高齢者の居住安定確保プラン(東京都)

「高齢者の居住安定確保プラン-基本的方針と実現のための施策-」(2018、東京都都市整備局住宅政策推進部住宅政策課)。 このプランは、高齢者の居住の安定確保に向け、住宅施策と福祉施策が連携し、総合的・計画的に施策を推進するための基本的な方針と実現のための施策を示すというものです。住み慣れた地域で、なるべく長く生活できるような地域包括ケアシステムを確立するのに、居住の重要さを思わせてくれるプランです。 そのための取組は4つあります。 取組1:高齢者向け賃貸住宅・老人ホームなどの供給促進 取組2:高齢者向け住宅などの質の確保と高齢者の入居支援 取組3:地域で高齢者を支える仕組みの構築 取組4:高齢者の居住の安定確保に向けたそのほかの取組 私が注目するのは3つ。 取組2内の「終身建物貸借制度の運用・普及」(高齢者が終身住み続けられ、家賃の前払いが可能な先の制度の普及を図り、高齢者の終身にわたる居住の安定を確保する)。 同取組2内の「家賃債務保証制度の普及・啓発」(民間企業などが入居者の家賃債務などを保証するサービス)。 取組4内の「高齢者の資産を活用し

小規模多機能居宅型介護事業所の魅力を教えてくれたヤタベさん、

(勤め先について) 昨年までの勤め先は、小規模多機能型居宅介護事業所です。 小規模多機能は、 利用者、家族が中心となり、「通い」や、必要な時は「泊まる」ことも可能で、また自宅などにヘルパーが「訪問」することも可能な事業です。 職員は介護職が主です。介護福祉士・ ヘルパー2級等を持つスタッフや、資格取得を目指して学習しながら働くスタッフもいました。他、看護師や専属ケアマネジャーなど15名前後の人数でやっていました。私は、管理者やケアマネジャーとして働いていました。 看護師も常駐しており、主は利用者の健康管理ですが、時には介護業務も担っていただきます。 利用者の方は 一人暮らしの高齢者(日中独居)の方が多かったです。平均介護度でいうと2.5から3、軽度者から中重度の方まで対応しておりました。また、特別養護老人ホームに入れるほどの介護が必要な状態でも、小規模多機能を使いながら自宅で生活するという方もいらっしゃいました。泊まれる機能があるので 、申し込みの順番が来るまで自宅で待ちながら小規模多機能の支援を受ける方がいました。事業所のある地域は特養の入居待