検索

弁護士が教える バイトテロが起きる前に知っておきたいこと

SNS(ソーシャルネットワークサービス)の普及により、自身の近況や体験、面白いことなどを多くの人に簡単に共有することができ、それと同時に共感してもらえる喜びもリアルタイムで得られやすくなりましたね。 ただ、一方でもっと多くの”いいね”が欲しくなったり、他の投稿よりもインパクトの強い投稿をしたい欲求に駆られ、危険な行為や、モラルに欠ける投稿も増えているように感じます。 皆さんの記憶にも新しいかと思いますが、バイトテロはまさにそういった現代社会を象徴するような事件だったと思います。本稿では、バイトテロを起こさない、起こさせない為には何が必要なのか弁護士の視点でお話したいと思います。 バイトテロの定義は、これといって定まっているわけではないですが、wikipedia等によると「アルバイトの店員が、商品や什器を使用して悪ふざけを行う様子を写真撮影し、  SNS(ソーシャルネットワークサービス)に投稿する行為のことを指す」とされています。  実際は、このSNSの投稿がそもそも公開情報だったり、仲間内へ発信したものでもそのスクリーンショット等が公開されること