Search

「同一労働同一賃金」への具体的対応

前回は「同一労働同一賃金」への対応の手順についてお伝えしました。今回はより具体的な対応について書いていこうと思います。 最初に対象となる短時間労働者、有期雇用労働者、派遣労働者がいるかどうかを確認します。いれば対応が必要です。 まずは短時間労働者、有期雇用労働者のケースについて考えていこうと思います。 正社員に対して支給されている手当、利用できる福利厚生をすべて書き出してみてください。それぞれの手当や福利厚生について1.支給の目的、2.正社員と短時間労働者、有期雇用労働者との間に違いがあるかどうか、3.違いがある場合には違いを設けている理由、を書き出します。同様に、支給される賞与についての1~3を書き出します。 それぞれの目的を踏まえた上で、違いを設けている理由は不合理ではないといえるでしょうか。例えば、通勤手当を支給する目的は「通勤に要する交通費を補填すること」です。支給を正社員に限っている場合にその理由を「短時間労働者、有期雇用労働者は労働契約の期間に定めがあり職務内容が正社員と異なる為」とした場合、目的を鑑みて検討してみると不合理な理由にな

「同一労働同一賃金」が求められる社会的背景と 取り組みの3つの柱

間もなく、2020年4月「短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律」(いわゆる「パートタイム・有期雇用労働法」)が施行されます。これは働き方改革のテーマの1つ「同一労働同一賃金」に関連する法案です。あと2ヶ月、対応はお済でしょうか? 「同一労働同一賃金」の取り組みは3つの柱から成り立っています。 1.不合理な待遇差をなくすための規定の整備 2.労働者に対する待遇に関する説明義務の強化 3.行政による事業主への助言・指導等や 裁判外紛争解決手続(行政ADR) の整備 中小企業への適用は2021年4月からなので1年ほど先延ばしに出来るのも事実。けれども就業規則や賃金規定を見直すには、短時間労働者・有期雇用労働者を含む労使の話し合いが必要ですし、検討の結果、手当等の改善をするためには原資など考慮・検討しなければならないこともあり、かなり時間を要すると思われます。 では、なぜ今「同一労働同一賃金」を政府は推し進めているのでしょうか。 厚生労働省のHPには以下のように記載されています。 「同一企業内における正規雇用労働者と非正規雇用労働

人間は自然の掟に沿って生きればよい

先日、九州大学名誉教授・医師でいらっしゃる井口潔さん(98)のお話を聞く機会を得ました。「教育の荒廃をほっておけない!」というお気持ちを強くお持ちになっており、なんと1時間以上話されます(司会が止めなかったらずっと話されていたかも?)。“白寿の遺言”と称して、生物学的な観点で示唆に富むお話をお聞きすることができたので、共有させていただきたいと思います。 ========================================= 「人間は自然の掟に沿って生きればよい」 自然の掟とは自己抑制のこと。自己抑制とは自分勝手な欲望の抑制。ニューロンが発達する段階で子供のわがままを聞き、我慢をさせていない親が多すぎるので、ニューロンが「わがまま、それでいいのだ」と指示しながら、大脳が作られている。中央の大脳辺縁系(古い脳)が感性、その周りを取り囲む大脳新皮質系(新しい脳)が知性をつかさどる。前頭連合野で統合されて人格が形成されている。知性と感性の素晴らしいバランスによって人格が形成される。温かい愛情の下での凛とした躾(温・凛・厳・畏)によって赤ん坊の

お客様、そして従業員が喜びを感じる瞬間!

商品に関しての問い合わせをしたいと思った時、コールセンターに電話をしようとすると・・・昨今、大きく2つに分別されるように思います。 ホームページを見ても、電話番号が書いていない、もしく非常に階層の深いところにひっそりと書かれている。また、いつ電話してもつながらない、つながってもなるべく早く切ろうとされる等「電話はかけてこないでね」オーラ―を感じる会社 電話を取るまでの時間がとても早く、こちらの目的が達成されても「他にお困りのことはございませんか?」と尋ねてきてくれるくらい丁寧なオペレーターさんがいらっしゃる会社 概して2の会社は「素晴らしい!」という評価になり、その会社のファンになります。1の会社には「なんだかなぁ」という評価になり、その会社のファンになることはありません。 では、なぜ1が存在するのでしょうか?さまざまな理由はあると思いますが「お客さまに会社のことを好きになってもらう < 業務効率を上げる」という意識でモノゴトを考えていらっしゃる会社さんが多いように思います。「いやいや、今どき電話じゃなくて、メールやチャットでしょう!」とのお考え