検索

人はなぜ「孤独」なのか?その1

こんにちは。あさりん店主浅野です。 少しく躓いているうちに「熱い暑い夏」もあっという間に過ぎて、もはや冬になってしまいそうな今日この頃いかがお過ごしですか? 昨日テレビをぼんやり見ていたらイモトアヤコが結婚するとか言ってました。お相手は一緒に世界を回ったり登山したりしていた番組ディレクターとのこと。それをみて店主は驚くよりも「やっぱりね」とある確信を深めましたよ。 というのもここ半年ぐらい「人はなぜ孤独なのか?」あるいは「孤独を感じるのか?」ということをずっと考えていたんです。そして、それに伴って「友達ってなんだろう?」ってのも。 結論から言うと、人の存在の本質は「記憶=メモリー」だということです。そしてそのメモリーのデータはその個人に固有のもの、一つとして同一のものはないということです。 人は生まれてから死ぬまで様々な経験をして、様々な感情を覚え、それを記憶して頭の中に積み重ねていきます。その記憶の蓄積こそが「その人の人格」そのものだと思うわけです。 そう考え始めたきっかけがあります。 今年の春先、定休日にやたら温泉に行ってのんびり過ごすことが

「息継ぎ」大事!

こんにちは、あさりん店主です。 関東方面は台風で混乱しているようですね。被害に遭われた方々へお見舞い申し上げます。幸いここ東北の地は台風の直撃に会うことが少なくて助かります。特にあさりんのある加美町は天災が少ないようです。まあこれから地球規模の天候異常が続けばどうなるかわかりませんが。 さて、台風といえば海、海といえばシュノーケンリングです(無理やり感)。 20代の頃某地で3日と空けずに海に潜っていた頃がありました。もうレジャーとかいうんでなくて酒のつまみを採りに行くって感じで。いわゆる「採集生活」ってやつですね。縄文時代みたいなことで。 「仕事はどうしてたんだ?」って話になると長くなるので別の機会に譲りますが、まあそういうわけで海に潜って魚や貝をとってはみんなで酒を飲んだりして暮らしていたわけです。 で、海面を泳ぎながら海底近くのそれらしい岩陰なんかを目指すわけです(詳しくは濱口の「とったど~!」ってやつ見てね)。獲物を目指してドリャッって頭から潜っていくのね。 ところがそこが陸棲生物の悲しさ、もう少しって時に息が続かなくなるんですよ。そこで欲

こんにちは。あさりん店主です。

初めてお会いする方「はじめまして」。ずっとお付き合いいただいている方々「毎度ありがとうございます」。 ふぅ、やっとサイトの公開までたどり着きました。前々からサイトを作ろうと思っていたのですが、なかなかイメージが固まらなかったり、別のことで頭がいっぱいだったり、単純に忙しかったりでできませんでした。 今回なんとかサイト公開までこれたのは大きくは2つの要因があります。 1つは「ビジョン思考」という考え方、もう1つはサイト作成サービスの進化です。 「ビジョン思考」って言うと難しそうですけど、簡単に言うと「とりあえず何かしら形を作って、それからごちゃごちゃといじって形にしていく」というこです。 漠然としたイメージ(ビジョン)でいいので、頭の中じゃなくてリアルな形にしてみる。それを見てまた考える、形を変える。そんなやり方です。これだと、とにかく動きはじめられるのでいいんですね。 そうしないと「あれもダメ、これは大変」って頭の中でぐるぐるしちゃって結局億劫になってしまう。それが回避できるんです。 あ、いきなり小理屈こねはじめましたね、すいません。じゃ、続きは