2019年ありがとうございました。

今年も今日で最後ですね。 昨日今年最後のセッションをさせていただき仕事納めでした。2019年皆さまにとってどんな年でしたか?私は山羊座なのですが、「山羊座土星期を本当にいろいろ頑張ったね。」と褒めてあげたい一年でした。 星読みをする方には、私「山羊座がいっぱいの山羊座」なのです。とお話するとここ数年大変だったでしょう!と言われますが、まぁ天地がひっくり返るようのことがいっぱいありました笑 ですが、未来創造セラピスト協会を立ち上げ自分の理念が明確になり、私自身の魂の志、私自身の魂が向かいたい方向へと「星が力を貸してくれたのだなぁ。」そんな風に思えるようになった今日この頃です。 2020年は、山羊座に冥王星と土星と木星が重なる「トリプルコンジャンクション」自分の才能を使って社会に何ができるのか?を常に問いながら邁進していきます。 2019年私のセッションや講座を受けてくださった皆様、私を仲間として助けてくださった皆様、私に新しい可能性を見せてくださった皆様、ご縁を頂いた全ての皆さまに心から感謝いたします^_^ ありがとうございました。 今日から1月3

皮膚は第3の脳である。

昨日の記事の補足 自分を愛する方法の一つに 「愛してると語りかけながら撫でる」 「細胞に愛を語る」事をオススメしました。 「自分の肌に触れる」大切さを少し詳しく書きますね。 皮膚は、たたみ一畳分の大きさ、重さ約三キロ――皮膚は人間の最大の「臓器」であり、色を識別し、電波を発信し、情報処理を行う「表皮細胞」感じるだけが皮膚の仕事ではなく、皮膚は脳にも匹敵すると言われいます。 脳がない生物はいますが、皮膚がない生物はいません。 どんな生物も皮膚(肌)から周りの環境(温度や気配)などを感じ、危機管理をして生きていくための判断をしています。 寒いとコートを着る。 暑いと脱ぐ。 当たり前のようですが、 これも皮膚「肌」が受け取った情報により判断しています。 これも人間が持つ「危機管理能力」です。 あっそうそう、 歩いてて足の小指を何かにぶつけたことってありませんか? あれは、足の小指って いつも靴の中で小さく収められていて「のびのび」できていないため、自分のお役目を忘れて退化してて意識が小指に向いてないのでそこにあるものを感知できずぶつけてしまうそうです。