トランクソリューション®

そんな姿勢で?この先何年? あなたの悩み、解決しましょう! 週2回15分歩行を続けるだけで結果が出る! ・姿勢矯正 ・体幹能力向上 ・東京大学が開発 ・医学的に証明された効果 トランクソリューション®を装着して歩行すると! ●正しい姿勢を体で学習 ●体の使い方を脳が記憶する。 ●骨盤を立たせて足が出やすくなる。 ●体が自然に胸パッドに抵抗するから、インナーマッスルが強くなる。 ●正しい姿勢で歩行すると腰の負担軽減に ●身体能力が向上 身体に痛みや障がいのある方、姿勢が気になる若者からシニア世代、アスリートのパフォーマンスアップまであらゆるニーズにお応えします。 従来品コルセットやサポーターとの違い トランクソリューション® 胸を押す抗力に対し、自身の腹部の筋を使って対抗することで体幹を固定 胸が押される力で体幹が伸展し、骨盤が前方向に回転する力で骨盤前傾を促す 歩行訓練などを併用することにより、自身の能力を呼びさまし、歩容改善を促す コルセット(従来ブレイス) 腹部を圧迫する力で固定 姿勢を修正するが、長期使用すると体幹を固定するための腹部の筋力

筋肉ニュース3

心配ご無用! その「おかしいな?」は「筋肉痛」です。 筋トレのあとの「痛い!」「だるい!」「疲れがひどい」という感じ... 実はそれ 筋トレが上手にできた   筋肉が強くなっていく という合図です。 筋肉痛が起こる原因― ●筋肉を動かすと疲労物質の「乳酸」ができ、筋肉が硬くなって炎症や痛みが起こる。 ●運動で筋肉が傷つき、その部分が炎症を起こして痛みが発生する。 など、筋肉痛の原因はいくつも考えられています。 とにかく、筋肉痛は筋繊維が増加、増量して筋肥大が起こり、太くて強い筋肉になる合図。 筋肉に効くトレーニングを繰り返すことで、身体は確実に向上すると言えます。 筋肉痛の治し方 軽めの運動をしよう 血液の循環をよくするウォーキングなどの有酸素運動や、ゆっくりしたストレッチがおすすめ。 黒酢を飲む 黒酢に含まれるクエン酸が乳酸を分解します。レモンや梅干などにもクエン酸は含まれます。 お風呂で筋肉痛を緩和する 冷たい水と熱いお湯を交互に浴びると末梢血管が広がり、筋肉痛がやわらぎます。 良質の睡眠をとる 睡眠時に分泌される「成長ホルモン」には新陳代謝

筋肉ニュース2

知っときましょう!あなたの筋肉量... あなたの筋肉量は大丈夫?チェックリストで確かめてみてください。 先々の人生、 筋肉が衰えたために泣くハメになるか  どうかは、 筋肉減少の兆候に気付けるか  どうかにかかっていると言われます。 さて、あなたはいくつ当てはまりますか。さっそくチェックしてみましょう。 □ 1cm程度の段差や障害物に足をひっかけたり、つまずいたりすることが多くなった。 □ ここ数年、運動らしい運動をしていない。 □ ペットボトルなどのふたを開けるのに苦労するようになった。 □ 歩くスピードが遅くなったような気がする。 □ 長い時間座っていると、いつの間にか猫背になっている。 □ 仕事も家事も疲れやすく、無理がきかなくなった。 □ 片足立ちで靴下をはこうとすると、よろけることが多くなった。 □ エスカレーターやエレベーターを使い、階段はほとんど使わない。 □ 近くのスーパーに行くにも車を利用することが多い。 □ 腰やひざに不安を抱えている。 □ 20代のときより10キロ以上体重が増えている。 □ 流行のダイエット法を試しても、痩せ

筋肉ニュース1

なぜ?どうして?筋肉はだいじなの? 「使うと減る」のはお金、でも「使わないと減る」のは筋肉。 どっちも、減りすぎるのは困りもの。 増やす努力が大事 ですね。 ●人間の筋肉は20歳代がピーク。それからあとは、だんだん細く小さくなっていきます。 なんと年に1%の割合で、じわじわジワジワ減っている! この筋肉量の低下こそ、体が疲れたり、疲れが抜けなかったりする原因なのです。 ●実は、筋肉は体のエネルギーを生み出す工場のようなもの。 その工場の規模が年1%、10年で10%の割合で縮小しているのですから、 生み出せるエネルギーがだんだん減ってくるのも当たり前! ●つまり筋肉量が減るから疲れる。 筋肉量が増えれば、体は「疲れないように変わる」のです。 おまけに筋肉減少をくいとめると、なんと体の老化のしかたまでも変わります。 ●年齢とともに疲れやすくなる...というのがイヤなら、 筋肉量アップに努め、元気な生活ができるだけの筋肉量をキープしましょう。 ありがたいことに、筋肉はどんなに年をとっても増やすことができます。 運動をすれば80代でも90代でも筋肉量が増

緑内障

年齢を重ねていくうちに起こる不調の一つに緑内障があります。最近、とくにご質問、お問い合わせが増えている緑内障、からだラボでは次のような治療方針で症状の改善を目指しています。 緑内障とは、眼房水(眼の組織の栄養液)の代謝が悪くなり、流れ出なくなったり過剰に産生されることによって眼圧が上昇したために視神経が障害される病気です。しかし最近では、眼圧が正常でも視神経や視野に緑内障性の変化をきたす症例(正常眼圧緑内障)が増えており、過半数を占めるほどであると確認されています。 この正常眼圧緑内障でも、有効とされているのは眼圧を下げる治療。しかし原因はいまだに不明で、視神経の障害が進行している場合も少なくありません。 からだラボでは緑内障に対してレーザー治療をご提案しています。 ただしレーザーといっても切開して排水を促進するレーザー手術ではなく、 星状神経節という自律神経に近赤外線レーザーを照射することで目の血流を増やし、視神経障害の進行を抑える という治療です。眼科での点眼治療などと並行して行う、補助的な治療方法としてお考えください。 からだラボでとくにお

自律神経のコントロール

順天堂大学医学部教授小林弘幸先生の、 "なぜ、「これ」は健康にいいのか? 副交感神経が人生の質を決める" を読んで、その内容を一部紹介します。本書は、なぜ自律神経を整えることが心にも体にもいいのか、またそれがなぜ人生をコントロールする事につながるのかと言う事に付いて分かりやすく説明しています。 それによると、「ほとんどの病気の原因は大きく分けて二つあり、それは免疫系のトラブルと血管系のトラブル。そしてこの二つは自律神経と深く関係していて、自律神経のバランスがいい時、体は最も免疫力が高い最良の状態であり、また、自律神経が働くと血管の収縮や弛緩が起こるため、自律神経のバランスが血流の良し悪しを決める。」ということ。 では何を心がければいいのか。 順天堂大学が行った調査によると、体力の低下と副交感神経の低下には相関がみられ、自律神経の力は10年で15%低下するということです。すなわち副交感神経の低下は体の老化につながる。言い換えれば、副交感神経を高めればアンチエイジングになると言う事です。 ジョギングのように呼吸が浅く速くなるような運動は副交感神経のレ

傍神経節刺鍼

鍼の鎮痛機序でその科学的解明に寄与した医学博士木下晴都は、坐骨神経痛に対してその神経の近傍に刺鍼し、神経本幹や血管を圧迫する筋肉に血流改善を促したことにより、その治療効果を飛躍的に伸ばしました。 2寸半(7.5cm)の鍼でで6センチ刺入するこの方法を彼は傍神経刺鍼と名付けました。 並の鍼灸家ならこれで終わる話なのですが、彼はその後の神経生理学的な研究で、なぜ治療効果が躍進したのかを動物実験で科学的に解明しました。 刺鍼された筋肉受容器からの刺激が、反対側の視床下部前部に伝えられ、反射中枢となって 交感神経に含まれるコリン作動性神経を介する体性-自律神経反射によって下肢筋の血流を改善し、坐骨神経痛に著効を与えると解明したのです。 北京堂の淺野周先生は鍼灸古典の「気血が流れなければ痛む。流れれば痛まない」という言葉を、「酸素や血液が流れれば痛まない」と解釈し、木下晴都の傍神経刺鍼を発展させて、3寸(9cm)の鍼を大腰筋に刺鍼し、大腰筋刺鍼と命名し、坐骨神経痛に対する治療効果を益々改善させました。 当院ではその治療効果の高さから、北京堂式鍼灸理論に賛同