ほんまにうまいもん届けたい、それだけでええやないか

今日は、打ち合わせと面談の為に東京へ行きました。 予定していたことが終わり、ひょんな流れで目黒店の営業に入ることに。 4月にオープンしてから、未だ苦戦気味の目黒店。 それでも、スタッフ総出の販促効果もあったのか、 今日は満席のご予約をいただいていました。 とても戦力になれるレベルではありませんが、 それでも、活気のある店内での仕事は、 やっぱり楽しいものです。 お客さんの会話の中にも、 「この人参生でも甘くて美味しい!」 「牛蒡は今年はまだ出ないんですか?」 などの嬉しいお言葉もいただきました。 でもはっきり言って、 店としてのレベルはまだまだ低すぎました。 大根の火入れ、こんなんじゃないやろ 料理上がっているのに、誰も持っていかない、冷めてまうやん いろんなこと思って、直接言ったりもしました。 いや、みんな頑張っているんです。 それは、事実として間違いなくそうだと思う。 でも、圧倒的に足りないものが一つだけあると思います。 僕はそれは「意志」だと思う。 「ほんとうに心から美味しいと思ってもらいたい」 そう思うだけで、やることは山ほどあります。