Search

蜂の子をとって食べる (注:幼虫の写真あります)

我が家のガスメーターの管に蜂が営巣したらしい事を義父が見つけたのは7月29日の朝だった。それから家族みんなが騒ぎ出し、危険な蜂なら巣が大きくなる前に取らねばと様子を見にいったのだが、何のことはなくアシナガバチだった。 これが屋上菜園だったらそっとしておくのだが、割と人通りの多い狭い路地に面している所にあるので撤去せねば通行人に危険がある。 秋になればどんなに大きな巣でもほとんどが成虫になっているはずだが、夏のこの時期の直径10㎝近い蜂の巣である。中には十分な数の蜂の子を蓄えているはずだ。 巣を造る場所を間違えなければ全う出来た命を人間の都合で絶たれるのだから、ただ駆除するのは申しわけない。 その命はありがたく頂かなくてはいけない。 なるべく刺激しないようにして、撤去は週末まで待たせてもらった。 本来ならすぐ取ってしまうのであるが、 この暑さで毎日欠かさなかった晩酌を週末だけに限定したからだ。 (蜂の子をご飯のおかずにはきつい。) いよいよ週末となり、撤去となった。 アシナガバチはスズメバチのように何段にも巣を作らないため、巣の周りが壁で囲まれてい