PAPSメルマガ vol.86『第5回ぱっぷす活動報告会・“身バレ”ってどういうこと?”基本知識から深いことまで』

2020.2.8(土)18:30~20:30まで2時間、東京ウィメンズプラザ・第1会議室にてぱっぷすの第5回活動報告会を行いました。事の外寒い夜にもかかわらず80名定員の会場はスタッフを含めて満席で盛況でした。ご参加の皆様に厚く御礼申し上げます。 「性売買の現場からの#MeToo」というタイトルで、➀過去の映像が本人の承諾なく勝手に二次使用され、新たなドキュメント作品になって売られている問題、②一刻も早く自分の性的画像を消したいという願いが多いので、消す方法はあるというメッセージ、③しかし、性被害を受けた事実は消せないので、その後をどう生きるかの課題 の3つの柱でぱっぷすのスタッフによるリレートークを行いました。 ◎ぱっぷすとの関わりと、15年間の見てきた性的搾取の現実・・金尻(理事長)の話 若いスタッフや新しい支援者が増えていることを踏まえて、初期のころから関わっている金尻理事長に個人的体験を交えて話すことでぱっぷすの今までの経過を大急ぎでお伝えいたします。 「忘れもしない2004年12月26日の夕方、AV撮影で出演女性に重傷を負わせた監督が逮

PAPSメルマガ vol.85 ※昨日のメルマガ85号はURLが間違っていましたので、訂正し再配信します。 『撮影中止求めたその“言葉”は、AVの中では本来の意味を置き換えられて“セリフ”になってし

韓国のハンギョレ新聞では、昨年10月からslap(スラップ:ビシッと引っ叩く)というメディア・チャンネルを始めました。 slap(スラップ)では、10代から20代の女性たちを対象にジェンダーイシューに対する映像コンテンツを制作し、ユーチューブで公開しています。 昨年12月、ぱっぷすはslap(スラップ)のインタビュー応じ、その動画が2020.1.31に公開されました。 ぱっぷすをインタビューした企画意図は以下のように韓国の男性が受け止めている日本からのAVに関してファクトチュエックをしたいということでした。 『韓国の男性は、韓国に比べて開放的で規制の少ない日本の性文化に憧れ、先進国に例えて日本のことを「性進国」と呼んでいます。 特に、日本の成人雑誌やAV、セックスドールなどは、日本の性産業を代表する象徴といい、韓国のオンラインコミュニティ「男初」では、これに関する根拠のない噂が多く流されています。私たちは日本に直接訪問し、成人雑誌、AV、セックスドールを中心にこのような噂が事実であるかをファクトチェックし、日本の性産業が日本の女性の人権にどんな影

PAPSメルマガ vol.84 ぱっぷす活動報告会開催のお知らせ 2020年2月8日(土) 性売買の現場からの#MeToo

NPO法人ぱっぷすは、ポルノグラフィの制作・流通・消費などを通じて、あるいはその影響を受けて生じているさまざまな人権侵害や性暴力の問題に取り組んでいます。2013年頃からアダルトビデオの中で凄惨な性暴力被害に遭った方たちへの相談窓口を開設し、以来、アダルトビデオのみならずリベンジポルノや盗撮等々へ被害相談の幅が広がり、現在の相談累積数は700件を越えました。皆様からのご支援を財源にして、日本国内から性的搾取を無くすために、日々様々な課題に取り組んでいます。 「性売買の現場からの#MeToo」 1「過去の裸の映像がかってに使われた」 20年以上も前のVHS時代の性的映像が本人に無断で二次使用されドキュメンタリー映画になって放 映された 2「もう誰にも見られたくない―方法はある」 ぱっぷすでは、相談者からの依頼で動画・画像の削除要請をしている 3「被害のその後を生きるための力を」 相談者の方々の被害回復を目指した心理カウンセリングチーム発足に向けて始動 【開催日時】:2020年2月8日18時30分~20時30分 【場所】:東京ウィメンズプ

PAPSメルマガ vol.83 ポルノ出演強要 女性たちへ1,300万ドルの支払い命じる(2020.1.4ワシントンポスト紙配信)

1月4日、アメリカのワシントンポスト紙の配信により、私たちにとってはビッグニュースを知りました。若い女性たちを騙してAVに出演させたポルノ会社を相手取って、被害女性たち22名が損害賠償を訴えて、裁判所がそれを認めたという内容です。 以下記事の全文をご紹介します。騙しの手口、その後の被害の状況、彼女たちの願い等ふだんぱっぷすの相談室で聞いていることばかりです。 カリフォルニア州の判事が、女性たちを騙して動画撮影に応じるように仕向けて彼女たちの人生を狂わせ、そのうち何人かを自殺未遂にまで追い込んだとして、ポルノ制作会社に22人の若い女性たちへ1,300万ドル(日本円にして約13億円)支払うよう仮執行を命じた。 木曜の仮執行命令は、サンディエゴを拠点としてポルノを制作し、サイトからのユーザー登録と他のアダルトビデオサイトから数百万ドルの利益を上げているガールズ・ドゥ・ポルノ社の経営者たちに対して、女性たちの数年におよぶ法廷闘争の結果下された。問題の会社は別の刑事事件でも、経営者と社員らがアメリカ国内での性目的人身売買の罪に問われている。 ガールズ・ドゥ

PAPSメルマガ vol.81 資金難です! 金銭的なサポートを! 毎年、年間3,000円(月額250円)でサポートして下さる方が5,000人必要です!

ぱっぷすの相談支援事業はおかげさまで繁盛しています。 この仕事を支えているのは、“ひと”です。相談窓口を設けて以来6年に渡って相談に携り続けて培ったノウハウを持った“ひと”が育ち、ぱっぷすの活動を支えています。 もはや、ボランティアだけでは支えきれないほど相談ニーズが多く、生活を保障したソーシャルワーカーが主軸になっています。 とってもレトロ(というとなんだかロマンティックな雰囲気ですが、来て見てびっくり、なかに入ってみてびっくりする)な事務所を借りて相談支援・社会啓発・実体調査の事業の拠点としています。 現在、常勤2名、非常勤2名、削除チーム3名、ボランティアのソーシャルワーカー6名(専門のスパーバイザーを含む)の体制で運営しています。大きな課題は人件費です。助成金で人件費をまかなうのは極めて難しい。 年々相談を寄せる人は増えおり、昨年の新規相談者は120名でしたが、今年(2019年)は12月19日現在で149人です。毎月10件以上の新規相談がありますから、今年は年末までは確実に150人ほどの新規相談が寄せられるでしょう。 AV絡みの相談が約6

PAPSメルマガ vol.80 ・・・2019年12月3日 緊急院内集会開催 AV出演強要―被害をなくすための法制化が急務― 被害者のなまの声・・・

衆議院第2議員会館にて、ぱっぷす、ヒューマンライツナウ、ライトハウス3団体共催で「AV出演強要―被害をなくすための法制化が急務」と訴える緊急院内集会を開催し、衆参両院の議員の方々、この問題に関心を持つ活動家や一般市民、当事者、区会議員など地方自治体議員、メディア、AV業界の方々など多岐にわたる参加者で50名定員の会議室が満杯になりました。国会議員の方々にはお見えになった都度ご挨拶を頂き、一致して法制化の方向で努力し頑張って行こうとの励ましを受けました。まず、冒頭で串田誠一議員より「削除等法整備にしっかり法整備に取り組んでまいります。」、途中で塩村あやか議員より「人権の問題として取り組んでいます。」とのご挨拶を頂きました。 また、三団体からは、それぞれの活動を踏まえて取り組みの状況や今後の課題とすべき点の指摘がありました。 今回の緊急集会で特筆すべきは被害当事者が実体験を率直に語って下さったことです。彼女は、匿名で話すと断りをした上で、時に感情が高ぶったように言葉を詰まらせながらも抑制を効かせて、でも、切々と気持ちを伝えてくださいました。メモを取っ

PAPSメルマガ vol.79 《緊急院内集会 12月3日(火) 10:30~11:45》 ・・・AV出演強要  被害をなくすための法制化が急務・・・ 衆議員第2議員会館第2会議室

現在、18~20歳前後の⼥性からアダルトビデオ(以下AV)出演に関する被害相談が急増しています。業者のみならず個⼈がスマートフォンを使って誰でもがAVを制作・配信できてしまうことから、全く規制が機能していない状況があります。若年⼥性の⼼理を巧みに利⽤し、無知や恐怖に乗じてAVに出演させている深刻な事態です。 国の取り組みでは4⽉を被害予防⽉間とした啓発キャンペーンも3年⽬を迎えました。公明党に引き続き、⾃⺠党内でもAV出演強要問題を考えるプロジェクトチームが出来、⺠間⽀援団体を含めて真剣な議論が始まっています。 ぱっぷすに寄せられているAV関連の相談は相談窓口を設置(2013年)してから既に300件を超えています。寄せられる相談の最も高いニーズは、拡散している動画・画像の削除です。そこでぱっぷすでは、動画・画像削除チームを結成して、削除を希望する方の要望に応えようとしています。無修正物など違法なものを削除する仕組みは既にありますが、ただ流されているだけの動画・画像を削除する法的根拠は希薄なので、プロバイダなどには“削除をお願い”をしている状況です

PAPSメルマガ vol.76 第4回活動報告会の様子について

今年度はじめての、通算第4回目の活動報告会を8月31日(土)渋谷区男女平等参画センターアイリスにて、18:30から20:30までの2時間行いました。告知期間が短かったにも関わらず定員30名のところ34名の方が参加してくださいました。若者から年配者、職域、所属団体等かなり広い範囲からの参加者で心強いと思いました。毎回の報告会では当事者の方も参加されています。 前半は、支援員の岡が「若年女性が被害に遭わない仕組みを考える」というテーマで、現実に何が起きているかを中心に話しました。どのようにして被害に遭ってしまうかを知っていることが最大の防御になるからです。相談者から聴き取りした内容を個人が特定されないように細心の注意を払いながら、若者たちがどのような機会に、どのような話術や“えさ”につられて、自分の性的画像を送ってしまうか、あるいは、AVなどに出演してしまうか、これは危ないなと気が付く時もあるけれども、その時にはもう巧妙に断れなくされてしまうその実際などを語りました。事務局として後ろで聞いていても、思わず聞き入ってしまう迫力がありました。実際に数百人

PAPSメルマガ vol.71 ぱっぷすの相談面接の流れについて

ぱっぷすは、性的搾取のない社会を目指してアドボカシーや啓発活動を行っていますが、活動の大きな柱となっているのが、相談支援です。 ぱっぷすには様々な性被害に係る相談が寄せられていますが、相談支援を開始するときに最初に行うのが面接です。基本的には、直接ご本人さんに面接をしています。 その面接とはどのような流れになるのかと相談者さんから質問を頂いたので、今回のメルマガでは、その面接の流れについてご紹介いたします。 〈ぱっぷすの面接の流れ〉  ぱっぷすでは、人と人とが直接出会うことで生身の感触でしか伝わらないことがあると考えていますので、相談を寄せて下さった方たちにはできるだけ直接お会いしてお話を伺うことにしています。初めてお会いしてお話を伺うことを初回面接といいます。 相談したいとメールや電話、LINEなどでアクセスしてくださる方たちは、アクセスにいたるまで、アクセスしてぱっぷすから返事があった時、面接当日の朝、とその都度、次々と不安がよぎります。見ず知らずの、どんな人柄かも分からない、第一信頼できるかどうかも分からない人に、今まで誰にも相談でき

PAPSメルマガ vol.70 AV出演強要被害をなくすための法制化を求めて

2019年5月8日に、参議院会館にてヒューマンライツ・ナウ、人身取引被害者サポートセンターライトハウス、ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)の3団体共同でAV被害問題に関する法律の制定を求める院内集会を開催し、ぱっぷすは、相談の現況と課題を報告しました。以下が、その報告内容です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ぱっぷすはアダルトビデオ(以下AV)の撮影に関連して性的な被害を受けた方々のための相談窓口を開設してから6年経ちます。 ぱっぷすに寄せられている相談から見える概況と課題をお伝えします。 現在、18歳から20歳前後の⼥性からAV出演に関する被害相談が急増しています。これらの相談から、若年⼥性の⼼理を巧みに利⽤し、無知や恐怖に乗じてAVに出演させ、事業者は莫大な利益を得ている実態が可視化されてきました。 <なぜ彼女たちは撮影を断れないか> 相談者の多くは、これまで本当の意味での「悪意を持った人」に出会ったことがないのではないかと感じます。ほとんどのAVは、男性向けに販売されるビデオであるため、被害女性はどのように拡散するのか、事

PAPSメルマガ vol.67 弁護士はAVプロダクションの弁護をしてはいけないか

結論から言えば、いけないことは全くありません。何人も平等に法的な保護のもとにおかれるべきであって、AVプロダクションの行った民事訴訟だから弁護してはいけないということはありません。AVプロダクションにも弁護されるべき当然の権利があります。この基本を前提として、ぱっぷすを支援している方(以下、支援者といいます)が行ったAVプロダクションの弁護を引き受けた弁護士に対する懲戒請求の経緯をお伝えします。 2015年9月に東京地裁で下されたAV問題に関する判決は、AV問題をAV出演被害として社会に広く認知されるようになった画期的な裁判でした。ある女性が、もうAVに出演したくないと言ったら、プロダクションは、それは契約違反だ、だから、損害賠償金を支払うか出演するかと迫りました。女性は両方とも拒否しました。プロダクションは、女性に2460万円の損害賠償を求めて民事裁判を起こしました。この裁判は女性の勝訴になりました。(詳しくは、「賃金と社会保障 2016年1649・1650合併号参照。ぱっぷすでコピー(出版社の了解のもと)を頒布しています) それまで多くの女性