女性と月の周期の神秘「月星座」

毎日変わる月の力。その力を意識すれば、今日が少し素敵な一日に。 今日の月がどんな姿をしているか、知っていますか? 太古の昔から月は、私たちの無意識に働きかける不思議な力を持ってると考えられてきました。 満ち欠けを繰り返し、毎日姿を変え続ける月…。 私たちの日常が同じ毎日の単調な繰り返しなどではないのと同じように、月の力も日々変化し続けています。 今日の月の力を借りられるのは今日だけ。 あなたに今日の月がどんな影響を与えているのか知りたくないですか? 月は気付かないうちに、私たちの気分や体調に影響を与えています。 その影響力に無自覚なままではもったいない! 今日の月の力をコントロールして、毎日をもっと輝かせましょう。 今日の月の力を最大限に活かすために、気軽に実践できる方法もアドバイスしていきます。 もっと詳しくは自分の知りたいなら、あなたの「月星座」を確認するとよいでしょう。 月星座は、一般的な星占いで使われる「○○座」とは違います。 雑誌などでおなじみの「星座」は「太陽星座」。 「太陽星座」は、その人が人生の中で目指すもの、人との関りの中で発揮

「いい人」でいたいのは自己中心的?

世の中の多くの人は、「誰からも好かれるいい人」でいたいのではないでしょうか。 しかし周囲の人の目を気にして、常にいい人でいようとするのは、実はよくないことかもしれません。 他人によく思われようとして、他人に気を使い、他人に合わせようとする・・・。 これは他人のためを思っているのではなく、自分の体裁をよく見せようとしているだけ。 ある意味では「自己中心的」といえます。 常にいい人だと思われたいという人は、「承認欲求」にとらわれていて、他人から評価を気にしすぎる傾向があります。 それに、相手がどう思うかは、自分ではコントロールできません。 つまり、「相手の課題」に踏み込んでしまっているのです。 また、ありのままの自分を認められず、ごまかし続けているとも言い換えられます。 ありのままの自分を認めて、相手の課題に踏み込まないためにはどうすればいいのでしょぅか、それはズバリ「いい人であることをやめる」ということです。 「いい人でいることをやめる」ということは、別に「悪い人になって嫌われよう」という意味ではありません。 そうではなく、自分を取りつくろって無理

男性からも女性からも「仲良くなりたい」と思われる人の特徴

仲良くしたい人がいるのなら、相手からも「仲良くなりたい」と思ってもらえるようになる必要があります。男女問わず好かれる人にはどのような特徴があるのか解説します。 笑顔が多い 笑顔が多い人は、話しかけやすい雰囲気を持っています。 コミュニケーションにおいて言葉が大事だと思いがちですが、実は言葉以外の表情やボディランゲージ、声の出し方などの非言語コミュニケーションのほうが影響を及ぼしています。 笑顔が多い人は、楽しそうな雰囲気を持っているので、そういった感情や雰囲気が伝染し、「この人と一緒にいると楽しい」と思われやすいのです。 人柄の良さがにじみ出ている 誠実でどの人に対しても態度が変わらないなど、表裏のない一貫した性質があると、人から信頼されやすくなります。 たとえば、友だちへの接し方に人柄の良さがにじみ出ている人はまわりに安心感を与え、男女問わず仲良くなりたいと思わせる要素を持っています。 小さな気使いができる 相手に興味を持って声をかけたり、落ち込んでいるときは励ましたり、お土産を贈ったりといった小さな気使いができると、印象がよくなります。 人は

足羽三社参りにいきました!

みなさん、最近ひそかに福井でブームになっている「足羽三社参り」ってご存じですか? 知らない方も多いと思うので、皆さんにお伝えしますね。 よく耳にされていると思うんですが「毛谷黒龍神社」「藤島神社」「朝日山不動寺」の三つの寺社をお参りすることなんですね。 なぜこの組み合わせなのか、そのことも触れていきたいと思います。 最初は毛谷黒龍神社です 次が朝日山不動寺 最後が藤島神社です いずれの寺社も由緒正しいところばかりで、それぞれが近い場所にあるためお参りのしやすさもありますが、輝政が普段から感じ取れているのは「心地よさ」を常に感じ取れる場所なのでお勧めしています。 元々は毛谷黒龍神社へお参りにいくことが殆どでしたが、神社の上に歩いて行ける場所があったので、とても気になり登ったことがきっかけでした。 藤島神社はそのときに見つけて、周辺を車で走ると以前から行っていた朝日山不動寺もすごく近いことが分かり、今ではちょっとしたマイブームになっています。 何といってもお勧めなのが、藤島神社からの風景です。 福井市内を一望できるので、夜景もきれいかも・・・です。