本番に向けて、セッションやワークショップを紹介していきます。

今回はFileMaker プラットフォームでCTIが使えるようになるソリューションの紹介。

『FileMakerでCTIをやってみよう!』

「TELWan(テルワン)」はそれまでなかった新方式を採用することにより誰にでも手軽に設置でき、お値段もリーズナブルなCTIシステムです。その具体的な事例とFileMakerとの連携方法を解説致します。

アイワン株式会社

代表取締役 真木康之

CTIとは、電話の着信や発信とシステムが連動するシステムです。

コールセンターでパソコンの画面から発信したり、受信したりするようなシステムと考えていただければOKです。

CTIシステムCTIシステム
CTIとは

「TELWan(テルワン)」はその受信のみに特化したリーズナブルなCTIシステムです。

 

このセッションで紹介する「TELWan(テルワン)」はFileMakerとの相性もバッチリ。URLスキームで連携することも可能です。

TELWanアプリが下記の様なURLを開き、FileMaker Pro Advancedが起動するのです。

 

fmp://192.168.10.0/Clients.fmp12?script=telwan&param=06XXXXXXXX

 

TELWanとFileMakerの連携TELWanとFileMakerの連携
TELWanとFileMakerの連携

電話番号がスクリプト引数として渡されるので、

  • 顧客台帳を表示

  • 前の対応履歴を表示

  • 全ての着信履歴から着信が多い時間帯を分析

といったことが可能となります。

 

こんな便利なサービスが下記のような価格で提供されています。

 

 

FileMakerとの連携以外にも!

更に、今回はFileMaker以外の連携事例としてSalesforceの話もあるそうです。

 

 

実は、このCTIシステムを提供している『アイワン株式会社』様は動物病院専用電子カルテをメインにされています。その中の要望の中で出てきたのが「TELWan(テルワン)」だそうです。

もし、動物病院のシステムにご興味ある方はブースを出展されますので、そちらへどうぞ。

 

本番に向けて、セッションやワークショップを紹介していきます。

今回はFileMaker プラットフォームで地図が使えるようになるワークショップ。

『地図連携サービス「marble+」を使ってGoogleマップを使いこなそう』

使い慣れたGoogleマップをビジネスでも使いませんか?

ややこしいライセンス契約も、難しいJavaScriptも必要ない地図連携サービス「marble+」を使って、FileMakerとGoogleマップを連携してみましょう!

※当日は試用ライセンスを使って実際に作業をしますので、FileMaker Pro 16以上がインストールされているPCをお持ち下さい(Mac/WinどちらでもOK)

人数が多いとフォローも難しいので、下記フォームから事前にお申し込み頂けると助かります!

https://forms.gle/dRJEHGLMhfdFSJmj6

iC株式会社

代表取締役 佐合純

FileMaker Pro Advanced や FileMaker Go で地図を表示するのにGoogleMapを使って表示することは出来るのですが、2つ問題があります。

  1. APIキーを取る必要がある

  2. JavaScriptを理解する必要がある

APIキーを取る時にGoogleのアカウントにクレジットカードを登録する必要があります。企業ユーザさんだと、その辺のハードルが高い場合があります。

この辺は去年にGoogleの利用規約が変更になってしまい、色々なものがAPI必須となってしまいました。

また、JavaScriptを理解しないと複数ピンを立てる等が出来ません。

 

GoogleMapは素晴らしいのですが、時々仕様が変わるので下記のような問題が起きます。

FileMaker Go をインストールすると入っているサンプルファイルですが、GoogleMapを使って住所から地図画像を取得する処理が入っていた為、エラーを返すようになりました。(要約するとAPIキーを使ってください)

 

FileMaker Go のサンプルファイルFileMaker Go のサンプルファイル
FileMaker Go のサンプルファイル

そういう問題を解決し、FileMaker プラットフォーム上で地図を使いやすくしたのが「marble+」というサービスです。

 

GoogleMap→marble+→FileMaker プラットフォーム

というイメージです。

GoogleMapとの契約や難しい部分を「marble+」やってくれるので、安心して使うことができます。

また、好きなピンを立てたり地図の上に地図を重ねたりする様な+αな機能もあります。

 

iC株式会社のYoutubeチャンネルでデモ動画が公開されているので、そちらを見るとイメージがつくかと思います。

 

 

 

 

去年の予告動画と、今年の開催お知らせ動画があります。

少しでも雰囲気が伝わればと思います。

 

去年の予告動画はビジスタの開催意図が説明されています。