第4回 1つの母音で歌えるようになろう〜レガートについて〜

「ネウマ的に歌うための発声エッセンス」第4回です。 今回のタイトルは「1つの母音で歌えるようになろう~レガートについて~」です。 第1回から申し上げておりますが、ネウマ的に歌うということは複数の音をグルーピングしていくということであり、複数の音をグルーピングするためにはまずはレガートに歌えなければ話になりません。 声楽では、1つの音節で長いフレーズを「あ~」とか「え~」とか歌うようなことがありまして、それをメリスマとかアジリタとか呼んでいます。 特に古い音楽ではこのメリスマがたくさん出てきますが、これをできるだけ滑らかに歌おう、というのがサリクスの一つの特徴と思っています。 バロック音楽の演奏団体で特に多くみられるのは、メリスマを器楽的?に1つ1つ細かく歌うようなアプローチですが、サリクスでは、バロックよりも古い時代の音楽であるグレゴリオ聖歌の演奏法(古ネウマをもとにした歌い方)からバッハの音楽に働きかけていくため、1つ1つの音をマシンガンのように演奏するということはありえないことです。 メリスマをレガートに歌うということに対して、リハーサルの中

第3回 母音の響きをよくしよう〜共鳴について〜

〜ネウマ的に歌うための発声エッセンス〜第3回目です。 1回目は声のバランスを整えるエクササイズ、2回目は呼吸についての記事を書いてきまして、今回は、いよいよ実際の歌声に大きく関わってくる「共鳴」についての記事になります。 「響き」ってそもそも何? 「声をよく響かせて」「響きが低い・高い」「前に響かせて」などなど、歌をやっていると様々な表現で「響き」について触れられることと思います。 そもそも、この「響き」というのは一体何なのでしょうか。 声帯で作られた音が、どのように声に変わっていくのかを追いながら考えて行きましょう。 喉頭原音と共鳴腔 声を出す際、まずは声帯が肺からの呼気で振動します。 この時、声帯の振動音は「ブー」というブザー音だろうと言われています。 これを「喉頭原音」といいます。 この音が、咽頭共鳴腔や口腔共鳴腔、鼻腔共鳴腔などの共鳴器(声道といいます)を通過することで様々な倍音が強調されて、音色が変化します。 管楽器も、唇の振動やリードの振動だけではブーという音しか出せませんが、その音が楽器という共鳴器に吹き込まれると、それぞれの楽器の

第2回 「息の流れをよくしよう」〜呼吸について〜

〜ネウマ的に歌うための発声エッセンス〜第2回です。 前回の「タングトリル」いかがでしたか? 今回は声のもととなる声帯原音を安定して鳴らしていくための「呼吸」についてお話ししていきます。 ・呼吸という運動について 歌を歌うときの呼吸について、世の中でもっとも多く言われていて、主流となっている考え方は「息を吐ききって、お腹を緩めれば息は勝手に入ってくる」というようなものではないでしょうか。 これは確かに正しい部分はあると思いますが、人間の持つポテンシャルを活かしているとは言えないと思います。 それは一体どういうことでしょうか? まずは、呼吸という運動を行う際の身体の動きを「吸気時」「呼気時」の二つに分けて、おおまかに解説していきます。 ・呼吸の際の身体の動きについて ①吸気時に緊張する筋肉 ・横隔膜 ・外肋間筋 横隔膜は胴体の上部にあるドーム型の筋肉で、肋骨の内側でアーチ状に上へ伸びて、胸腔と腹腔の境目となっています。 吸気時には緊張し、ドームの天井が潰れるような感じになり腹部にある内臓を押し下げて、お腹が膨らみます(息がお腹に入るわけではない)。