テルウイルス?肺炎、やっと快方へ!

1月半ばに風邪を拗らせたのか、肺炎に。 今、世界中で大騒動になっている肺炎とほぼ時期を同じくしての肺炎、紛らわしい!幸いにも?この時点ではコロナウイルスはまだケニアには上陸?前で、そう話題にもなっていなかった。 ただ、咳の発作と痰、鼻水には本当に苦しんだ。 二日間だけだったけれど、39度の熱も出た。そこで、意外と熱に強い自分を発見した。こちらの病院で処方された薬は効かず、病院を替えようかと思った矢先に、昨年来てくださった女医さんが残していってくださった薬の中に咳止めと痰切り?を発見!それを服用し始めて、やっと回復の兆しが見えてきた。 その間、同時に、頂いていた黒にんにくは欠かさず食べ、時にはハニー入り梅干しをお湯で混ぜて食し、これまた子どもたちの病気の時にと持ってきてくださった、インスタントスープや味噌汁に随分助けられた。 子どもたちには、買って返さねば。 まだまだ、全快とは言えないけれど、随分楽になった。 考えてみると、この症状は2年前から毎年起きている。持病の?肺気腫が関係しているのか、加齢のためか、年々治るのに時間がかかりだしているようだ。