“生き心地の良いまちづくりシンポジウムin海陽町”に行ってきました!

8月25日、海陽町役場で開催されたシンポジウムで岡檀先生の基調講演を聞くことができました。2年ほど前に新聞で「旧海部町が自死の一番少ない市町村」という岡先生の文章を読んでから先生のことは気になっていました。 意外なことに、関係が密なコミュニティーほど自殺が多いのだとか。なぜでしょうか。そういえば毎日会う友人には深刻な悩みって言い辛いですよね。でも、たまに飲みに行く寿司屋の親方(なんて具体的"(-""-)")には何でも言えたりしませんか?ちょっと違うかもしれないけれどそんな感じじゃないかな? 「旧海部町では赤い羽根募金が集まりにくい」これも意外です。やさしい人が多いだろうと思うのに…みんながやっている募金だったらやらなきゃって思いませんか?でも旧海部町ではやらないんだったらやらなくても何にも言われない、何とも思われないらしいです。いろんな人がいた方がいいというスタンスです。 「一度目は、こらえたれ」じゃあ二度目は許さない、ではありません。一度くらいの失敗などはいいんじゃないの?というおおらかな感性です! いいなぁ… これぞ、子育てには絶好の土地柄だ

登記を自分でやってみる…その3

いよいよ、登記が大詰めです。 前回は、怖い書類を渡されて「成人の方だったらどなたでも構わないので、2名に署名・捺印してもらってください」と言われ帰ってきたところで終わりました。 もちろん一人は母です。早くしたかったので郵送でやり取りする弟以外の近くの方に依頼。一人からは断られましたが、二人目でOK。 申請書類を書留で送ったのが4月中旬。あんまり遅いので、5月のGW明けに法務局に電話。 「申し訳ありません。遠いのでまだ行っていません」 「抵当権の設定をしないと、業者さんに代金を支払えないので早くしてください」 と催促。 やっと3日前に完成。 次は 1.私の住所・氏名の変更 2.所有権保存 3.抵当権設定 1と2の書類は超簡単 3は金融機関が作成してくれたものにこちらが捺印して完了。 ホームページでみると、抵当権の設定を債務者にやらせてくれない金融機関もあるとのことです。所有権保存と抵当権設定の間にタイムラグがあるとやばいことになるからでしょうか? やっとここまできた!自分でできるとは思ってもいなかったけれどやってみるとそんなに難しくないじゃん(^^

海外からのお客さま<オランダ編>

オランダからいらっしゃったクウィンターさんと岐阜県から1週間滞在中の福井さん。 クウィンターさんは全く日本語が話せません。私はほとんど英語が話せません。福井さんは私より英語が話せません。母は論外です。 でもでも、何とかなるものですね。母はクウィンターさんにお風呂の入り方を説明したらしいです。 翌日は日曜日。一緒に室戸までドライブ。車中いろんな話をしましたよ。彼女はドクター、3ヶ月の休暇中、自転車で成田から東海地方、四国、九州へ。その間もお給料はちゃんと支払われるそうで、なんとうらやましいのでしょう。 そうそう、今朝「メンタリスト,ダイゴ」の動画を観ていたら、「お金より大事なものはあるのか、あるとしたらそれは何か」というのをやっていたので観てみました。なんだと思いますか? それは「時間」です。ゆっくりと自転車で旅をするような時間なのかな? 最低限のお金があって自分が自由にできる時間が満足にあることが幸福感を高くするという研究結果があるそうです。 ダイゴさん曰く 役所で『書類をもらうための書類を書く』なんてばかばかしい。そんなのスマホで申請して自宅の

弾く阿呆にみる阿呆、同じ阿保なら弾かなきゃ損〃!

あー自分でもセンスないキャッチだなぁと思いながらもついつい使ってしまいました、このフレーズ。 ということで、コンサートやります。できれば、多くの方に演奏者として参加していただきたいと思います。 この度のウクレレ奏者さんは、たまたまお店に弦を買いに来てくださった方です。 「ウクレレの弦は置いてないのですか?」 「ごめんなさい、ギターの弦はちょっとはありますがウクレレの弦は…あーーFacebook友達の中山さんですね」 「そうです。はじめまして」 「リアルでは初めましてですね。ところで今度コンサートやるんですけど、ウクレレ弾いていただけないですか? 「えーーー」 と、こんな感じで決まった出演者です。 「じゃあ、最後まで弾けるよう何か1曲練習しておきます」 と、快諾してくださいました。 中山さん、ありがとうございます。 楽しいコンサートにしたいと思います。 ★5月26日(日)14:00 ★フクシマ Kaiyo ミニホール ★参加・観覧無料 要申し込み ライン、ホームページのチャット、お問い合わせフォーム、電話などでお申込みください。 お待ちしております