Search

デザインの「センス」の正体をデザイナーの僕なりに推察してみました。

世の中の通説として不思議に思うのが「センス(もしくは才能)があるからデザインできる」と思われている謎の感覚です。美術にも似たような感覚を日本中が持っている気がするのですが、デザインやって早10数年の僕としては、この通説がさっぱりわかりません。センスや才能ではないと思うのです…。 そもそも「デザインはセンス」と思われだしたのはいつ頃か? 僕の考えうる限り、「デザインは才能」みたいな考えが出てきたのって岡本太郎の活躍なんじゃないかと考えています。(あくまで僕の予想であり、真偽はわからないので世間話くらいにお聴きください)岡本太郎は「芸術は爆発だ」の言葉で有名で、破天荒な行動、ダイナミックな作品で相当インパクトがあって尚かつ当時の「アーティストと言えば」の代表格だったんじゃないかなぁと思います。この方を見れば「あっ、絵を描くって普通の人じゃ無理だ。特別な感覚やセンスの持ち主がやる職業だろう。」と思われても納得がいきます。岡本太郎の活躍した時代に僕は生まれてないのでなんともわかりませんが、この感覚を今現在まで引き継いでいるのではないかという気がします。

はっきり言おう、媒体は大事だ!

僕のようなデザインを作っているデザイナーだと、つい「デザインは大事だ!」と言いたくなります。無論まわりのデザイナーも「デザインは大事だ」と思っている人がほとんどというか、全員だと思います。そもそも「デザインなんかどうでもいい」というような人が倍率がそこそこ高いデザイナーになりませんし…。 ただ盲点になっていると思うのはデザイナーは作ったデザインが掲載される「媒体」にあまり詳しくないケースが多いということです。大手代理店のデザイナーならば大きな媒体を扱ったり、媒体専門の職種があったりするのでちょっと違ってくるのではないかと思っていますが、中小の代理店やデザイン事務所なんかだと媒体に興味を持つタイミングがないように思います。そこで自分への戒めも含めてはっきり言います。 「媒体は大事だ!」 もう間違いないですね。どんな大事な主張も凝ったデザインも、まずは多くの人に見てもらわなければ始まりません。伝わりません。そしてある程度の人数に見てもらわないと反応率がわからないので、人気だったのかそうじゃないのか次回以降に活かすための数字も分析できません。とても良い

雑貨ブランドはデザインを通して「世界観」を伝えるのが重要

実は僕もネットで雑貨を販売しています。(とても小さい規模ですが) イラストをTシャツなどの布製品にプリントして販売しているのですが、商売として難しいと思う反面、デザインは自分で全て作れるのでそこはとても強みだなぁと思っています。理由は以下2点に集約されます。 1.世界観が作れる 雑貨なんかだとかなり大事だと思っています。世界観がないと「100円ショップの物でいいや」と思われますし、世界観がしっかりしていると多少値付けが高くても買ってもらえます。若者向けアパレルブランドなんかがわかりやすいです。Tシャツのボディはユナイテッドアスレとかプリントスター製で、大体どこのブランドも同じ物を使ってるので原価は同じですが、Tシャツにプリントするデザインやロゴが入ったタグ等で販売価格が大きく異なってくる。いかにブランドの目指すライフスタイルや伝えたいことの世界観が重要かわかると思います。個人的に雑貨の世界観として「アフタヌーンティー」はうまいなぁと思って参考にしてます。世界観の作り方とSNSでの発信、店頭POPが他よりもうまいと思っています。他にもアパレルのロン

デザインを経営に役立てるために

「デザインをカッコよくしたけど全然売上は変わらなかった」「デザインにお金を払って一体どのくらいのリターンがあるのか?」こういう話を聞く機会が増えたように思います。多分この手の話は担当者レベルより中小企業の社長やフリーランスの方のほうが切迫してお話しているように思います。 僕も職業としてデザイナーをやっているのでこの話を聞くと「何を言ってるんだ」と思う反面、確かに売上が上がらない事例もあり肩身が狭く感じている面もあります。昔は僕も若く経験がなかったので、こういう話をされると「デザインをやったこともない、わからない人達が推測で話している」と思ってましたが、僕も独立して社長やフリーランスの方とお話していると納得する部分もあり、果たしてデザインは会社や経営にどう貢献できているのだろうと真剣に考えるようになりました。現在その答えは出ていませんが、現時点での僕の思うことを書いていきたいと思います。 (デザインが経営や会社にどう役立っているのか) 1.すぐに売上が上がったりしない。 デザインを取り扱ったことのない方だとどうしてもデザインを変えれば売上がすぐに上

クラウドソーシングで作ってもらったデザインが満足できなかった発注者の方達へ

中小企業や個人の方が「HPを作ろう」「チラシを作ろう」と思い立って人に頼む場合、頼み先としてまずクラウドソーシングの利用が候補にあがると思います。発注した事のない「デザイン」という未知の商品に対して、安くてネットで気軽に依頼できるため利用しやすさはダントツです。頼んだ方も相当多いと思いますが、出来上がったきたデザインに納得されたでしょうか?実はデザインに納得されてない方もいると思います。周りにも「安かろう・悪かろう」で認識している方が結構多く、個人的にもそのように認識しています。 そして僕はデザイナーという職業をやっているので、原因がどこにあるのかよくわかります。今回はその原因と、ではどうやったらデザインレベルの高いデザインを依頼できるのかを書いていきます。 デザインが良くなかった原因2つ (原因1) 制作側はデザイナーとして誰でも登録できる。 まずはこれです。クラウドソーシングのサービスだと名前などの個人情報と過去に作った実績さえ載せれれば誰でもデザイナー登録できるので「デザイナーです」と言いながら、実は全然デザイナーではない人が名乗ってること

これはダメ!デザイナーに依頼する場合にやらない方がいいこと3つ

「デザイナーにデザインを依頼するのがはじめてです」という方結構いらっしゃいますが、はじめてデザインを依頼する際にやらない方がいいことって実は結構あります。それを知らないと仕事を進める上で高い確率でデザイナーと不仲になったり、完成品がイマイチ納得できない物になって「あのデザイナーはなんだ!」となります。 でもデザイナー側から見ると違うんです。それはデザイナーにデザインをさせないような指示だったり成果が出ないような内容だったりしてデザイナーから見ても「あそことのおつきあいはちょっと…」となってるケースがあります。 今回はそういった不幸を避けるための付き合い方を書いていきますのでこれからはじめてデザイン頼むよ!って方、参考にしていただけると幸いです。 やらない方がいいこと1. デザインを決めて打ち合わせに望まない。 デザインを作るのはデザイナーの仕事です。 これ、まずはこれ。何はともあれこれです。とても大事なことです。はじめての方だと「何かイメージを持っていかなきゃ!」みたいにプレッシャーを感じて、デザインを考える方もいらっしゃいますが大丈夫です。イメ

自社商品がある企業にデザインをおすすめする理由。デザイン業界の人間から見たら羨ましいぞ。

ここ数日改めて感じたことで商品のデザインはやっておいて損はないと思いました。 「商品」というのでパッケージデザインを想起するかと思いますが、それだけではなくて広告用のメインビジュアル作っておいて、それをHPとかパンフレット、チラシ、ポスターなんかで展開したりとか、あとはキャンペーンビジュアルも作っておいて損はないと思います。 なぜそう思ったかというと「コスパがいい」 それに尽きます。 あくまで僕のようなデザイナーやってる人間からの視点ですが、とにかく羨ましいくらいにコスパがいいです。自社商品って頻繁にリニューアルしたり先月アレがなくなって今月コレが入ってみたいな毎月商品が入れ替わる物ではないと思います。(たまにそういう業態もあるかもですが)1回発売すると何年か、ロングセラーになれば10年以上販売できる物もありますが、長期間販売できるって言い換えれば「1回発売すれば同じ物をいろんな人にずっと売ることができる」ってこと。これがとにかくデザイナーから見て羨ましい。 翻ってデザイナーや広告業界はどうかというと、こちらは1回1回毎回デザインを作り続けます。

キャンペーンのデザインを作るとき、ここに気をつけて作って!

商品を扱う企業、イベントで稼ぐ企業、どちらもキャンペーンやると思います。ハロウィンとかクリスマスとか季節に合わせて。その時必要になるのがキャンペーンビジュアル。大企業だと今回はこのキャンペーンビジュアルを作る時に「ここを気をつければ良いビジュアルできますよ」というポイントを書いていきます。 ポイント1. コンセプトにきちんと沿ったビジュアルですか? まず一番大事なところから。よくありがちですが制作途中で面白いアイデアを思いついて、それにこだわり出したりしてませんか?コンセプトに沿ったアイデアなら問題ないのですが、そうでない場合思いつき優先になってしまって最終的な完成が「あれ、こんなこと言いたかったんだっけ?」だったり「結局何がしたいんだっけ?」となることがあります。訓練されたデザイナーなら「思いつき」「正しいアイデア」「コンセプト」をきちんと理解できますが、そうでない場合は判断が非常に難しいです。面白い!と感じた思いつきのアイデアに走らないように常に「何を伝えるキャンペーンビジュアルなのか」コンセプトを念頭に置いて何度も見直すと良いです。わからな

企業がデザインを使うタイミングでベストなのはどこ?

デザイナーだと「ここはデザイン使った方がいい」という力の入れどころが自然とわかるのですが、その感覚ってデザイナー以外にはわかりにくいようで、今回は僕の思う「デザインを使う力の入れどころ」についてお話したいと思います。 デザインで力を入れるべきはズバリ「良い製品やサービスができた時」だと思います。この良い製品やサービスができた時に製品ならパッケージデザイン、サービスなら告知用のポスターやwebサイトに使うメインビジュアル、両方に共通するのはロゴや商品紹介パンフレットですかね。これらを作ると良いと思います。 ではなぜ「良い製品やサービスができた時」がデザインを使うベストタイミングなのか? これには理由があってデザインというのはビジネス上の「拡声器」の役割だと考えているからです。「拡声器」とは何かというと出来上がった良い製品・サービスをまだ認知されていないターゲット層に向けてお伝えする役割がデザインです。本当は役に立つけど知名度がないばかりに知られていない、また消費者は売り込まれるのを嫌うので知ろうともしない人達に向けて「良い製品ですよ、あなたの役に立

企業はどの段階からデザインを使い始めるのか?

企業って創業時はどこも小さい規模だと思います。その時はデザインにかける予算もないと思いますが、大企業になると不思議とみんなデザインを取り入れてます。むしろ大企業でデザインされてない広告物を出す企業ってないのではないでしょうか。じゃあ一体どのタイミングでデザインを取り入れ始めるのか?今回はそれを考察してみます。 (タイミングその1) 周りの企業がちゃんとデザインしてる これはかなりあると思います。自社の競合企業がみんなきちんとデザインされた商品を販売してたりとか、イベントでも告知のweb,ポスターが魅力的なデザインで表現されていたら「あっ、負ける。」と直感的に気づくと思います。今まで商品力だけで戦っていた市場から広告戦略まで交えた新たなステージに突入です。自力で創業した方はこういうことになると思いますが、ベンチャー企業だと起業前の事業計画書の段階で広告計画も組んでいて、それに伴う予算も申請してるところもあるのでこの限りではないです。 (タイミングその2) 経営者が自分で気づく これもあると思います。本やネットの記事でデザイン系の記事を見て「うちもデ

デザインってビジネスで役に立つの?グラフィックデザイナーが効果の出るデザインのあり方を説明します。

「それ、意味あんの?」デザインというと心の中でこう思われてる方、結構いるように思います。 そこで現役のグラフィックデザイナーである僕が思う、効果の出るデザインのあり方を書いてみます。 1.デザインを使って「いきなり大人気になってめちゃくちゃ売れる。」はほぼありません。 デザインにあまり関わったことのない中小企業の方がよくこう思われてますが、実際かなり難しい話です。いきなりめちゃくちゃ売れる前に、そもそも良い製品だったら最初からそこそこ売れてるわけで…。現実的にはうまくいく場合も徐々に認知度が上がっていくとかそんな感じが多いように感じています。デザインを取り入れるなら中期的に考えてほしくて、毎月とか商品発売の度にとか継続的にデザインを取り入れて効果が出る感じです。わかりやすく言うと特効薬と言うより漢方薬といった感じですね。ただ、例外もあって「良い商品なんだけど、今までうまくターゲット層に認知されてなかった」みたいな場合はデザインの力でどーんといく場合もあります。稀なケースですが…。あとテレビCMなんかだと割とどーんといきますが、これはデザインの力と

風船ってすごい!撮影で子どもらしく・楽しい雰囲気が出ます。

子ども向けイベントの様子を撮影する時に「なんか物足りないな…。」ってことありますよね。そんな時に風船を使うと雰囲気を出すことができます。僕も過去の撮影で使ったことがありますが大変重宝した思い出があります。 【風船の使い所】 1.物足りない感じをカバーすることができる まずはこれです。現場が十分楽しそうに見えても、実際に撮影するとなんとなく物足りないことがあります。その際に風船を子ども達に持ってもらうとそれだけで十分楽しく見えてきます。不思議ですがこれだけで印象がだいぶ変わってくるのでオススメです。その際風船は何色か混ぜた方がより効果が出ます。 2.子どもらしい雰囲気が出る 風船自体が子どもが持っているイメージがあるからでしょうか。風船を使うとそれだけで子どもらしい雰囲気の出る撮影ができます。なんとなく渋い写真になっている、子どもっぽくないという時にぜひ使ってみてください。効果てきめんです。 3.子ども自体も楽しんでくれる 写真を撮る時に子どもが不機嫌になることもあると思いますが、そんな時も風船を渡すと遊んでくれるのでそれで良い表情の写真を

告知だけにデザインが必要なわけじゃない。PRでのデザイン活用のススメ。

「デザイン」というとすぐにwebサイトだとかポスターなんかの広告を思い浮かべると思いますが、僕はPRでもデザインを使うのをおすすめしています。特にプレスリリースとクラウドファンディングでのデザイン活用はとてもおすすめしています。 プレスリリースもクラウドファンディングも事業やサービスの説明が主体になるので基本文章で説明する必要があります。しかし文章だけとなると「どんな事業か?」は理解できますが「事業の魅力」まで伝えるのは難しいです。そこでイベントロゴやメインビジュアルの画像を載せるとかイメージ写真を取り入れるとパッと「見た目」で内容が伝わるようになります。 この「見た目」こそが重要で、説明的文章だけだと「こういうことやります」という内容だけが伝わりますが、デザインを使って事業がこうなりますよと可視化してあげることで「楽しそうなイベントやるんだな」や「面白そう!」といった感情のイメージが伝わります。この「楽しそう」「面白そう」の感情の部分こそ人間が行ってみよう・使ってみようの原動力になることが多いので、ビジネス色の強いプレスリリースもクラウドファン

こどもに喜ばれるデザインを作るには。

いつもはデザインの効果だとか集客のためにといったブログを書いていますが、今回はこどもに楽しんでもらえたり喜んでもらえるデザインとは何かを考えてみたいと思います。幼稚園・保育園はイベントが多く、こども向けのイベントを開催する企業もチラシやら飾りつけやらする機会があると思います。そんな時にこうすれば楽しんでもらえるよ!というポイントをお伝えします。 まずは大定番ですが、イラストや写真を大きく扱いましょう。 こどもは大人より絵や写真などのビジュアルでデザインを見てることが多いです。理由はまだ習ってない漢字が多いので読めない部分もあるというのもあると思いますが、やはり感受性で受け取る部分が多いように思います。なのでイラストや写真は重要。ただ、イラストや写真を大きく使うだけでなく、面白いと思う部分を誇張して見せるのが効果的だと思います。例えばカブトムシの写真を使うのならば、遠目に引いたカブトムシではなく、できるだけ寄って下から見上げる感じの写真でカブトムシの背景が出るようにする。そういった工夫で「面白い」と感じてもらえます。 次にチラシなどで遊んでもらう遊

自分達の活動を知ってほしいと思ってる真面目な団体ほど、ぜひともデザインを使ってほしい。

自分達の活動を知ってほしいと思ってる団体や会社はぜひともデザインを使ってほしいと思っています。特にNPOとか真面目に社会を良くしようと思っている団体ほど使ってほしいと思ってます。得てして予算がなかったり、デザイナーとやりとりした経験がない等の理由で自分でHP作ったりチラシを作ったりするところが多いように思うのですが、正直やっぱり素人の作ったものだと魅力に欠けることがほとんどです。 NPOなどの活動内容は知れば面白いことも多く、その面白さをいかに引き出して伝えるかがデザインの役割だと思うんですが、未だに多くの人が「デザイナー=絵を綺麗に作る人」だとか「見栄えだけ気にしてる人」と認識しているのが残念です。良いデザイナーほど切り口や見せ方もしっかり考えて「どういう風に見せれば活動内容を多くの人に興味をもってもらえるか?」をしっかり考えてデザインを作るので、本来NPOとか学校系の真面目な団体ほどデザインと相性が良いというのが僕の印象です。 上記の内容をしっかりやって成果を出しているなと思うのがシブヤ大学です。 (参照:シブヤ大学) シブヤ大学は特定非

学校案内を作る時は表紙や最初の見開き(2、3ページ目)で理念や学校の特徴を出そう!

保護者の皆様へ配る学校紹介や、そこまでいかなくてもちょっとしたチラシなんかを作る時のデザインの組み立て方のご紹介です。ごくごく基本的なことなんですが、タイトルにもある通り、表紙や最初の見開き(2、3ページ目)で理念や学校の特徴を出していきましょうということです。 1番最初に学校の理念や特徴を持ってくる理由はズバリ「保護者に選ばれるため」です。学校案内みたいな冊子って子供の学校生活の様子だとかどんな活動しているかだとか、1日の時間割が載ってたりしますが、学校が選ばれる1番の理由はやっぱり特色になります。他の学校とはここが違う、この部分を特に重要視した教育をしているという学校の「個性」にあたる部分が他校との差別化に繋がり選ばれやすい要因となっていきます。 保護者の方は学校案内を1校だけ見て決めることは稀で、大概何校かを見比べながらどこにしようか決めていると思います。そうなるとどの案内も載っていることは似ているので決定要因が理念や特徴に必然的になっていきます。よって1番大事な理念や特徴が表紙や最初の見開きといった1番目立つところに来るわけです。 それで