胸は張らない方が良い・ちょっとしたイメージとコツ

あけましておめでとうございます! 今日からレッスン始めてます。 2020年1発目のFIはいつも来てくださる常連さんだったのですが、年末くらいから左肩がなんだか硬くて腕を動かすのが難しいそう。 もともと頸椎症で左腕にしびれや動きにくさのある方なので、なんかの拍子に悪化したかな?と少し心配したのですが、レッスンの前に動きを見ていると、左の肩甲骨がやたらと後ろの内側に寄っている感じ。 レッスンで胸郭、肩甲骨あたりの関係を探索しながら、最後に立った時の姿勢のイメージの仕方を一緒に確認すると概ねスッキリして動きやすくなりました。 年末年始でいい姿勢をしようと意識する場面が普段以上に多かったみたいで、その中で胸を張る=肩甲骨を内側に寄せるイメージが強くなりすぎていたみたいです。 (首は良くも悪くもいつも通り) いわゆる猫背の方に「胸を張れ」(=肩甲骨を内側に引き寄せる)みたいな声かけをされることが多いですが、これってほんと逆効果です。 猫背や前屈み姿勢は、肩甲骨が外に開いているのではなくて、上にあがっている状態。ついでに言うと鎖骨は下に下がってしまっています

頭蓋骨と背骨のつなぎ目・うつ伏せのレッスン

毎週FIを受けてくださっている長いおつきあいのクライアントさんが、ここのところうつ伏せのレッスンにはまっていて毎週やっています。 (うつ伏せのCカーブのレッスンです) 病気の後遺症で体が緊張して硬くなってしまいやすいのですが、うつ伏せで片脚を引き上げた体勢になるとぐっと伸びて気持ちがいいらしく、毎日ご自宅でもやっているそうな。 そしてレッスンの終盤には「腕を嗅ぐ動き」のATMのムーブメントを毎回やっています。 というのも(これも病気の後遺症ですが)このクライアントさんは眼振があり、首の動きがかなり制限されがち。 腕に沿って頭を動かす比較的シンプルな動きですが、頭蓋骨と背骨の間の関節(C0ー1)、首と胸の境目のあたり(C7Th1)の動きがうまくいくようになりとってもスッキリするそうです。 特に頭蓋骨と背骨の境目は、病気や障がいがなくてもとても緊張してしまいやすいところ。 いい姿勢をしようとしすぎて顎を引きすぎている方や、反対に猫背で頭が前に出てしまっている方、スマホの見過ぎなど、習慣によって本来の支えやすい位置関係からは外れてしまった場所に居がちな

痛みにどう関わる?・体のイメージ・その②

前回の続きです。 ぱっと見なんだかCRSPっぽいな〜とすら思えた高齢の女性の方。 FIを進めるとみるみる変化が。 骨盤や背骨を動かすことで肩の関節に動きが起こるように働きかけ。 特に痛みもなさそうだったので、今度は痛みのない左手で、右腕から手にかけてを何度も触れてもらいます。 他人に触れられることにはとても過敏で強い痛みが走っていたのですが、自分で触る分には大丈夫な様子。 ちょっと動かしてみてもいいかな〜と思い、左手と右手で指を組んで、左手でリードしながら両手を胸に乗せたり降ろしたり。 そうすると本人も大丈夫と思ったのか、ご自分でだんだん大きく動かすように。 軽く万歳できる範囲は動かせていたので、今度は組んでいた指を離して、前倣えの状態で腕を上げていきます。 これも大丈夫。痛みもほぼない様子。肩の関節もきちんと動いてます。 「結構動かせそうですよね〜」なんて話をしながらこの日のレッスンは終了。 最後に起き上がり座った状態でもう一度試してみると、バンザイできるくらいにはスムーズに。手の腫れや赤くなっていた色味も引いて、指も動くように。 3ヶ月ほど動

できること・できないこと②

前回に引き続き、股関節の手術(人工股関節)をされた方へのレッスンの話。 今回はお風呂編です。 人工関節を入れてから「またぐ」動きを難しく、1度も浴槽に入れていなかったそう。 そのため冬になるたび何度も風邪をひいていたそうな。。。 はじめは足も全然上がらない状態で、確かに難しいな〜といった感じでした。 爪切りの場合と同様に、手術した股関節の可動域はそれ以上大きく広がりそうにない様子。 ということでレッスンでは、手術した脚を持ち上げる時に、反対側の股関節の動き、上半身の動きを使ってより動かせる範囲を広げていくというアイデアで進めてみました。 浴槽内のイスなど福祉用具もいくつか導入しつつ準備を進めて、寒くなってきた先月から無事浴槽に入れるようになったそうです。 ご本人は本当に嬉しかったようで、お会いするたび丁寧にお礼を言われます。 (頑張ったのはご本人なんですけどね) 爪切りにしろ、お風呂の動きにしろ、本来は病院のリハビリの仕事だよな〜、、、と思わないこともないのですが、 こういった「できないことができるようになる」場面に立ち会えるのはとても嬉しいです

できないこと・できること

1年ほどコツコツとレッスンを続けられている方のお話です。 80歳近い女性の方で、3年ほど前に股関節の手術(人工股関節置換術:THAってやつですね)を受けられてから、脚の付け根(股関節)を動かすのが難しくなり、足の爪切りができなくて困っていたそう。 また、お風呂で湯船に浸かるのも浴槽をまたぐ動きが難しくて3年間ずっとシャワーで過ごされていたそう。 しかも担当のDrに相談すると「風呂なんか入らんでいい。シャワーで十分」と言われたそうな・・・ 上記2点をできるようになりたいとのご希望でレッスンを受けられるようになりました。 股関節の手術を受けると痛みは取れるのですが、どうしても関節の動く範囲(可動域)に制限が出てしまいます。 この方の場合も術後年数が経っていたこともあり股関節の周りはガチガチで、その部分の大きな変化は難しい様子でした。 が、動きを観察すると、脚を動かす時に骨盤や背骨を全く動かしていない感じだったので、座って脚を持ち上げる時に骨盤を後ろに、背骨を丸める動きを一緒にできるように進めていくことで爪切りはできるようになりました。(数回レッスンし

右目と左目・目の動きと全身の動き

いつもレッスンに来てくださるゴルフ好きのクライアントさん。 先日打ちっ放しに練習しに行かれた時に、隣のレーンでレッスンプロがレッスンしているのが聞こえてきたのだそう。 「スイングする時どっちの目で見てる?右?左?」 「左で見る方が頭が残ってうまくスイングできるでしょう」 などなどの話を盗み聞きして無料レッスン状態(笑)だったのだとか。 試しに左目で見るようスイングすると、いつもよりうまくいったそうです。 「でも左目で見るようにするとどうしても肩に力が入るんですよね〜」 とのことで、この日のレッスンのテーマは目の動きとスイング動作でした。 仰向けで目・頭・背骨と腕のつながりを探索して、最後はATMのレッスン5の動きをやってみました。 (写真は違う方ですが) この「レッスン5」は腕や足を傾けながら背骨(胸椎)のツイストする動きを探索していくレッスンですが、特に上の写真にある「手を合わせて腕を傾ける」動きはゴルフやテニスなんかにとってもいいと思うんですよね。 この日は右目で見たり、左目で見たり、両目で見たり、指先を追いかける目を変えながら動きを繰り返す

自分の体が自分のものになる・不安と安心

フェルデンクライス、自分が初めて受けてからだとかれこれ9年くらい前からいろんな形で関わってきているのですが、いまだに知らない人に言葉で伝えるのが難しい。。 僕よりもクライアントさんからいただくお言葉が、とてもクリアに表現している時があってハッとさせられます。 昨日クライアントさんとやりとりしていて頂いたご感想。 以下、原文まま 「フェルデンクライスは、手術した、ケガした方にすごく親和性があると思います。 そうなる前の身体との違い、その人にしかわからない不安が軽くなります。 心身ともに。 本当に、感謝しています。」 病気をしたり、怪我をしたり、歳をとったり… なんとなく自分の体がしっくりこない、不安感や不快感を抱えている方は多いですね。 僕自身長年悩んでいた体の不調がフェルデンクライスを通して大きく改善したのが、ぐっとのめり込んでいく一つのきっかけになりました。 4年間のトレーニング中にトレーナーから受けたFIで、言葉ではなく触れられている感触や動きから「大丈夫」と言われているような深い安心感を感じれ、とても感動したのを鮮明に覚えています。 自分の