ミャンマー新商標法情報更新/施行スケジュールは?優先的地位とは?審査方法は?代理人資格制限とは?

今後の運用について、未だ不明確な点も多いミャンマー商標法ですが、独立行政法人国際協力機構(JICA)、一般社団法人日本知的財産協会(JIPA)へのヒアリングに基づき、制度情報更新を致しますので、ご確認ください。 記 ■ミャンマー商標法の施行スケジュール ソフトオープニング:商標法施行前6か月 -① グランドオープニング:商標法施行日後12か月 -② ※上記期間においては、優先的地位を得ることが可能です。 ※正式な公表は未だありません。 ■新制度の開始にあたり使用されている商標と所有権宣言登録商標を優先的に保護する施策 所定の期間内に出願することで、今までにミャンマー登録法の下において登記所で登録している商標(所有権宣言登録している商標)とミャンマー国内で実際に使用している商標には、優先的な措置が適用される予定です。 ■優先的地位について 具体的には、以下の方が対象となる予定です。 1.1)所有権宣言登録をしている権利者であり、2)①の期間に出願し、3)②の期間に納付をした者 2.1)実際に市場で使用している商標の所有者であり、2)②の期間に出願し