バレエ付きコンサート 『白鳥の湖』〜思う事

10月14日、府中の森芸術劇場でバレエ付き『白鳥の湖全幕』のコンサートだった。 ほぼ一年越しの企画で、バレエ界の大御所、E先生の演出で、コールド(群舞)こそつかなかったものの、主役、主要な 役柄は皆さん第一線の方々、その他メインの数々の踊りはもちろん、情景にまで踊り=パントマイムまでついて、照明もかなり凝った豪華な舞台となった。 このホール、何回かオケでやっているのだが、いつやっても残響がわりと長く、響きが良い。 客席の傾斜がゆるいのと、天井の高さ故か客席がほぼ満員になっても、GPとあまり響きが変わらず気持ちの良い本番になるようだ。 特に、今回はオケピットスペースに踊り用のリノリウム(こいつが音を吸うので、音にとっては強敵。今まで、バレエの生演奏ではいつも苦労してきている)がひいてあるにも関わらず、70人のオケを天反響板の中に納めたお陰で、リノリウムを飛び越えて?気持ちのいい響き方をしていた。 アマチュアの本番、特にウチのオケは舞台に来てから、いつもながら数段、響きが向上する。 これは、普段の練習会場の音環境が悪く、ホールの響きに慣れさえすれば、

始動!音楽監督の作業。

前回のブログでは、来たる10月の白鳥湖全幕演奏会、バレエ付き、の打ち合わせの様子につて報告をしましたが、次の音楽監督の仕事は、譜面のカット割りの決定とMナンバー表作成が練習開始前の最初の仕事になる。 いよいよ音楽監督の作業スタート! 今回は、全曲合わせて40曲近いMナンバーのある全曲版スコアから、振り付け、ストーリーに合わせての曲順の決定とカット曲の選定から。 全曲から約8曲を除いて、32曲の曲順を決定。 それから各Mナンバーごとに、踊り=振り付けのある曲については具体的な曲の寸法、リピート、カットなどを確定し、さらに今回は振り付けのない踊りのナンバーや情景、マーチなどそれぞれのカットを決めていくわけだ。 とは言っても、踊り=振り付けの入る曲については、あらかじめ振り付けの寸法、リピートや間奏の有る無しなどは振り付けのご本人からお聞きしているので、それに従って各パート譜とスコア上の練習番号や小節番号などを確認しながらカットを書き出していく気を遣う作業。 振り付けの無い、演奏だけで聞かせるナンバーについては音楽監督の特権で、歌いながらここは繰り返し