1月『スドウのガレットデロワを描く♪』

1月は予約困難でもやは幻のお菓子となっている、松陰神社前の大人気店ブーランジェリースドウのガレットデロワをご用意し、描きました! ガレット・デ・ロワはフランスの伝統的な新年のお菓子で、毎年1月6日の公現祭をお祝いして家族で切り分けて食べられます。 中にフェーヴ(陶器の人形)が一つ入っています。人数分で切り分け、フェーヴが当たった人は1日王様・王女様として祝福を受け、その年一年を幸運に過ごせるといいます。 お教室ではじゃんけんで勝った人から一切れずつ選んで頂き、描いてから食べました! なかなか盛り上がる楽しいガレット・デ・ロワです。 今年のフェーヴは缶やスニカーをモチーフにした陶器が入っていました。 スドウのガレットデロワは太陽をモチーフにした生命力を意味する模様。 とても細かく見ただけでインパクト大!!その技にため息が出ますよねー。 描く時も細かくてため息が出ちゃうんです(笑) 毎年どこを描いてるかわからなくなります💦 下書きの時に焼き色がついてる部分を軽く鉛筆で塗りつぶしておくと分かりやすいようです。 ダマンドクリームもたっぷりで濃厚なのが

11月『ブラウベルグのブレッツェルで年賀状制作』

今月は白金高輪のベッカライ ブラウベルグさんのブレッツェルをモデルに年賀状制作をしました♪ ブレッツェルはドイツを代表するパンでドイツのパン屋さんの看板にもなってますね。 このパン、どちらが上向き??かで悩みましたが、14(木)のレッスンではハートになる形で描きました。 16(土)のレッスンではこちらの向きで〜!結構雰囲気変わりますよねー。 和柄のモチーフをご用意して、構図、どんな和柄を配置するかは自由でお好きに描いて頂きました。 いかがでしょ〜! 皆さんそれぞれでとっても楽しいことになりました♪ 細かい柄や文字は時間オーバーでしたが、ご自宅に帰ってまたゆっくり描き足して頂ければと思います。 どんな年賀状が届くかお正月が楽しみになりました! パンはランチ用にパストラミーサンド1/2、堅焼き塩バター、キャラメルポワールデニッシュをご用意しました! ブラフベルグさんはライ麦のパンやチャバッタ、バゲットとハード系もとても充実したお店ですが、クリームパンやチョココロネなどもとっても美味しく、ドイツ系の焼き菓子もたくさんあり、外人さんからお子様まで楽し

出張レッスン@maricopain『ダッチベイビーとポーランド食器を描く』

鷺沼にご自宅兼アトリエを新築された寺岡さんの #maricopain へお邪魔しました!  いつもパンばかりですが、、今回はこんな感じでダッチベイビーとポーランド食器を描きました! 可愛いでしょ〜🎶 しかーし描くのはとっても大変でした💦 (↓は生徒さんの作品) 皆さんにはお好きな食器を選んで頂き、構図等自由です。たくさん描くの大変!と思われた方は食器は少なめで。少なくても可愛いですね。 まずは下絵を描き、ペン入れ、それから透明水彩絵の具で色付けです。色つけに決まりはありませんが、今日は柄がたくさんあるので、まず影を描きました。 器物の影を先に描いておき、その後柄の色を入れていきます。 たくさん描くと大変なので(笑)ダッチベイビーは半分に見切った構図で! 細かいので皆さんかなり集中!途中疲れてきて、お腹も空いたので #ダッチベイビー を半分頂きました!美味しい〜!! 今回はナッツとはちみつをかけたものを作って頂きましたが、他のアレンジでは生ハムや野菜をのせても美味しいそうです。紅茶も美味しかったー。 ヒョウ柄の食パンに卵サラダを挟んだサンドもご

10月『ブロートハイムのロデヴ』

秋はロデヴが似合う季節〜♪という事で、知る人ぞ知る名店、みんなが大好きな明石シェフのお店「ベッカライ ブロートハイム」のロデヴをご用意して描きました! パン・ド・ロデヴを一人1/2個ずつお配りしました。構図は自由です。私はスライスした1枚と一緒に描いてみました! 大きな気泡が特徴的ですね〜♪ 下のクロスの柄を描くと穴が空いてるのよくわかるようになります。穴の影もお忘れなく! 焼き色がしっかりしているので皮は思いっきり濃くしてくださいね。 背景はクロスを巻いてる感じにしてみました。手持ちのハンカチなどをくちゃっとあてがった見て、全部その通りではなくて良いので、部分的にサイズに収まるようにうまく取り入れて。クロスの柄に出来上がりの雰囲気がずいぶん変わりますね。 いかがだっでしょうか〜? ロデヴはハムとチーズのシンプルなサンドイッチも美味しいですよ♪ 残りはお家で美味しく召し上がってくださいねー。 その他、秋山のベストチョイスは! 注文してからクリームを絞ってくれるカンノーリ、モーンブルダー1個、ねじねじしたロデヴフリュイ1本、6(日)はフランスあんぱ

9月『コントラストのベリーのタルト』

昨年秋に大岡山にできた新しいパン屋さコントラストさんのパンをご用意しました。 亀井シェフと奥様と二人で営まれている小さなお店ですが、いろいろ美味しいパンのあるお店です! 水彩でぼかしの手法を使って描きたかったのでベリーのタルトをモデルに選びました! 夏にパイナップルのタルトを頂きとっても美味しかったのですが、この時期はもう終わってました。描くのはベリーのタルトの方が簡単かな?食べるのはまた来年のお楽しみです(笑)。 ペン入れでは形がしっかりあるものは描き混んでおきます。 色付けはベリーとクランブルの部分は水を多めにして色をぼかしていきました。 水が乾くと色が混ざらないので、あらかじめ入れる色を何色か作っておき、色入れます。 色が混じり合うのは見てて楽しいですねー。 コントラストさんの店名など入れて、上手に出来上がりました! その他ご用意したパンはカレーパン、バルーン、フロマージュ(1/2)、フリュイ1/4本 バルーン(三っつに分かれてるの)はシナモン味で他店にはなかなかない感じのほんのり甘いパン♪ カレーパンは焼きカレータイプでフロマージュは何種

8月『ショウパン アルチザン ベイクハウスの北欧シナモン』

今月は平山翔シェフにお願いし、オススメのパンを送って頂きました! あんバターのブレッツェルが描きやすそうだったのですが、この暑さ💦室内でもバター溶けちゃいそうだったので、北欧シナモンを描きました。 まずは鉛筆で軽く下書きをした後、細か〜くペン入れします。 ここまで描ければ、後はささっーと色付けです。 ショパンさんの素敵なロゴも描き、影を左に多めに描きバランスをとって完成! 形が複雑なだけに、どこを描いてるか?わからなくなり、、なかなか皆さん根気がいる作業でした💦しかし細かい絵は出来上がりがやはり素敵ですよね。 お疲れさまでした!! 描き終わった方からお楽しみのランチタイム〜! 持ち帰ると溶けちゃいそうなのであんバターブレッツェルは食べて帰ることをオススメ! スパサラ秋山特製です。コーヒーはいつもの星乃珈琲さんの織姫♬ 奥の大きなパンがカントリーブレッド、左の黒パンがライ麦畑でおひとり1/4カット、 シナモンロールはひとつずつお持ち帰り頂きました。 どれも違うタイプのパンで美味しかったです。ハード系は北欧風にスモーブロー(オープンサンド)がオス

7月のレッスン『ルニークのクロワッサン』

今月はルニークさんのクロワッサンをモデルにしました! ホテル出身の大橋シェフのお店で、お一人で丁寧なパン作りをしています。 クロワッサンもとても綺麗な成型!! まずはシャーペンで下書き。この日はかじったところを描きました♬ だいたいの下書きが終わったらペン入れ。その後、消しゴムで鉛筆線を消してみて、足りないところがあればさらに描きます。 特徴あるところは二十線に濃くしておくと絵にメリハリが出ます。 透明水彩絵の具で色つけします。まずは薄い色をざーっと。 その後思い切って濃い色を入れていきます。 仕上げに一番初めの薄い色をもう一度入れて出来上がり! お店のロゴも手書きで入れました。 もう1日は縦イチで一番描きやすい構図。ポストカードのような可愛い仕上がりになります♬ クロワッサンは形が難しいのですが、皆さんとても綺麗に形がとれています(パチパチ) 全体的にどれも美味しいルニークさん!本当は土曜日限定(14時上がり)のロデヴをご用意したかったのですが、時間が合わなかったので、バゲット、レトロバゲットと食事系を食べて欲しいなとご用意!こちらは秋山特製の

6月のレッスン『トリュフベーカリーのカントリーライとブラータチーズ』

輸入食材の会社が母体のトリュフベーカリーさん!お店の奥には生ハムの塊や直輸入の珍しいチーズなども並んでいます。お店でお勧めされた、カントリーライブレッドにブラータチーズをのせ、オリーブオイルをたら〜り、ブラックペッパーをガリガリとかけて食べたのがとっても美味しかったので、それをイラストにしました! オリーブオイルの瓶は形がきちんとしているので、形をとるのが難しいですね。ちょっとの歪みにも気をつけて描きます。縦と横の瓶の長さを考えて形をとります。パンにブラーターチーズをのせてたのがメインなのでそれは大きめに。右はトリュフベーカリーさんで売っていたブラータチーズのかわいいパッケージです。(上記写真のイラストは描き途中) オリーブの実をころころと並べると絵に動きが出て可愛いです♪ 構図は自由です。要素が多い場合はセレクトして描いて頂いてOK! 私が用意した資料も参考にして頂き、素敵に出来上がりました。結構描く要素多いかったですが、今月も頑張りました! たまにはパン以外の食材描くのいいですよね〜♪ トリュフベーカリーさんで私的にイチオシなのがいちごのサ

5月のレッスン『ラ・ヴィ・エクスキーズのいちごとピスタチオのデニッシュ』

今月は可愛いデニッシュを描きたいなと思い、経堂のラ・ヴィ・エクスキーズさんのいちごとピスタチオのデニッシュをモデルにしました! いちごの形やデニッシュの層など形がわりときちんとあるので、描きやすいかな?と思いご用意しましたが、意外と難しかったようです(苦笑) ポイントはまさにいちごとデニッシュの層で、形をきちんとペンで描きます。 色付けは気分で〜(笑)私は影から描き始め、皆さんからなぜ??と。 答えは影から描きたい気分だからでーす(笑) 描くのは気分が大事です!(マジ) うまく描けるわ〜〜!と思うことが大切(マジ) 皆さん思い込みで描いてみましょ〜!!(笑・イヤマジ!) 皆さん細かく描けていますね!ショップカードがピンクだったので、ピンクをポイントにした方などアイディアがあって良いですね。 奥の大きなパンはルヴァン・オ・フリュイ・セック。ライ麦にピスタチオといちじく、プルーン、アプリコットが練りこまれたパンです。戸村シェフがオススメしてくれました! その手前の穴の空いたパンが人気で、リュスティック生地にいよかんとユズとチョコ、ピーカンナッツが練

4月のレッスン『馬場FLATのタルティーヌ』

今月は英字新聞とかわいいショップカードを利用してコラージュに挑戦してみました!! 構図を決め、絵の部分をくり抜いて、新聞を貼ってからくり抜かれた部分に絵を描いています。英字新聞をキリバリ、キリバリ〜♫自由に制作してもらいました。 それぞれ個性が出て見ているだけで楽しいですね。 お題のタルティーヌはチーズやトマトなど形がしっかりしていないので、ちょっと難しかったかもしれませんが、頑張りました。色が鮮やかなので見栄え良いですね。 意外かもしれませんが、一番上にふりかけているバジルが仕上げのポイントです! 丁寧に描くことにより絵が締まりますよ。 馬場FLATさんはミルクフランスがとても人気のお店なので、もちろんミルクフランスもご用意しました! フランスパン生地なので食べやすいように、カットが入っている心遣いも嬉しい♪ 明太フランスも同じく人気商品(1/2個のご用意)。 お写真撮り忘れてしまいましたが、、これまた人気の角食パン1枚と、ラスク1切れご用意しました。角食パンは程よい水分量で、生でもトーストでも両方美味しい絶妙なお味!!中島シェフのセンスを感じ

3月のレッスン『レフェクトワールの緑オリーブとチーズのバゲット』

日比谷シャンテにあるル・プチメックさんのパンをご用意しようと思ったのですが、予約ができなかったので、渋谷〜原宿の間にある同系列で同じパンを焼いているレフェクトワールで焼いたパンをご用意しました。 レフェクトワールはサンドイッチやスープ、美味しいパンが食べられるカフェですが、パンの販売もあります! モデルには緑オリーブとチーズのバゲットをご用意しました。数枚カットして並べ、絵に動きがでる構図としました。オリーブとチーズの色味がポイントになるので、丁寧に色つけします。オリーブは断面は少し薄く、側面は濃いので描き分けてください。 お店のロゴをプリントしたものを切って貼りつけたり、マスキングテープに白ペンで文字を書いたりして仕上げました。今月はわりと描きやすかったかなと思います。 ​ その他ランチ用にはスモークチキンとスモークチーズの大葉風味サンド1/2個、クロワッサン1/2個、キャラメルクリーム1/2、キャラメルラスクをおまけでご用意しました。 秋山お手製サラダは春らしくスナップエンドウとササミ、トマトのマヨネーズサラダをミモザサラダっぽく仕上げました

2月のレッスン『ノアンの高級食パン』

福岡・糸島のブーランジェリーノアンさんよりパンを送って頂き高級食パンを描きました! 白糸酒造の酒粕、またいちの塩の炊塩、ミルクプラントの伊都物語、東福製粉の糸島小麦と地元糸島産の材料で作られたプレミアム食パン「ITOSIMA」をどどーんとお一人一本ご用意しました! スライスした所も描きたかったのですが、少し難しい構図になってしまうので、今回はそのまま描きました。いつもは、きちんとした形でないものが多いですが、食パンはしっかりと長方形の形なので、長方形の立体物を綺麗に描くという勉強も兼ねて、レッスンしました。 台形にみえたり、遠近感が逆だったり、なんだか??? となった場合でも一度手を動かして描いてみると、どこがおかしかったのか、一緒にみていくとわかるようになります。まずは描くことが大事ですよね! ​ 皆さん上手に描けたかと思います。 今回は形さえとれれば、色つけは難しくなかったかと思います。 パンが単純な形なので、「ITOSIMA」の素敵な紙袋の柄をパンの下に敷いた感じで描きました。柄はクーピーで描いて、はじき絵の手法で水彩でブルーを色つけしまし

1月のレッスン『ブーランジェリースドウのガレットデロワ』

毎年1月は新年にふさわしい、ガレット・デ・ロワをモデルにしています。 大人気で年々手に入りずらくなっているブーランジェリースドウのガレット・デ・ロワを今年もご用意できました!10(木)はプレーン、12(土)は栗をモデルにしました。 表面のカット(レイエ)の柄はいろいろあり、スドウはパワー溢れる太陽の模様。 これ手でカット入れてるかと思うと凄すぎですよね!! しかも100台ですもんね〜。。。 美しい柄とバリッと焼きがあったパイ生地が特徴ですが、描くのも大変💦 途中どこを描いてるかわからなくなります💦💦 フェーヴは食べないと出てこないので、手持ちのものを持参頂き、添えて描いてみました。 今年はスニーカーやキャップのフェーヴが入ってました。 ​ 以前は王冠を添えて描いたりしたので、その時のイラストなどもお持ちして、お好きな構図で真似て描いて頂きました。 ​ カットサイズが大きかったので半分はその場で召し上がり頂き、半分はお持ち帰りに。10(木)はその場でフェーヴが出てきたので出た方に王冠を冠せてみんなでお祝いしました! ​ その他イベリコ豚の入っ