家で暮らす。 バリアフリーの工事が完了しました。

仕事ではありませんが・・・。9月から実家の介護が必要な父のために段差解消などの工事をしていたのですが、完成して父も家に戻って来たので、連休に様子を見に帰って来ました。 寝室近くにトイレを設ける、父の生活空間を広げるため車いすでの移動がしやすいつくりにする、を目的にした改修です。床は杉無垢フローリングを張っています。 さあ、2人がどんな風に暮らし始めたかと見に行くと、まだ慣れないところもあるけれど移動に対するストレスが減って安心、無垢板フローリングが気持ちいい、物が整理できてスッキリした、などとても満足そうです。 父はまだ改修した家の環境に慣れていないので訪問リハビリの理学療法士と家の中での動き方や使い方を訓練しながら生活をはじめています。自分でできることはやろうと頑張っています。母は自分の動きが楽になったし、父が車椅子で移動できるので安心して生活できると言っていました。 当初2人だけの在宅生活に不安しかなかったけれど、今は気持ちが少し前向きで思っていた以上に楽しそうにしている姿を見て私も安心ししました。 環境を整えるって本当に大事だと、つくづく実