今日から始める!妊活の教科書⑤妊娠適齢期。34歳までと35歳からの体の違いとは?

妊娠適齢期は一般的には20ー34歳と言われています。 34歳までの体の状態と35歳からの違いを理解することが実はとっても大切。 35歳からは受精卵となる健康な卵子がいちじるしく減っていくことから、 なかなかタイミングを合わせても妊娠が難しくなってしまいます。 卵子の減少だけでなく、体全体の老化と連動して卵子も老化し、 黄体ホルモンが分泌しづらくなってきます。 もちろん、個人差はありますが、体の機能として老化は避けられません。 自分らしいライフスタイルをおくるのが一番ではありますが、 流産や妊娠中のトラブルをなるべく避けるために早めに体の状態を整えて準備万端でいることをおすすめします。 女性の卵子の減少を数字で見ていきましょう。 ・生まれた時:200万個 ・思春期:20−30万個 そこからさらに毎月1つずつ減っていきます。 卵子の絶対数を増やすことはできませんが、状態を良くすることはライフスタイルを整えることによって可能になります。 実は、老化は女性だけでなく男性にも当てはまることもわかってきています。 男性の場合、40歳頃には質の低下が見られます

今日から始める!妊活の教科書④毎月生理がきていても月経不順かも?

女性の体は月のリズムで動いています。 毎月、生理が来るからといって月経不順ではないとは限りません。 また、妊娠していない状態で生理が3ヶ月以上こない場合は、無月経と言います。 月経周期は25−40日とされていますが、それよりも短い場合や長い場合も月経不順の状態という事になります。きちんとしたライフスタイルをおくり、必要な栄養をとっている場合、ストレスがない状態ですと安定した正常の周期になります。 月経周期が24日以内の短い状態は頻発月経と呼ばれ、逆に41日以上の長い場合は稀発月経と呼ばれます。また、このような場合はうまく排卵ができていない可能性も高くなってきます。 では、何が月経不順の原因となるのでしょう? ・栄養不足 ・ストレスによるホルモンバランスの乱れ ・睡眠不足含めたライフスタイルの乱れ が主な原因だと私たちは考えます。 栄養というと、鉄などだけではなくタンパク質やコレステロールも大切な要因ですので、過度なダイエットは月経周期を狂わせる原因となります。 ストレスはどなたにとっても大敵ですね。 イライラしたり、逆に落ち込むことがあるとホルモ

今日から始める!妊活の教科書②妊娠する可能性はどのくらい?妊娠率について

前回のブログ①にて、受精卵が子宮に落ち着くことが「妊娠」であるとお伝えしました。 では、卵管で精子と卵子が出会ったら、絶対にくっつく(受精する)のでしょうか? 妊娠の確率は、人により差があるものですが、 きちんとタイミングを計った場合は15%の確率で妊娠すると言われています。もちろん、これらの確率は年齢や体の状態によって大きく変動します。 確率を上げるための基本的な条件を確認していきましょう! 女性側 ・排卵してすぐの新鮮な卵であること まず、きちんと排卵が行われていることが大切。そして、排卵した日の方が受精しやすくなり、日が経つにつれて確率が落ちていきます。 →あなたの排卵のタイミングをチェックしましょう!確認する方法は後のブログにてお伝えします。 男性側 ・精子の動くスピードが早く、元気であること 精子が女性の中に入ってから生きている時間は4日ほどと言われています。精子にとって、女性の中の環境は過酷であり、数億もの精子の中から実際に卵管に進めるのはそのうちの何百か。最後に卵子とくっついてゴールができるのは1つのみです。卵子の準備が整ってないと

今日から始める!妊活の教科書①意外と知らない妊娠する方法

「妊娠」や「出産」の基本的な仕組みについては、中学生の頃に保健体育で学んだ方も多いと思います。性行為により妊娠するという流れは理解していても、なぜ?実際に子供ができるのかをまずはおさらいしてみましょう。体のリズムを理解することが、ストレスなく楽しく妊娠するためのはじめの一歩になります。 妊娠するまでの流れ1・2・3 ①女性側では卵巣から卵子が、ぽんっと卵巣の外に出されます(排卵と言います) ②男性側では女性の膣を通って生き延びた精子が、卵管へと移動し、卵子と出会いくっつきます(受精と言います) ③晴れて受精卵となった卵子は細胞分裂をしながら、もう卵管を通り子宮のベッドへ向かいます。子宮の内膜に落ち着くことで(着床と言います)、妊娠は成立し、細胞分裂を繰り返しなが赤ちゃんの体に必要なパーツが作られていきます。 いかがでしょうか?意外と簡単な仕組みですが改めて想像をしてみてください。 ②の受精から、③の妊娠が成立するまでは一週間ほどかかりますので、③の着床があった時に初めて「妊娠」をしたという状態になります。 次回のブログでは、妊娠する可能性はどのく

思春期から更年期に向けて知っておきたい女性の体のこと。

女性の一生は年齢によって、いくつかのステージに分けられます。 そのステージことに心と体には大きな変化を感じることでしょう。 これは、女性ホルモンの影響であり、2つのエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンとプロゲステロンという黄体ホルモンが関係しています。成長するにつれ、体に変化が起きることは変えられない事ですのでいかにポジティブに受け入れて向き合っていくかが大切になってきます。 とにかく体を冷やさないこと事 エストロゲンの分泌が思春期から始まり、子供から女性の体へと変化していきます。 この時期に生理が始まり、ホルモンバランスはもちろん周期の乱れや生理前の不調など様々変化が一度に始まるので戸惑う事も多いでしょう。 この時期は、将来赤ちゃんを作るために必要な土台がどんどん作られていく大切な時期です。無理なダイエットや体を冷やしてしまうと、妊娠しづらい体になったり、症状が重くなるなど将来の自分の体調に大きく影響をしてきます。 思春期の体には、ヘルシーな食事を積極的にとりことと、よく眠ることが生活の中では一番大切なことになってきます。 20代・30代はストレ

取り扱い商品の生マヌカハニーについて

ニュージーランド原生のマヌカの木は、1000年もの間 原住民マオリ族の人々と初期のヨーロッパの入植者たちに薬用目的で使われてきました。 葉を煮出した熱い蒸気は鼻風邪の治療のために吸入され、 樹皮は、うがい薬として、鎮痛剤として、 種子は傷の治療に などなどなど。。 その割に、このマヌカの木の白やピンクの小さな花から採れるはちみつは 長い間全く人気がなく家畜に与えていたという事なんですが この歴史を見ると現在マヌカハニーが重宝されている訳も分かる気がしますね。 ほんのり苦味のある甘さと、独特の風味・香りを持つはちみつです。 ミネラルや薬草成分が豊富で抗菌性がある事が世界的にも注目を集めています。 我が家でもちょっと喉が痛い時、 風邪の季節には、予防のために朝のティースプーン一杯をマヌカ生はちみつにしています。 結晶の様子です。瓶詰めの時にできた小さな泡も一緒に白く結晶しています。 やわらかく固まっているのですが、 スプーンですくうと ドッシリ ネットリとしたマヌカ特有の重みを感じます。 □マヌカハニーの抗菌力のおはなし□ すべての生蜂蜜には、抗菌性

緊急な時に役立つ身近なハーブまとめ

困った!という時に使いたい、応急処置に役立つハーブ いざ、医薬品を使いたいけど近くにない!という時や、 今の世の中のように、医薬品が充実していなかった時は、 ハーブが緊急時の治療や健康に、欠かせない大切なアイテムとして活躍していました。 抗生物質が発明されていない時には、殺菌作用のあるハーブは、大切な薬草でした。 例えば、ハーブに含まれているタンニンは、傷口のタンパク質と結合して止血する作用に加えて、火傷の患部のただれを防ぐ作用があります。この他にも、炎症を抑える成分も含まれているので、傷だけでなく打撲や捻挫した時にも有効と言われています。 以下、ご参考までにご覧ください。 切り傷 セイヨウキンミズヒキ、アルニカ、イブキトラノウ、ゴボウ、フキタンポポ、ヒレハリソウ、ヒソップ、ハゴロモグサ、オレガノ、オオバコ、ローズマリー、セージ、タイムの浸出液で、ガーゼを湿らせ、患部に当てて止血する。その後、エルダー軟膏、キンセンカ軟膏、ラベンダー軟膏を塗る。 火傷 直ぐに、流水で患部を5分間以上冷やした後、ラベンダー軟膏を塗る。アロエの葉肉を患部につける。 ヒ

自分色に染めよう!HOW TO ハーブ染め

Bonjour!今回はハーブ染めについてお伝えしますね。 ハーブが古くから染料としても使われきたのはご存知でしたか? エジプトのミイラが着けていた布やクレオパトラの衣装など古くからハーブ染めは始まり、色の美しさだけでなく、着ることでハーブの薬効を皮膚から吸収できる役割も兼ねていました。 特に学名にチンクトリア(tinctoria)とついているものは伝統的な染料植物として知られています。染料になるハーブは花、葉、根などに色の素になる、フラボン、タンニンなどのフェノール性の成分を豊富に含んでいます。 布を染めるときに、色が鮮明で、着色力が強い上に退色も少ない合成の染料が今では一般的になってきました。ですが、天然素材を使うハーブ染色は、ハーブに含まれる成分により複数で合成染料にない微妙な色合いをかもしだします。 収穫時期や土地、染め方により、それぞれ色合いが微妙に変わって来ます。 ウール、シルク、コットン、リネンが染色する素材としてはおすすめですが、合成繊維は染まりません。 日本でも、藍染め、紅花染めをはじめ、茜、紫草、蘇芳など、古代日本の染料の多くは