がん教育の先にあるもの 〜がんは家族独自のストーリー〜

平成28年4月に文部科学省より提示された「外部講師を用いたがん教育ガイドライン」に目を通すと、11頁から13頁にある「配慮」という項目に対して大きな疑問が沸きました。もちろんがん教育(外部講師を用いた)を行う上で「配慮」の対象になるのは、小児がん経験者、小児がん患者の生徒、また、家族、主に親などの身近な人ががんの治療中、または経験者、そして当方のような遺族、ということでした。 ガイドラインの中には、前述のような対象生徒に行う「配慮の例」として数項目、数行にわたって記されています。しかし、この「配慮」を「誰に」「どうやって」「配慮」するのか、ということこそ、どんなかたちのがん教育をすすめる上でも、学校で行おうとするそのがん教育の目的や意義になると考えています。 生徒さんにとってその時間の重みはそれぞれです。 ひとことに「がん教育」と言っても、今や様々なアプローチがありますが、大きく分けて、例えば中学生に医師が正確ながんの知識をふまえたがん教育をする場合と、がんのサバイバーの方がお話しする場合とあります。またその両方を組み合わせているパターンもありま