9月定例会がようやく終了!

9月27日、夜の8時過ぎに、ようやく9月定例会は閉会となりました。全ての懸案に決着をみましたので、遅くなりましたが、ここまでの本定例会での経緯を報告致します。 【9月18日、総務建設委員会】 委員会が始まる5分前に急遽、各会派の代表者が召集されました。「開会5分前になって、急遽大阪維新の会から、議運でも賛成頂いていた、タブレットの導入に関わる補正予算に反対したいとの申し出がありました」との事。一度、議会運営委員会で全会派から異論も出ず、決定した事項です。もちろん、9月5日の議会運営委員会には、現在の代表も出席されておりました。そして前議会から数年間、議会で話し合い、検討を重ね、私達議会からお願いして予算化された事案です。反対されるのは結構ですが、そうであるなら議会運営委員会でその機会がありました。そして当日になって、また委員会が始まる5分前での反対。議会での反対の仕方があります。議運での申し合わせ事項の第11項に「議員は、委員会において決定した事項を順守しなければならない」とあります。これに明らかに反します。各派代表者会議では、どうして議会のルー

皆様にご報告があります

皆様にご報告がございます。この度、私、竹嶋修一郎は大阪維新の会を離れる事となりました。竹嶋が大阪維新の会に所属しているからこそ、応援して頂いていた方もたくさんおられる事と思います。まずはここまでに至った経緯を、お伝えいたします。 守口市議会 本年9月定例会におきまして、西端勝樹守口市長が上程された条例案に対して、守口市支部での話し合いで議案に反対すると決定していたのですが、それに反し、本会議での議案の可否を問う裁決の場面で、退席致しました。 支部の決定に従わなかったことが、支部の規則に反するだけでなく、党則にも反するとの事で、離党するように勧告され、それを受け入れる事と致しました。今回の処分の方法や内容について、今でも全く理解できませんが、不毛な争いを続けても、市民に迷惑をかけるだけだと判断し、この勧告を受け入れる事に致しました。 今回私たちが退席しました議案は、私たちが大阪維新の会の議員団として、西端市長とともに進めてきました、廃棄物処理業務の民間委託の最終の案件であります。前期の4年間で甲斐議員と共に、積極的に進めてきた「官から民へ」のまさに