いよいよ10月26日からマヤ暦(ツォルキン暦)の新年がスタートです

藤瀬あおいです。 さあ、いよいよ銀河のエネルギーが大きく動きます! 2018年10月26日はマヤ暦のツォルキン暦の新年のスタートです! 本題に入る前に一つお知らせをさせてください。 【あおいの「キレイの法則!」】メルマガは不定期発行ですが、 以前から「毎日マヤ暦のエネルギーが知りたいな♪」という お声もいただいておりました。 そこで、260日間毎日届く 『運を上げる!次元を上げる!ための無料ニュースレター 藤瀬あおいのツォルキンメッセージ』 が出来上がりました。 そちらもご興味のある方は、登録をお願いいたします。 それでは、本題に戻ります。 古代マヤの人たちの天文学や数学の知識は驚くほど発達 していて、しかも、365日の暦もあれば、260日の暦もあったり、 数種類の暦を使い分けしていたと言います。 その中でも神官が使っていた暦がツォルキン暦。 365日周期の暦がカラダの暦だとすれば、 ツォルキン暦は心の暦だと言われたりします。 ツォルキン暦の周期は潜在意識・無意識層を変化に合っていて、 このリズムは、魂の原点に還らせてくれるように導いてくれます。

人生はすべて選択の連続だからこそセルフイメージが重要

藤瀬あおいです。 いよいよ今週末は大阪で、来週末は東京で 『次元を上げる!セルフイメージ書き換えセミナー』 です。 だたセルフイメージ高めるだけじゃないですからね。 次元を上げるんですからね。 楽しみです♪ さて。 「人生は選択の連続だ」 と言われますが。 人はあらゆる選択と意思決定を セルフイメージに基づいて行っています。 だから、もし、 セルフイメージが適切でないと、 理想の自分とはかけ離れてしまう のですよね。 たとえば。 「自分には価値がない」と思っていると、 自分を丁寧に扱わないのですね。 「雑」に扱ってしまうのです。 そうすると、 身なりを綺麗にしなくてもいいや。 カラダのケアなんかしなくてもいいや。 身を粉にして働いてもいいや。 身につけるのは安物でいいや。 …と、そんなオーラが出てしまっているのですね。 そんなオーラを出しているものですから、 当然周りからも大切に扱われないんですね。 実績がついて、自信が持てたら 自分を大切にできるようになるかと言ったら、 そうではありません。 「自分は大切な存在」とわかっている人が、 自分を「丁

10月9日は美しく調和した世界へ誘う天秤座の新月

藤瀬あおいです。 新月は新しく月が生まれる日。 月の満ち欠けのリズムに合わせて、約29日に一度 やってくるこの新月のタイミングにお願いごとをすると、 月のパワーが得られて叶いやすいと言われています。 新月は新たに物事をスタートさせるのに グッドタイミング! 今回は10月9日の12時7分頃、 天秤座の位置にて新月を迎えます。 社交性やマナー、ファッションセンスを磨き、 言葉によるコミュニケーションや交渉で、 社会とのよりよい関わり方を模索する のが天秤座のテーマ。 よりよいパートナーを探す事もテーマになります。 他にもキーワードの、 「パートナーシップ」「共存共栄」「結婚」 「バランス感覚」「社交性」「平等」「平和」「調和」 「愛と美の女神ヴィーナス」「エレガンス」「優雅」 「芸術」「贅沢」「趣味のよさ」 などをテーマとして意識してみてください。 天秤は、損得を計算して得をとるのではなく、 左右の「バランス」を均等に取りたがります。 だからこその、「バランス感覚」。 また、金星(ヴィーナス)が守護するため、 美しく、優雅な星座です。 見た目の美しさ

ミラクルが起こる『マヤミラクルダイアリー』とその使い方

『マヤミラクルダイアリーNo.13』 (2018年10月26日スタート ツォルキン暦対応) マヤ暦の中でも心のリズムを整えるツォルキン(神性暦)。 この次元を超える暦により、 どんどんシンクロニシティが起こりだします。 【私がマヤ暦を採用する理由】 マヤの考え方には吉凶がありません。 人も自然の一部と考え、動物も植物もあなたと私の分離感もなく、 すべてを一つとして捉え、暦も月の満ち欠けや宇宙のリズムに 合わせたものでした。 すべてを一つとして捉えていた統合意識。 これが、私がマヤ暦を大好きな理由です。 マヤ暦には月と銀河の位相をたどる力があります。 銀河全体のエネルギーの流れがわかるのです。 【古代の叡智が詰まった暦】 古代マヤの人たちの天文学や数学の知識は驚くほど発達していて、 人類が所有する暦のなかでは、マヤ暦がその情報いおいて、 最も狂いが少ない暦であるとも言われています。 しかも、数種類の暦を使い分けていたと言います。 彼らは「時間」を「意識、エネルギー」として捉えていました。 マヤ暦の中でも、神官が使っていたと言われるのがツォルキン暦

9月10日は浄化し、役割を果たす乙女座新月

新月は新しく月が生まれる日。 月の満ち欠けのリズムに合わせて、約29日に一度 やってくるこの新月のタイミングにお願いごとをすると、 月のパワーが得られて叶いやすいと言われています。 新月は新たに物事をスタートさせるのに グッドタイミング! 今回は9月10日の3時1分頃、 乙女座にて新月を迎えます。 乙女座は、周囲の要望やニーズに忠実に応えながら、 完璧を目指していくことがテーマになります。 自分の行動や成長の程度を確かめる星座です。 やるべきことを着実にこなすことで、 自分の完璧な行動を確かめ、 冷静に分析し、反省することもテーマになります。 そのキーワードは、 「健康管理」「食生活」「運動」「エクササイズ」「ダイエット」 「癒し」「ヒーラー」「整理整頓」 「仕事」「プロジェクト」「作業」 「秩序」「焦点」 「時間を守る」「奉仕精神」 など。 カラダのエネルギーを高めること、 もちろん不要なエネルギーは浄化しつつ。 要るもの要らないものを見極め、 不要なものをそぎ落として、軽やかになる。 そして、心を込めて仕事をすることで、 あなたのエネルギーを

人生のステージを上げていくプロセス

藤瀬あおいです。 マヤ暦は「この宇宙に関する運行法則の知識」 みたいなものです。 月の位相や銀河の位相も含みます。 宇宙的自然のリズムということですね。 今は新しい進化のステージに向かう人が増えているなぁと感じます。 正直に言えば、進化する人としない人との差が広がっている という感じでしょうか。 でも、全体的には進化していると思います。 そんな時代の変化の時期だからこそ、その波に乗るために、 マヤ暦を意識してみるといいと思います。 マヤ暦でいうと、流れは「起承転結」。 これは日本神話にも通じるところがあると、 個人的にはとらえています。 でね。 人生のステージを上げていくプロセスとしては、 「起承転結」。 その中身をそれぞれ細かく見ていきましょう。 【起】 まず動く。 いっぱい体験する。 「足し算」の時期です。 このステージでは、 とにかく色んな事をやってみることが大事。 自分の本当にやりたい事かどうか?ということを 考え込んでしまって、 「答えを見つけてからでないと行動できない~」 なんて言い訳せずに、 自分のやるべきことかどうかとかは一旦保留