aiforce solutions、正林国際特許商標事務所と AIデータ解析サービス「AMATERAS RAY」を活用して、国内特許業務の デジタルトランスフォーメーション支援の強化に向けて業務提携契

「全ての人が読み、書き、算盤レベルでAIを楽しく活用できる世の中」の実現を目指す株式会社aiforce solutions(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長:西川智章、以下「aiforce」)は、正林国際特許商標事務所(本社:東京都千代田区、 所長:弁理士 正林真之、以下 正林国際特許)と、aiforceが開発を手掛けるAIデータ解析サービス「AMATERAS RAY」を活用した特許業務のデジタルトランスフォーメーション支援サービスの提供を2019年11月6日から開始します。 ◆背景 近年、多くの企業が既存事業の高度化や新規事業開発(デジタルトランスフォーメーション:DX)に注力する中、その実現にAIの活用は欠かせないものとなっています。しかし、AIの活用には、データサイエンティストが企業の保有データを解析する処理が必要ですが、現在、データサイエンティストは不足しており、AIの導入に長い期間と高額な導入費用を要するのが実態となっています。 aiforceは、データサイエンティストの業務を代替するAIデータ解析サービス「AMATERAS RA

aiforce solutions × B-Rサーティワンアイスクリーム株式会社データサイエンティストを採用せずアイスクリームの出荷割合予測業務を内製化「AMATERAS」を用いてAIによる高精度

AIの民主化を目指し、データサイエンティスト業務の代替を目的として、日本初の自動機械学習ツール「AMATERAS」を開発した株式会社aiforce solutions (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西川 智章、以下「aiforce」)は、B-Rサーティワンアイスクリーム株式会社へ「AMATERAS」を導入し、AIによるアイスクリームの商品毎・旬毎の出荷割合予測業務の内製化を支援いたしました。 ◆「AMATERAS」を採用し高精度な予測業務の内製化の実現 B-Rサーティワンアイスクリーム株式会社では、これまで商品の生産管理・在庫管理を行うため、AIを活用した商品毎・旬毎の出荷量構成比の高精度な予測を、3ヶ月毎に外部のデータ分析サービスを導入しておりました。 しかし、データ分析を外部委託した場合、外部ベンダーは業務知見がないため、予測結果に影響する特徴量の追加と選択のヒアリングとトライアルに相当の工数を費やす事で外部依託費が膨れ上がるという課題が発生します。この課題解決を図るためには、現場で仮説を持っている実務担当者自らが、簡単に、何度も検

会計士・監査法人はAIに取って代わられるのか!?20年後の働き方・組織・監査を大胆に予測した 『シンギュラリティ時代の監査』2019年4月1日より電子書籍(日本語版・英語版)で販売開始

AIの民主化を目指し、データサイエンティスト業務の代替を目的として、日本初の自動機械学習ツール「AMATERAS」を開発した株式会社aiforce solutions(本社:東京都千代田区)代表取締役社長である西川智章と、AIやRPAなどの先端技術を用いたグローバル監査の体制構築と業務変革を牽引している武田薬品工業株式会社(本社:東京都中央区)グループ内部監査部門 テクノロジー&アシュアランス エンリッチメント ヘッドである五十木浩之の著書『シンギュラリティ時代の監査』 (日本語版・英語版)を、2019年4月1日より電子出版を開始いたします。近年、AIビジネスは発展と利活用の進化が止まらないほど加熱の一途をたどっており、ビジネスの現場やニュースで「AI」という言葉を聞かない日がないと言っても過言ではありません。わずか10年余りでスマートフォンが生活の一部に浸透したのと同様に、「AI」も我々の生活と社会に組み込まれ始めています。また、アメリカの発明家であり、AI研究の世界的権威であるレイ・カーツワイルは、「人工知能の性能が全人類の知性の総和を越える

学部生向けに「AMATERAS」を活用した「ビジネスデータ科学」の授業を東北大学大学院経済学研究科サービス・データ科学研究センターにて2019年4月より開始

AI民主化を目指し、AIを自由に活用できる社会の実現に向けて挑戦する株式会社aiforce solutions (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西川 智章、以下「aiforce」)は、 東北大学大学院経済学研究科サービス・データ科学研究センター(センター長:松田 安昌、以下「東北大学」)にて、2019年4月からAI人材育成を目的として、学部生向けに「ビジネスデータ科学」の授業を提供します。 授業では、AI 専門家でなくてもAI 活用による業務生産性向上のメリットを得ることができるように、数クリックで、機械学習によるデータ分析や需要予測など、簡単にAIの学習済みモデルを構築することができる「AMATERAS」を活用します。 現在、大学が取り組むAI人材育成の大きな課題となっているのが、2つ。 1つ目が、Phython等、プログラミングのスキルが必須であること。よってプログラミングができない、苦手な学生が取り残されるということ。 2つ目に、ビジネス等の分野でどのようにAIが活用されているかを教えることができないため、学生の興味を持たせることが

「AI女子育成プロジェクト」わずか2週間で、AI女子受講者数100名に到達!当初目標の3倍。修了者にはAI講師のチャンスも!AI女子1,000名育成を加速度的に達成するための仕組みとコンテンツ

AI民主化を目指し、AIを自由に活用できる社会の実現に向けて挑戦する株式会社aiforce solutions が、「RPA女子プロジェクト」による人材の教育及び、人とテクノロジーを教育で繋ぎ「循環型社会」を創出する為の支援ツールを提供する株式会社MAIAと協同で育成する「AI女子育成プロジェクト」。 2019年1月7日に、AIビジネスプロデュ―サーとして活躍できる女性の育成と、子育て・家族の転勤・介護等で働く場に制限を抱える女性の復職を支援することを目的にAI女子育成を開始以来、AI女子エントリーコースから開講。 開講後わずか2週間で、受講者が100名を超え、日々確実に受講生を伸ばしています。 大きな引き合いの要因には、市場においてAIスキルを身に付けたいと考えている女子が多いこと。そして、「AI女子育成プロジェクト」の提供する教育コンテンツが、他社とは差別化していることがあげられます。 受講生のプロファイルを以下と捉えており、 実際の教育コンテンツは女性が開発し、女子目線でわかりやすく、しかもビジネスにおいて具体的にどのように活用できるのかに

学部生向けに「AMATERAS」を活用した「ビジネスデータ科学」の授業を東北大学大学院経済学研究科サービス・データ科学研究センターにて2019年4月より開始

AI民主化を目指し、AIを自由に活用できる社会の実現に向けて挑戦する株式会社aiforce solutions (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西川 智章、以下「aiforce」)は、 東北大学大学院経済学研究科サービス・データ科学研究センター(センター長:松田 安昌、以下「東北大学」)にて、2019年4月からAI人材育成を目的として、学部生向けに「ビジネスデータ科学」の授業を提供します。 授業では、AI 専門家でなくてもAI 活用による業務生産性向上のメリットを得ることができるように、数クリックで、機械学習によるデータ分析や需要予測など、簡単にAIの学習済みモデルを構築することができる「AMATERAS」を活用します。 現在、大学が取り組むAI人材育成の大きな課題となっているのが、2つ。 1つ目が、Phython等、プログラミングのスキルが必須であること。よってプログラミングができない、苦手な学生が取り残されるということ。 2つ目に、ビジネス等の分野でどのようにAIが活用されているかを教えることができないため、学生の興味を持たせることが