第25回日本体外循環技術医学会中国地方会秋季セミナーの教育講演に登壇

ノンテクの重要性を深く理解しているリーダーは、話をするとすぐに分かる。すでにノンテクに関する共通言語ができているからだ。そして、総じて熱い。普段フリーで活動しているヨソ者は常に孤独だが、孤立してはいないことを確認できる瞬間である。 問題解決の考え方、2種類の問題解決、2W1H、ビッグワード、問題解決の体感、問題解決の六大大陸、4つの問題解決の「落とし穴」、「①すぐに対策を考えてしまう問題」、「②色々な道具(手法)を使いすぎ問題」、「③学び方を学んでいない問題」、そして「④空気の支配の恐ろしさを知らない問題」について提供。 ②については、「もし、1つしかフレームワークを使えないとしたら、何を選びますか?」と問いかけ、組織学習し共通言語をつくり、全スタッフで現場で使っていくためには、フレームワークを1つに絞らなければならないことを共有。 「だったらコレ(六大大陸)以外にないですよね。あらゆることに使えるので」 質疑応答や講演後は、どれも重要な視点の質問がいくつも。皆、それぞれに現場を良くするために想い、だからこそ悩んでいる。鍵は、組織学習と共通言語づ

北陸大学医療技術公開セミナーで講演

テーマは「検査部における新人・学生とのコミュニケーション-この仕事の素晴らしさをどのように伝えますか?-」。 人材マネジメントの森のなかで最も重要な大木は「採用」のマネジメント。人材マネジメントはタレント獲得競争で勝負が決まってしまう。そして、採用のマネジメントにおいて最も重要なのは「ビジョン(法人のあるべき姿)」。「このバスはどこ行きのバスなのか?」、その方向幕の表示の内容や有無で決まってしまう。さらに、ビジョンで最も重要なのは「本質的な強み」。ノンテクニカルスキルが組織の能力として基本にあるのは当たり前。そのうえで、他の施設には真似できない(真似しようとしても膨大な時間がかかる)テクニカルスキルに関する本質的な強みがあるかどうかで決まってしまう。 突き詰めると、医療現場における仕事の素晴らしさとは、他の施設に対して持続的な競争優位性のあるテクニカルスキル領域の本質的な強みが反映されたものであるべき。そのためにも、まずは「この仕事は素晴らしい!」という結論を説得力をもって理解し納得してもらうための「理由の柱」と「理由の詳細」を考えてもらい、グル

群馬県立4病院看護部合同ノンテクニカルスキル研修実践編で講演

実践編は、実際に実行していく問題解決プランを事前に作成し、研修がスタート。ただ、問題解決シートの内容はあくまでも概念(文字)であり、行動(映像)の現実世界とは大きなギャップがある。だからこそ、基礎編と同様に、全体共有してもらう前に【現状】と【あるべき姿】を演技で表現できるように準備してもらい、そこから全体で教訓を引き出すセッションを実施した。 あるグループがステージに登壇し、演技を通じて問題解決プランを共有する。その後、各グループごとに「大事なことは?」を決め台詞に教訓を引き出し、全体共有。さらに、その1つひとつの教訓に対して、講師(ヨソ者)がさらなる教訓を付け加え共有する。こうして、7グループ×(7つのグループからの教訓+7つの講師からの教訓)=98の教訓を、学びの共同体として引き出した計算になる。変化に適応する組織とは、このように教訓を引き出せる組織を意味する。 その後は、組織変革と空気のマネジメントの基本をレクチャー。空気の支配の恐ろしさ、2:6:2の法則、ラーメン屋の行列づくり、共通言語、スモールウィン、バスに乗り遅れるな現象などを学びな

群馬県立4病院看護部合同ノンテクニカルスキル研修基礎編・アフターセッション編で講演。

巨大組織が4病院も集まり、しかも4年間にわたり共通言語づくりを続けているのは、おそらく規模とすれば日本最大。組織変革は空気のマネジメントに尽きるが、実は組織が大きければ大きいほど、ラーメン屋の長蛇の行列が出来やすいため、強力な空気がつくられやすい。 問題解決セッションでは、あえて何も伝えずに一旦【現状】と【あるべき姿】を考えてもらった後、概念(文字)から脱却して行動(映像)レベルで捉えるために、講師の演技を参考にしながら、【現状】と【あるべき姿】を演技で表現する時間を提供。その行動(映像)レベルの【現状】と【あるべき姿】を前提に問題解決プランを作成した。 そのうえで、メインはグループごとの問題解決プランの全体共有セッション。といっても、問題解決シートを披露するのではなく、まさに「劇的Before→After」のように、グループごとに、様々な役を演じた【現状】と【あるべき姿】を披露し、それから問題→原因→対策の内容を説明。そうすると、単に問題解決シートを使って説明するよりも、比較にすらならないくらいに、それぞれの現場の様子が映像で浮かぶかのような臨

鐘ヶ丘ホームノンテク研修Day12で講演

今回も、単に問題解決の「伝える」発表ではなく、「伝わる」プレゼンを通じた「自部署自慢大会」を開催。さらに、ただ自部署自慢をするだけではなく、学びを共有してもらったお返しとして、他部署からのギフト(承認)の贈り合い。 それに対するヨソ者からのギフト(教訓)は、プレゼンテクニックをいろいろと。普段はプレゼンに関する講演はしていないが、プレゼン=舞台ではなく、プレゼン=利用者さんやご家族、他のスタッフ、地域などへの伝わるコミュニケーションであれば大歓迎。「?→!へ」「ギャップ萌え」など、いくつかのキーワードを通じて、プレゼンテクニックを紹介した。 「なぜ、このように部署が集まって組織学習するのか、それは他の部署の問題解決事例から『パクる』ためです。ノンテクはパクり文化大歓迎。それで全員がハッピーになればいいんですから」 最後は、トップからなぜボトムアップで問題解決していってもらうことが大切なのかを、実際のスモールウィン事例を用いて共有。ヨソ者は、あえてヨソ者でしか言えない「トップのジレンマ(海のスイカ割り)」を説明するとともに、これからのマクロ環境の過