コッピー1号

工房の小物作りの必需品、コッピー1号を紹介します。 当工房では、卒団や還暦等の記念品で野球のボールやテニスボールを販売しています。 量産が必要なものは外部に発注し、仕入れたものに塗装、レーザー彫刻をしているのですが、寸法に限りがあり不便です。たとえば木球は直径60mmまでのものは容易に仕入れられるのですが、それ以上の寸法になると、主に刃物の関係なのですが、安価に加工しているところは、少なくとも国内にはありません。←もしあったら教えてください! また、フリーハンドで旋盤加工すると、寸法がまちまちになり、数が増えるほど販売用としてはなかなか難しいものになります。 そのような時に大活躍するのが“コッピー1号”です。アクリルの型にそって正確にその形をコピーするマシンです。 写真はバットとラグビーボールを加工したものと、それぞれの型のプレートです。 ラグビーボール加工中です。 刃物と下の型が平行になっており、型をなぞると、上の加工材が同様に削れる仕組みです。 仕組みは簡単ですが、正確な加工をする設定は結構難しいです。ただ、一度設定してしまえば、後は必要な数