新入社員が辞める前に会社ができることは、認めてあげること

新入社員研修が終わって、みんな配属されて新社会人として頑張ろうとしているところで、会社員の一人にはなっているけど、今一つ打ち解けない感じ。様々な性格が集まっている。研修で習ったばかりのマナーや言葉遣いを気にしすぎている子の緊張感が伝わってくる。失敗を恐れすぎて、なかなか前に踏み出せない子がいる。職場の人に興味がなさそうな子もいる。どうやってこの子たちをまとめるのだろう。 誰でもが持っている感情 どんな性格でも、一つの共通点がある。新入社員に限らず、すべての人にある共通点と言っても過言ではない。それは、「誰かに自分のことをわかってもらって認めてもらいたい。」恥ずかしがり屋、社交的な子も。素直な子も、反抗的な子も。自信のある子も、ない子も。誰か自分のことをわかってくれる人が欲しい。 職場での新入社員の感情 職場においては、その子たちを理解することは次回の課題にして、今回はその子たちを認めることにしよう。まず、認めるにはその子たちの立場から物事を考えないといけない。上司だけではなく数年の先輩でも、入社当時の気持ちを忘れている人が多い。思い出そうとしたら