• tokaimermaids

東海大学ー順天堂大学

  25-23

  25-20

  20-25

  25-18

セットカウント3-1で東海大学が勝利しました。

 

3位決定戦は速い攻撃が持ち味の順天堂大学との対戦です。1、2セット目はカナのサーブで相手を崩し流れを掴むとハナの相手を封じ込めるブロックが決まり先取します。続く3セット目はユキの粘り強いレシーブが上がるものの相手の速い攻撃に翻弄されセットを落とします。4セット目はメイの安定したトスからタエの渾身の一撃が決まりこの試合に勝利しました。今回の全日本インカレでは3位と目標としていた日本一に手が届きませんでした。リーグ戦では春から秋にかけて大きく成長する事が出来ました。それを踏まえて臨んだ全日本インカレでの結果は満足のいくものではありませんでしたが、今年の集大成としてチーム一丸となり3位という結果を残す事が出来ました。今回の悔しさを忘れず来年の全日本インカレではもう一度日本一という目標に向かって練習に取り組みますのでこれからも応援宜しくお願いします。

〈最終結果〉 第3位

順位(ベスト4) 第1位 筑波大学 第2位 福岡大学 第3位 東海大学 第4位 順天堂大学

〈個人賞〉 ・MIP賞 横田真未(タエ)

沢山のご声援誠にありがとうございました。

 

 

 

  • tokaimermaids

東海大学ー福岡大学

  20-25

  25-17 

  21-25

  19-25

セットカウント1-3で福岡大学が勝利しました。

 

準決勝は高さのある攻撃と粘り強い守備が持ち味の福岡大学との対戦です。1セット目は相手の勢いのあるサーブに対応出来ずセットを落とします。続く2セット目はハナの相手を封じ込めるブロックとタエの力強いスパイクが決まりセットを奪い返します。3、4セット目はソラの気持ちの込もったスパイクが決まるものの、相手の粘り強い

レシーブとコースを突いたスパイクに対応出来ず惜しくもこの試合に負けを喫しました。

  • tokaimermaids

東海大学ー京都橘大学

  25-21

  25-14

  25-22

セットカウント3-0で東海大学が勝利しました。

 

第4戦目は速さとパワーのある攻撃が持ち味の京都橘大学との対戦です。序盤はユキのコースを読んだレシーブとメイの粘り強い繋ぎでリズムを作り1セット目を先取します。中盤はライの判断力のあるレシーブからハナの速い速攻が決まり連取します。終盤はカナの安定したレシーブからタエの爆発力のあるスパイクが決まりこの試合に勝利しました。