Search

【特別掲載:dip運営のStartup timesに掲載されました】タイムテクノロジーが覚醒の鍵?!AI導入相談のスペシャリストである「アローサル・テクノロジー株式会社」が視ている世界の展望とは?

AIの進化が続いている。 これからもAIの進化が続けば、人間は仕事をしなくて済むようになるかもしれない。 仕事をする必要がなくなれば、人に残されるのは「エンターテイメント」と「哲学」であると言われている。 そんなエンターテイメントとテクノロジーを掛け合わせ、人のワクワクを追及している企業がある。 アローサル・テクノロジー株式会社だ。エンターテイメントは人の理解を深め、テクノロジーは未来予測に繋がると考えているそう。 現在はエンターテイメントに限らず、アプリやシステム開発事業のナレッジを生かし、AI導入のプロフェッショナルとしてバリューを発揮している。 最終的には、不老不死を目指しているようで…。 アローサル・テクノロジー株式会社とは、どんな企業なのだろうか。詳しく見ていこう。 代表取締役 佐藤 拓哉 ・2009年3月 熊本県立技術短期大学校 映像処理科 卒業後、東証一部上場SIerにてシステムエンジニアとして従事。 ・2013年9月 アローサル・テクノロジー株式会社を設立、代表取締役に就任(現任) ・2013年10月 日本イベント協会を設立し

【雑誌掲載】社長情報CEOに弊社代表の佐藤が掲載されました。

弊社のAIインテグレーション事業が雑誌:社長情報CEOにイチオシITベンチャーとして掲載されましたので簡単に内容を一部抜粋、紹介したいと思います。 【業務のデジタルシフトを図りライバル企業に先んじてAIを導入すべし】 AI(人工知能)への関心が高まる一方で、どのように導入し活用したら良いのかわからないという企業経営者は少なくない。AIの導入実績豊富なアローサルテクノロジー代表取締役の佐藤拓哉氏にAI導入ポイントについて聞いた。 ー記者 貴社はAI技術を用いたサービス企画、導入支援に特化した事業を展開され、他業種の企業と関わっておられます。現状をどのように見ていらっしゃいますか? ー佐藤 当社にもAI導入に関する問い合わせが昨年から急増しておりますが、ほとんどんの経営者はAIについて理解が不足しているのが現状です。それは仕方のない面があり、実際、AIには明確な答えがないのです。業種や業態、会社の状況などで導入の手順も違ってくる。導入効果も算出しにくい。つまりAIの導入は容易なものではないということです。 ただ、それでも一つはっきりしているのは、AI