今夏2020年、オリンピックイヤーの江ノ島に、大型デジタルサイネージ一体型のビーチハウスが登場!

江ノ島の目線を独占できるマーケティングツールとして期待。 サイトジャック株式会社(本社:東京都杉並区、代表者:山田 拓人)は、日本を代表する海水浴場『片瀬江ノ島海岸東浜』にて2020年7月1日(水)~8月31日(月)の間、江ノ島で初の試み且つ、唯一となる大型デジタルサイネージを採用したビーチハウス『the pink』をオープンします。 場所は毎夏約100万人の来場者数を誇る日本を代表するビーチ、片瀬江ノ島海岸東浜。「片瀬江ノ島駅」から江ノ島方面に向かう導線上にあり、バス停留所の「江ノ島」及び「江ノ島海岸」の真下、江ノ島海岸東浜に向かうビーチ利用客のみではなく、江ノ島に向かう観光客の目にも止まる好立地となっております。 また、江ノ島海岸東浜の対岸に位置する江ノ島ヨットハーバーでは、東京オリンピックのセーリング競技が行われるため、インバウンドマーケティングツールとしての利用も期待できると考えております。 今まで以上に多様性の重要性が問われる、オリンピックイヤーの今年。『これからの海の家』をテーマとし、「愛と気遣い、優しさ、配慮、自己受容」などの意