一般公開します 休 館 日 : 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合翌日) 入 場 料 : 一般 300円/大・高生 200円/中学生以下無料        ●20名様以上の団体または岩手町民の方は2割引です

       ●75歳以上の方は5割引です 受付に年齢が確認できるものを提示ください        ●障害者手帳の交付を受けている方は無料、介助者(1名)は5割引です        ●屋外展示場はリニューアル工事のためお休みしています(2020年春まで)  ★レシート割引   隣接する、道の駅「石神の丘」(産直・レストラン)の

 500円以上のレシート(当日のみ有効、合算可、500円ごと1名)を

 美術館受付に提示すると、観覧料金が2割引になります。  ぜひ、道の駅と美術館、両方をお楽しみください!

- - - - - - -

【出品作家によるギャラリートーク】 9月29日(土) 午後1時30分~(60分程度) 作品について出品作家がお話します。 予約不要・聴講無料(ただし観覧券が必要です) ギャラリートーク終了後、ホールにて出品作家を囲んでの ティーパーティを開催します。 (石神の丘美術館友の会主催/参加無料) 【ギャラリーコンサート「松井利佳子 ピアノリサイタル」】 10月7日(日) 18時~/美術館ギャラリーホール 盛岡市出身・在住のピアニスト 松井利佳子によるピアノリサイタル。

前売り券販売中 詳しくはこちら

- - - - - - -

岩手町立 石神の丘美術館

North Wind Project vol.2

Metamorphose

http://blog.ishigami-iwate.jp/?eid=940

- - - - - - -

是非お越しください。

秋めいた岩手楽しみだな〜

#石神の丘美術館 #展示 #ギャラリー #メタモルフォーゼ